読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

ますます注目 NIKE AIR JORDAN(ナイキ エアジョーダン)を使ったスニーカーコーディネート

ファッション コーディネート・着こなし

この2015年のスニーカーの流行りっぷりはハンパじゃありませんね。とにかく別注別注また別注と、買わずにはおれないモデルが息つく間もなく登場する、その隙間を縫うようにして限定カラーなるものも多数発売され、そこにNIKE AIR MAX(ナイキ エア マックス)の復刻が絡むという凄まじい状況が今も継続中です。


そしてさらに、この秋冬にはSUPREME(シュプリーム)とJORDAN(ジョーダン)ブランドのコラボスニーカーも登場するという噂が出てきています。AIR JORDAN(エアジョーダン)は、AIR MAX(エアマックス)と並ぶNIKEの看板スニーカーブランドであり、熱心なコレクターも存在していて、これまで数々の注目作がリリースされてきました。一方SUPREME(シュプリーム)はスケートボードのブランドから今ではファッションブランドとしてあまりにも有名な存在となり、数々の有名ブランドがSUPREME(シュプリーム)とコラボしたアイテムを発売しています。


今回その2つがコラボするということで、AIR JORDAN(エアジョーダン)の注目度も急上昇すると予想されます。また、これを機にAIR JORDAN(エアジョーダン)に興味を持つという人もいるかもしれません。ということで、AIR JORDAN(エアジョーダン)を使った着こなしについて考えてみましょう。

 

AIR JORDAN(エアジョーダン)コーデ その1

 

 

まずはお馴染み定番のコーデといったところでしょうか。スタジャンと濃いネイビーのパンツに赤黒のJORDAN(ジョーダン)の組み合わせです。

 
まず着こなしの基本として、JORDAN(ジョーダン)のようなボリュームのあるスニーカーには、細身のシルエットのパンツが合いやすいのです。ここにストレートジーンズを持ってくると、モッサリした風に見えがちです。

 

この写真のパンツは一見すると細くないじゃないかと思うでしょう。しかし裾iにかけて細くなっているように見えます。いわゆるテーパードに近いシルエットのパンツです。このように腰や腿あたりはワイドなイメージであっても、裾の方が細くなっていればそれでスッキリ見えるということです。それはつまり、スキニーなどの細いパンツと同様の効果があるといえます。


スキニーのような細すぎるのは好みじゃないという場合は、こういったテーパードしたパンツを使うのも手です。

 

そしてパンツの裾を折り返していますが、元々クロップド丈のものかもしれません。とにかくこれで、スニーカーの上でクッションが出ないようになっています。クッションが出ているのと出ていないのとでは、見え方が異なります。出ないほうがよりきれいな見え方になります。

 

スタジャンはタイト目なので、テーパードパンツとの組み合わせにより全体にコンパクトな印象です。色も上下ともにダークなネイビーで統一感を出しています。このように、上下を同系統のダークな色にして、細身でまとめたスタイルは、スーツスタイルにも共通する要素です。
そして実際にスーツのセットアップにJORDAN(ジョーダン)を外しとして合わせるやり方は、オシャレな合わせ方としてよく見られるものです。

 

なので、この写真のコーデも、セットアップに合わせたときの印象に似た効果を見せています。全体にダークな色の中、JORDAN(ジョーダン)の赤がうまくアクセント効果を見せています。

 

このコーデ、使っているアイテムは、スタジャンにスラックス調のパンツで中にシャツを着ています。アメカジとスーツスタイルのミックスがとれています。ここにジーンズを穿くと、とたんにアメカジオンリーな格好になり、どこか垢抜けなくなるものです。

 

こちらの着こなしのまとめ

  • 上下ダークな色で統一
  • スタジャンとスラックスでミックス
  • 裾が絞られたパンツなので、細いシルエットと同様の効果がある
  • ダークな色とコンパクトシルエットに、JORDAN(ジョーダン)で外しの効果
  • スニーカーの上でパンツのクッションを作らないのも、きれいな着こなしの効果あり
  • スタジャンの裾から少し見えるシャツで、抜け感あり

 

 

AIR JORDAN(エアジョーダン)コーデ その2

 

古着を使ったコーデということで、こういったスタイルも変化があって好きです。
その1と同じくスタジャンになってしまいましたが、こちらボトムスは黒のデニムを使いロールアップしています。特に細いジーンズでもないのですが、ロールアップすると裾の部分が細くなっているように見えますね。

 

パンツというのは、元がワイドなものであっても、ロールアップすると裾に向かって絞られたようなシルエットになり、そのためにスッキリとした見え方になってくれます。つまり、太めなパンツでも、細いパンツを使うのと似たような効果を出せるということです。
そしてまた、その1と同様にJORDAN(ジョーダン)にジーンズが被ることなくクッションが出ていないのもポイントです。

 

スタジャンは紫にオレンジが入っていますが、古着らしく色合いに落ち着きが見られるものであり、決してド派手な印象になっていません。またシルエットもダボついたものでなくシュッとした雰囲気ですね。
中に着ているのはオーバーサイズのスウェットでしょうか。スタジャンとのバランスもいい感じですし、個性あるコーデ作りに役立っています。

 

このコーデは色数は多いですが、古着を使ったこなれた感じがよく出ています。色の抜けた部分や、ゆるい部分を持ちながら、全体をスッキリまとめていて、よく言われる「程よく力が抜けた」着こなしとなっているのです。
こういった古着スタイルに白のJORDAN(ジョーダン)がさり気なく溶け込んでいるようですね。

 

こちらの着こなしのまとめ

  • 古着の持つ力が抜けた雰囲気が、こなれた着こなしに見せている
  • 本来派手な色使いであるはずの服も、主張しすぎないのが古着の合わせやすさ
  • パンツをロールアップすると、裾に向かって細くなっているように見える。
  • インナーにオーバーサイズを持ってくるのは、今風のアイテム選び
  • 白のJORDAN(ジョーダン)の合わせ方として、このようなユルめのスタイルで使ってみるのもアリ

 

AIR JORDAN(エアジョーダン)コーデ その3

 

3つ目はストレートなスタイルをご紹介しましょう。
ハードなライダースに、黒スキニーに白黒NIKE AIR JORDAN 4 RETRO。

 

JORDAN(ジョーダン)のようなボリュームのあるスニーカーには細身のパンツを合わせるのがベストと先に書きましたが、その通り黒のスキニーでの着こなしです。やはりこの合わせはかっこ良く決まりますね。


そしてここでもロールアップして、足元でパンツがクシャッとたまることのないようにしています。足首を見せているのは、全身黒でハードなライダース使用に対する抜け感を意識したものでしょうか。少し軽やかさが出せていますね。

 

この着こなしの場合、中に白シャツを入れてみても面白いでしょうね。ライダースに白シャツの合わせも、オシャレな着こなしとしてよく使われます。もちろんこの写真のように、黒でまとめても全く問題ありません。

 

こちらの着こなしのまとめ

  • ボリュームのあるAIR JORDAN(エアジョーダン)には、黒スキニーがよく合う
  • 全身ハードなスタイルなので、足首見せて軽やかさを加える
  • 中に白シャツを着ると、よりオシャレっぽく見せることが出来る

 


いかがでしたでしょうか、今回は NIKE AIR JORDAN(ナイキ エアジョーダン)を使ったコーディネートについて取り上げてみました。まだまだ勢いは続くだろうスニーカーブームです。みなさんそれぞれのスタイルで着こなしを楽しんでいただきたいと思っています。それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

カテゴリ