カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015年のファッション 秋冬の流行色について Marsala(マルサラ)と深い青

そろそろ夏のセールも一段落した感がありますね。世の中これからが夏本番というところですが、ブランドによっては早くも秋冬物の入荷がスタートしています。NIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス) 95で大賑わいになるであろう今度の7月25日にも、各ブランドから2015年秋冬シーズンのファーストデリバリーが始まりますね。

 

さて、そんな2015年の秋冬の流行色についてですが、PANTONE社のカラーリポート最新版によると、メンズとレディース共通の色として10色が選定されています。

 

そういえば、2015年の秋冬ファッションシーンでは、ジェンダーレスという言葉がよく登場しています。レディースファッションのマニッシュ化とともに、メンズのレディース化?ともいえるようなスタイルが増えているとかで、これが一般にどのくらい浸透してくるのかは注目ですね。

 
また、男性でも女性でも着れるアイテムというのも今後増えてくるのかもしれません。ブランドにとっても、同じアイテムでサイズ展開の幅さえ広げれば両方賄えることから、大幅なコストカットが見込めるというメリットもあるかも。まあだからといって、無理に流行らそうとすれば多分コケるでしょうが。

 

とにかくメンズとレディースのファッションが似たようなものになろうかというトレンドに呼応するかのように、秋冬の流行色も共通したものとなっています。

 

 

こちらが2015年秋冬の流行色に選定された10色です。

 

2015年秋冬の10色の中でMarsala(マルサラ)は、春夏につづいて選定されています。2015年の色となっているMarsala(マルサラ)なので当然の選定となるのですが、メンズファッションにおいては、春夏はあまり見かけなかった色ですね。どちらかというと秋冬らしいイメージがあるので今後目にする機会も増えるかもしれません。

 

ところでこのMarsala(マルサラ)ですがみなさんはどのようなイメージを持っているでしょうか。

 あずき色などと表現されるMarsala(マルサラ)ですが、ワインレッドやパープルっぽく映るものもありますね。地味とも派手ともつかない存在です。アイテムや素材によって色の見え方なども微妙に変わってきそうです

  

 Marsala(マルサラ)をメンズに取り入れた例ですね。小物に取り入れるぐらいならいけそうですが、なんにしても合わせるのは簡単ではなそさうですね。

今年人気の青については、この秋冬ではBiscay Bay(ビスケーベイ)という緑がかったブルーに引き継がれていますね。Reflecting Pond(リフレクティングポンド)もブルー系といったところで、より深みのある青といった感じがします。


これらと合わせて、Stormy Weather(ストーミーウェザー)、Desert Sage(デザートセージ)、Dried Herb(ドライドハーブ)といった色で、ベーシックカラーを構成するといったところでしょうか。


ミリタリーファッションがこの秋冬に来るという声も聞きます。実際モッズコートやフライトジャケットの展開、またM-65が久しぶりに目だってきそうな気配も感じます。そういったアイテムに、Desert Sage(デザートセージ)、Dried Herb(ドライドハーブ)のカラーも見られそうですね。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

カテゴリ