読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

メンズファッションの色使いについて その2 ベーシックカラーのすすめ

ファッション

同じ色の服ばかり買ってしまう

何色の服を選べばよいか、という疑問、悩みを持つことはファッションにおいてよくあることですね。

いつも同じ様な色の服ばかり選んでしまうという話もよくあります。
だから、たまには違う色の服を買おうと思っても、高い服だと失敗したらコワいです。アウターで冒険はできません。なのでいつも黒かネイビーあたりを買ってしまう(泣)

 

じゃあせめて、インナーの安いもので明るい色を買おうと、ユニクロに行って赤やパープルのTシャツを買います。しかし実際に着てみても似合ってる気がしません。着慣れていないだけなのかとも思いますが、そんなときに限って黒やグレーなどの地味な色の服を着た人ばかりが目に入ります。何か自分だけがおかしな格好に思える。

 

 

一体どうしたらいいんでしょう。

ベーシックカラー

 まず、覚えてもらいたいのはメンズファッションにおいて、ベーシックカラーとされる色だけで十分だということです。

ベーシックカラーとは、
白、黒、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラウン

が、一般的にベーシックだとされているようです。これに、

カーキ落ち着いたグリーン

も足しておきましょう。


もっと明るい色も欲しいと思いますか? もちろんその気持ちもわかりますが、それは後のアクセントカラーとしてとっておいて、まずはこのベーシックな色だけのコーディネートを作りましょう。

 

 

ベーシックカラーだけで十分というのには理由があります。

オンスタイルの色といえば、黒、ネイビー、チャコール、そして白といったものがあります。つまりオシャレの要素となる色が含まれています。
黒、白、グレーはモノトーンであり、ファッションに限らず、スタイリッシュな印象を与える色です。
そして、アースカラーです。アースカラーとは自然が持つ色合いであり、大地の土を表す茶、砂岩を表すグレーやベージュ、木々の緑、空の青などです。こういった自然の色は他の色と調和しやすく、あまり主張しません。主張しなければ、変に目立つこともなく自然な着こなしを作れるのです。

ベーシックカラーには、このオンスタイル、モノトーン、アースカラーの要素が入っています。これだけの要素があれば、コーディネートを完成させることが出来るというわけです。

 

全身黒でコーディネートしてもいい 

また、全身黒一色のコーディネートも見かけます。どちらかというと、ダサい格好しか出来ないのを隠すためにやってるといったような否定的な見方をされがちですが、全身黒は全然OKです。それをベースに白をちょっとはさんでみるとか、別の色を足してみるといったことで変化をつけていくのがよいでしょう。

 

このとき色を足すのは少しずつです。黒ジャケットで黒スキニーならインナーに白や青のカットソー。黒のスウェットに黒のスラックスならインナーに白シャツといったように。
夏の暑い時期、黒のTシャツに黒のパンツならば、白のタンクトップを着て裾から白を覗かせるのも、黒だけの緊張感をやわらげる効果があります。

また、上の写真のように黒上下スタイルにシューズを赤などの派手な色にするパターンは定番の手法ですね。

 

ワントーンカラー

上下同じ色合いで統一する着方はワントーンカラーと呼ばれるもので、ファッションの一つのスタイルとして存在しています。そしてこのスタイルは、ベーシックカラーならばどの色を使ってもそれなりにまとまります。まあ初めのうちは、黒、グレー、ネイビーといった色から始めるのが無難だと思います。

少し慣れてくれば、下の写真のようにベージュを使った着こなしにも是非挑戦していただきたいですね。 

 

このように、ベーシックカラーを意識した服選びが、色使いの悩みを解決してくれるでしょう。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

カテゴリ