読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

復刻も近いということで NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス を使ったコーディネート

ファッション コーディネート・着こなし


今週は、NIKE AIR MAX 95 OG 完全復刻の話題で盛り上がってますね。

 

その盛り上がりに合わせて、スニーカーを使った着こなしをみていきましょう。


NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 中心にとりあげますが、あくまで、このカラブロ2ならではの視点で選んだコーデや解説ですので、それを取り入れるも取り入れないもみなさんの自由ということでお願いします。

 

ストリートとスポーツミックス

 

 いきなりレディースですね。メンズファッションがメインの当ブログではありますが、着こなしについて語るのに適当な写真がメンズではなかなか見つからないことが多々あるのです。というわけで、色使いや合わせ方について参考になる部分を見ていきたいと思います。

 

カジュアルなプリントで袖にはワッペンといった、ストリート感が強いアワードジャケットに、ビビッドなカラフルパンツというコーデです。でありながら、スッキリまとまった印象も受けますし、カラフル過ぎると言っていいパンツも、その派手さ加減が程よく抑えられたイメージがありますね。

 
このコーデのポイントの一つが、ストリート感あるジャケットとレギンスという、ストリートファッションとスポーツアイテムのミックスです。異なるジャンルの組み合わせが、意外性を生み、互いのアイテムを引き立てることになります。

 

まず濃紺ボディに黒の袖というジャケットの配色とグレーベースのスニーカーにより、モノトーンベースを作っています。ジャケットの濃紺もほぼ黒に近い色合いになので、モノトーンと同様の効果が出せるのです。

柄が白の単色であることも重要です。ここに色が入ると写真のようなボトムスと合わせづらくなります。


そして派手なレギンスはしっかり細いスキニーと同様の見え方です。色が派手であってもシルエットがギュッと細いために、引き締まった見え方になり、単に派手なパンツといったイメージに陥りません。

 

これに黒の帽子を使う事で、頭から足元までモノトーンベースの中に、明るい色を取り入れたような見え方になるのです。

ボトムスに柄ものや明るめの色を使うときの参考にしてみたらよいと思います。

 

パンツを黒やデニムのものにしても、もちろん使えるコーデなのですが、ここで派手なパンツを使う効果として、ダークな色と派手な色の対比により、ストリートとスポーティなアイテムのミックス効果をより高めています。そのため着こなしにシャープさが感じられ、ナイキのスニーカーもかっこよく引き立てられるというわけです。

 

流行のシルエットの使い方にも注目

 

こちらもストリートファッションではおなじみOBEYのビッグシルエットのTシャツを使ったコーデです。単にジーパンにTシャツにスニーカーという普段着カジュアルそのままの組み合わせではありますが、どこかありふれたスタイルとは違う趣がありますね。

 

まずTシャツは流行りのビッグシルエットよりもまだ大きめのサイズ感です。それでも何故かダブついた風にも見えません。これは袖を捲くっている効果ですね。このTシャツの袖はかなり太目のようなので、これをそのまま着ると、途端にスタイルが崩れてしまうでしょう。

 

しかしかなり大きめサイズのTシャツで袖を捲くることにより、普通のTシャツの袖捲くりでは出せない雰囲気になっています。もし家にサイズが合わないアイテムがあったら、これを参考にしてみると使えるようになるかもしれませんね。

 

デニムはスリムっぽい感じのもので、ロールアップしてこちらもすっきりさせています。これに派手目な色合いのAIR MAX(エアマックス)を使用しています。

 

このコーデは、派手な色のスニーカーに合わせるお手本的なものとなっていますね。Tシャツのデザインは、OBEYのロゴの赤は入っているものの、全体としては極シンプルなもの。デニムも黒っぽいもので、ほぼモノトーンベースです。このためAIR MAX(エアマックス)のカラーもよいアクセントになり、こちらのコーデもスニーカーが引き立つというわけです。

 

このコーデも帽子をかぶってますね。

後頭部に載せるような被り方なので前髪の部分も見えています。つまり帽子をかぶっていないときと同じような見え方になるので、自然に感じさせる被り方です。

 

よく見るとカモ柄のキャップみたいですが、これを普通に被ると印象が変わり、着こなしのバランスが崩れるかもしれません。

せっかくのTシャツの工夫を活かしたコーデを保つためにも、写真のような被り方がよいということです。

 

NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95 を使ったコーデ

 

 

グレーのグラデーションということで、同じグレーのボトムスを使うコーデが NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95 の着こなしにはよく見られますが、グレーのスウェットにもしっかり合いますね。

 

NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95を上手くつかうには、このスウェットコーデかスキニーがおすすめです。普通のデニムや中途半端な細さのボトムスの場合、NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95 のボリューム感のために、なんとも垢抜けない印象となってしまうのです。単にロールアップして合わせるだけだと、いまいちパッとしないものが多いです。

 

この写真では裾が絞られたスウェットなのでNIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95に実によく馴染んでいます。そしてこのシューズの持つカッコよさが自然に引き出されているように感じます。

 

このような下半身のまとまりと、ネイビーのシャツにジャストなサイジングのGジャンというトップスで、スポーツときれいめのミックススタイルの出来上がりです。

 

NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95でなくても、グレーのスニーカーを持っているならば、このようにスウェットとの合わせを試してみてもよいでしょう。

スウェットパンツを街着使いしたいと思うときにも、グレーのスニーカーとのコーデはよく見られる手法です。

 

ここで使われている帽子ですが、写真で見る限りそれほど主張するものでもないようなので、このスタイルで問題ないでしょう。帽子がなくてもコーディネートとしては大丈夫ですが。

 


 3つのコーデをとりあげてみました。

 

NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95 は、そのルックスから色を使ったカジュアルアイテムや、単なるストリートスタイルに合わせてしまいやすいアイテムです。もちろんその履き方でもいいのですが、特にかっこいいとかオシャレと言った印象にはならず、「ああ、エアマックス履いてるな」ぐらいにしか見えないものです。

 

もし、エアマックスをかっこよく見せたいと思ったら、今回取り上げたような着こなしを参考にしてみるとよいと思います。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

カテゴリ