読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

赤・派手・プリント・ボーダー Tシャツの着こなし

ファッション コーディネート・着こなし

夏になるとTシャツ、半袖カットソーが主役となるファッションが増えてきます。このブログでは、以前の記事でTシャツは。無地の白、薄いグレー、ブラックといった色をおススメしました。ベーシックカラーのシンプルなものであれば、着回しも効きますし何よりコーデで失敗することはまずないからです。

 

もちろんそんな無難なものばかりでなく、少しは派手な色のTシャツも着てみたいと思う事もあれば、プリントTシャツなどにも興味があるでしょう。今回はそのようなアイテムの着こなしについて、考えてみましょう。

 

赤いTシャツの着こなし方

赤やオレンジ、グリーンなどの色を使ったTシャツを選ぶ際には、出来れば原色系のものでなく落ち着いた色味のものを選ぶようにしましょう。色があざやかなほど主張が強くなり、主張が強い服は自然な着こなしがしにくくなります。着こなしは自然にさりげなく見せるほどおしゃれな印象を纏います。

 

主張が強くなると「俺、カッコイイだろ」的な雰囲気がどうしてもついて回ります。サングラスをかけるとそんな雰囲気が出ますよね。本当にまぶしくてサングラスを使用している人もいると思いますが、どうしてもカッコつけてる感が拭えないのです。

 

そして、合わせるボトムスは、黒の細身のタイプがおススメです。スキニーかテーパードパンツで、素材はデニムでもチノでも構いません。もしくはスラックスを使うのもいいでしょう。Tシャツが派手な分ボトムスで対照的に引締めて、派手さを抑える役割を持たせます。トップス、ボトムスどちらかが派手なら、どちらかは抑え目に、これが肝要です。

 

ここでジーンズを合わせると、普通のアメカジスタイルになってしまいます。アメカジが悪いわけではありませんが、「着こなしを楽しむ」という意味では避けたいところです。しかし、もし使うのなら細身で濃紺のデニムにして、裾上げもしくはロールアップで裾をすっきりさせましょう。

  

 こちらは、赤のTシャツでもスッキリした感じに見せるための参考例です。ここでのポイントは袖捲くりですね。肩付近まで短くしています。袖を捲くると腕が太く見えてたくましい印象を与えることができるのですが、ここまでギュッと捲くるとTシャツ自体の面積が少なく感じられます。赤の色合いも派手すぎないということもあって、赤の印象が強すぎることなくおさまっています。

デニムも体にフィットしたタイプのようですね。全体的に爽やかにまとまっています。

ここでは靴は映っていませんが、合わせるならば素足に黒のサンダルでしょうか。サンダルを履かないならば、黒の革靴か黒スニーカーにしましょう。スッキリした印象があるとはいえ赤にインディゴと色を使っているので、これを抑えるための黒です。

 

流行のボーダー柄を着るには

今年はボーダー柄も流行っています。何枚かお持ちの人もいることでしょう。ただ、ちょっと流行りすぎてボーダーTシャツだけで歩くと被ることもありそうです。気になる場合はシャツやカーディガンを羽織って変化をつけてみましょう。被りそうになったら急いで前を閉めればいいのです(笑)。

 

 カーデも春夏用ニットのもので暑くても使えるものがあります。日差しが強烈になってきた昨今では、薄手の長袖シャツを着たほうが過ごしやすいという人も増えてきましたね。

 

ボーダーTシャツに長袖シャツというスタイルです。白黒のボーダーでもやはり黒スキニーがよく合います。羽織るシャツは濃い色でもよいですが、大事な事は無地であること、そしてベーシックカラーのものにすることです。ここで赤とか青といった色のシャツだと、一気にしまりがなくなってしまいます。

 

この写真、となりのNIRVANAのTシャツの人も黒スキニーに白カーデというモノトーンコーデです。スケーターのファッションというと、派手なストリートスタイルというイメージも根強いですが、海外ではこのようにシンプルにまとめたコーデもよく見られます。

 

プリントTシャツの選び方

柄物のTシャツを買いたいけど何をえらべばいいか迷うといった場合には、モノトーンの単色柄を選べば失敗が少ないでしょう。色が多いとどこか気にいらないところが出てきたり、派手すぎたということになりやすいです。

 

 この写真のようなものならば、そのようなことをあまり気にせず使えますし、シンプルなコーデも作ることが可能です。黒地に白か、白地に黒が基本ですが、写真のようなものだと、ブランドによって黒といったりチャコールといったりしますね。チャコールでも問題ありませんし、チャコール気味のものの方が黒スキニーと合わせた時に濃淡がついて、スタイルを作りやすいという気もします。

 

バンドTシャツもまだまだ人気

最後に、バンドTシャツの人気も強いですね。古着でもたくさん出回っています。上のNIRVANAのように白黒のデザインに落とし込んでいるものもありますが、大抵はイメージ通りの派手なものが多いです。この場合も着こなし方の基本は同じです。黒の細身のボトムスをメインに考えましょう。

 

 ハイ、大御所バンドKISSのTシャツですね。以前はこんなの着るのはマニアだけでしたが、今では大人の女性も普通に着るようになりました。しかも違和感ないのが凄いです。

 

Tシャツはオーバーサイズ気味で、インディゴのスキニーに合わせたスタイル。黒ではありませんが、濃い色のスキニーなのでこれでもよいでしょう。

そして、上は黒のジャケットを羽織っています。こういう派手な柄のTシャツを着るときには、上に何か羽織って柄を覗かせる着方がかっこよく決まりますね。

 

スケーターの写真と違ってこちらは黒を羽織っています。派手派手しいプリントのアイテムをそのまま着ると、単に派手なTシャツだな、というだけです。これを、黒で包むことにより、その間から見えるプリントが良い効果を発揮するのです。

夏場は黒か紺のシャツを使ってみるのも面白いでしょう。

 

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ