読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015秋冬ファッション先取り MA-1の着こなし


2015年秋冬の注目アウターの一つがMA-1です。昨年辺りから人気ぶりが目立っていましたが、それがこの秋冬になっても継続しています。加えて2015年はミリタリーのトレンドが強まっていることから、当分の間はこのMA-1の人気は衰えることなく続いていきそうです。

 

 

MA-1の魅力とは何かと考えると、そのシンプルさではないかと思われます。余計なものを削ぎ落としたデザインであるためにコンパクトでスッキリとした印象が感じられ、こういったタイプの服も一着持っておいたら便利そうだな、と思わせられるのですね。

 

そして単にシンプルな服ということでなく、パイロットが狭いコックピット内で動きやすいように考えられたという、意味のあるデザインであるというのがポイントです。服に限らずそのような意味やストーリーのあるものには、人を惹きつける何かがあります。

 

さて、MA-1についてざっと紹介すると、アメリカ空軍のフライトジャケットであり、防寒性に優れて、裏地がオレンジ、そして余計なデザインがない、というジャケットです。また、左袖にシガーポケット、襟・袖・裾のリブも特徴です。
この原型に忠実なのがアルファ社の製品ですが、ミリタリーらしくボリューム感があるので、これをオシャレに着こなそうとするのは結構難しいものです。

 

それに対して、セレクトショップや各ファッションブランドから出ているMA-1は、ファッションとして使えるようにシルエットなどを変更したり、ブランド独自の個性を出したりしています。また、春や秋用として中綿のない薄手のタイプもあったりします。

 


特に原型にこだわるようなことでなければ、このような外観だけMA-1の形状をしたアイテムを選ぶ方が着こなしやすいといえますね。要はMA-1に見えて、ミリタリーのテイストも含んでいれば、今のトレンドに合った着こなしが出来るという事です。

また、先述のアルファ社とショップのコラボアイテムといったものも、よくリリースされています。原型に近いテイストが入った服がよければ、こういったものを探してみるとよいでしょう。


MA-1の着こなしについては、多くのサイトで推奨しているように、細身のパンツと合わせるのが定番的な着こなしでしょう。ボリューム感のあるアウターにはスキニーやテーパードパンツを持ってくるのが、シルエットをまとめるためのポイントとなります。

 

細ければインディゴデニムでもいいですが、おススメはやはり黒のスキニーかテーパードですね。MA-1はミリタリーであると同時に、長い間アメカジの定番として存在し続けています。これにデニムを合わせると上下アメカジ要素が強くなり、結果垢抜けない印象になりがちです。黒のパンツであればカジュアルっぽさが大分薄れるので、MA-1とは異なるジャンル同士の組み合わせに見えてきます。

 

また、スラックスを使うのも良いと思います。スーツスタイルとアメカジど真ん中の組み合わせ。そのギャップが洗練された着こなしをつくるのです。


それではMA-1を使ったコーデをいくつか見ていきましょう。


MA-1の着こなし その1

 


ALPHA × SHIPS GENERAL SUPPLY コラボアイテムのMA-1を使ったコーデですね。正当なディテールを残しながらサイズをシャープにしたもので、もともとのMA-1の特質であるボリュームは感じません。

このようなタイプですと、ボトムスは細身にこだわらなくてもよくなり、ある程度選択の幅が増えます。こちらのように余裕のある太さのスラックスを穿いても、モサッとした見え方になりませんね。

 

このコーデは、スラックスと革靴を使い、さらにタイドアップしていることから、ミリタリーとドレススタイルのミックススタイルとなっています。アメカジ、ミリタリー物の着こなしのパターンとして、このようにスーツスタイルに用いるアイテムで合わせる手法はよく使われます。ただ、このようなスタイルを真似するときには、この写真のようなネクタイまではしなくて良いでしょう。スラックスと革靴とシャツだけで十分です。

 

MA-1の着こなし その2

 


MA-1だけでなくMA-1みたいなブルゾンといったものの手本に出来る着こなしです。MA-1とはいえないけど、写真みたいなブルゾンとかジャンパーをお持ちの場合に取り入れていただきたいものです。

 

この写真を見て最初何を思うでしょうか。これのどこがおしゃれなんだ?と思う人も多いのではないでしょうか。スッキリとした印象などかけらもないダウンのようなブルゾンに、パーカにジーンズ、スニーカーです。アイテムだけ見れば、アメカジだけの格好ですね。

しかし、その割には野暮ったくは見えないと思いませんか。何となくまとまりも感じられないでしょうか。

 

まずは下半分を見ましょう。デニムをロールアップして、黒のスニーカーです。このスニーカー、アディダスのチューブラーですが、ちょっと未来的なルックスとモノトーンの効果のために、他のスニーカーとは異なる印象をコーディネート全体に与えています。それは洗練されたような印象でもあり、シャープな印象であったりします。

そしてデニムはロールアップしているので、スニーカー上でクッションをつくることなく、それがスニーカーの効果を邪魔していません。

つまり、下の部分についてはある意味コーディネートが整っているといえる状態です。

 

そして、上半分ですが、これはまあ普通にパーカーを着てブルゾン着てるだけみたいなものです。ただ、ブルゾンの薄いブルーとデニムのインディゴで同じ青系統となっているので、ブクッとしたブルゾンでありながら、特に悪目立ちしないで済んでます。中に着たパーカーもグレーなので変に主張する事なく、薄いブルーと馴染んでいます。
これがカーキのブルゾンなら、こんな感じの見え方におさめることは難しいでしょう。

 

この写真で言いたいことは、とくにシルエットが細くないブルゾンであっても、ボトムスやインナー全体で同じような色や、馴染みやすい色使いにしてやると、なんとなく落ち着いて見えるものだということです。

そして、アディダスチューブラーというスニーカーの形状とモノトーンカラーが、このコーデを足元から引き締めたものとしていることであり、それを妨げないようにデニムをロールアップするという処置もきちんととられている点がポイントになっています。

 

意識してこうしたコーデをとるのは難しいかもしれませんが、ドレスライクな雰囲気にも見えるスニーカーを持っていればこのようにコーディネートを助ける可能性がある、という良い参考例となっています。

 

MA-1の着こなし その3

 


MA-1をシンプルにさらっと着こなす極致、といえば大げさ過ぎますが、それぐらいシンプルでそして取り入れてみたいコーデです。MA-1もインナーもボトムスも皆ネイビー。パンツはテーパードしているのできれいにまとまっていますね。

 

MA-1に合わせるのは細身のパンツが定番ではありますが、このパンツの場合、腰や太もも周りはかなりゆったり目になっています。しかし、そこから裾にかけて一気に細くなっています。このように裾に向かってギュッと細くなっているパンツでも、スキニーなどと同様の細身のパンツとしての効果を発揮します。

 

ネイビーのワントーンは、黒でまとめたワントーンとはまた異なる落ち着いたコーデを構成します。そして合わせるアイテムは、ネイビーのスラックスと艶のあるカットソーという、こちらもミリタリーとドレスアイテムのミックスとなっていますね。

 

ダークなネイビーのワントーンなので、色的にもスーツスタイルの要素が入りますが、そこに白のスニーカーを用いる事で、ジャケットパンツセットアップにスニーカーで外すコーディネートと同様の効果が出ています。

 

つまりこのコーデは、MA-1を使いながらもセットアップのようなまとまりを作り上げて、そのまとまりをスニーカーで外すという着こなしになっています。ラフなイメージのあるMA-1が、このように統一感のあるスタイルの一部となっていることの意外性が、見る人におしゃれな印象を感じさせるのです。
このスタイル、ネイビーのMA-1をお持ちの方には是非とも挑戦していただきたいものです。

 


 今回取り上げたコーデには、何れもカーキのMA-1は出てきませんでした。もちろんカーキのMA-1も良いのですが、ファッションとして着るには中々難しい部分があります。街着として活用するならば、黒やネイビー辺りを選ぶのが使いやすくてよいでしょう。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

 

カテゴリ