カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

太っていてもタイトな服を着たい

ファッションに興味を持つと、それと同時に気になるのが体型です。
最近はビッグシルエットというサイズ感がたくさん見られるのでそうでもないですが、服好きな人が好むブランドは細めに作られたアイテムが多いです。また「今年のサイズ感にあった緩めの服です」といって展開されているアイテムであっても、そのブランドに比して緩いのであって、一般的なサイズ感からしたらやっぱり細めということも多々ありますね。

 

 

 

スマートな体型の人ならばいいのですが、少しぽっちゃり気味だとか最近太ってきたとか、まあいろんな理由でタイトな服を買うのを躊躇するといった声も聞きます。しかし躊躇しながらもやっぱり欲しい、着こなしたい、という欲求は消えることなく残るものです。服好きならば誰でもそうでしょう。

 
太っていてタイトめな服を着ることが、ダサいということはありません。あまりにもパツパツならば別ですが、それはまた話が違います。

体型を隠そうとする着こなしは、却って太っているのを強調してしまうことがあります。太って見えるような服装を選んでしまうのですね。

 

太目であっても、身体に合ったジャストなサイジングの着こなしであれば、すっきりした感覚で見られます。逆に太っているからと少し緩めのサイズを選ぶと、途端にモッサリとしてしまいます。

 

例えば、
細めの人がジャストな服装でシュッとした着こなしをするのと、
太った人がジャストサイズできちんとした着こなしをするのとで、
着ている本人に対する「清潔感」のような印象の度合いは変わりません。
体型の細い太いはありますが、同じ「きちんとした服装」なのです。

 

堂々と服を着こなすという姿勢が、その人の印象を作ります。
また、少しきついなと感じるぐらいならば、細めの服を着る意識を持つ方が、痩せる方向に身体が向いてくるそうです。
心理的なところで、細い服を着こなすイメージが自然と強くなってくるのでしょうか。

 

もちろん出来る事ならば、ダイエットがうまくいくなどして痩せてくればいいのでしょうが、とにかく現状をしっかり見つめながらも、その中で自分の望む着こなしに近づける服装を選ぶこと、これを大切にしてほしいと思います。
こんな服しか着れないじゃなく、着て楽しいと思える服を着てください。

ファッションを楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ