カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015秋冬ファッション 流行のマウンテンパーカの着こなし

そろそろ秋冬シーズンの新作が店頭に入荷し始めていますね。連日猛暑日が続いている最中であり、長袖やアウターのことなんて考える気にもならなかったりしますが、人気商品は動きが早いです。欲しいものがあるときは、チェックを怠らないようにしたいですね。

 

秋冬モノの中で、マウンテンパーカも人気のあるジャンルになってますね。アイテムの中でも気軽に着れそうなところがあるので、取っ付き易いものだと思います。今回はマウンテンパーカを取り上げてみましょう。

 

 

マウンテンパーカを街着に

マウンテンパーカとは、登山などアウトドア活動での使用を目的としたフード付きアウターのこと。防風性と防水性を備えた生地、フードとウエストにドローコード、ポケットや袖口にマジックテープといったディテールが一般的で、その原型はSIERRA DESIGNS(シェラデザインズ)のパーカとされています。

登山用品とかアウトドアブランドからは、たくさんのマウンテンパーカが販売されていて、素材なども高機能なものがどんどん開発されています。

 

そんなマウンテンパーカが街着に取り入れられたのは、山で快適なら街でも快適だろうという感覚からで、「タウンユース」という言い方で一般に急速に広まりました。アウトドアスタイルという言葉が雑誌などで使われるようになると、アウトドアブランドもブラックなど従来にはないカラーで製品を作り、やがてマウンテンパーカを「オシャレ」に着ようという意識が生まれます。

 

今では、ストリートブランドやファッションブランドも「マウンテンパーカ」と称する製品をリリースするようになっていますが、そういったブランドの「マウンテンパーカ」は本来のマウンテンパーカと違いアウトドアで使うことを想定していません。
買う側もそういった部分で戸惑いがあるのか「○○(ブランド名)のマウンテンパーカでハイキング行ってもいいですか?」みたいな質問も目立つようになってきました。


ということで、一口にマウンテンパーカといっても、本来の用途にも使えるようなものと、オシャレ着としてマウンテンパーカの形にしたものと、それぞれ異なるものだと言えますね。

 

アウトドアブランドのマウンテンパーカ

まずは王道といえるアウトドアブランドのものからみていくことにしましょう。街着で使われるものでは、ノースフェイス、パタゴニア、アークテリクスといったところがメジャーだといえます。ノースフェイスやパタゴニアは長く街着としても親しまれているブランドなので、特に流行するアイテムがあったりしますね。

 

アウトドアブランドのマウンテンパーカ

 

こういったアウトドアブランドのマウンテンパーカには何種類ものカラーが用意されているのが普通です。原色で目立ちやすい赤、青、黄色といった色や、切り替えがあって濃淡のパターンがあるものなども多いです。しかし、ファッションとして使うならば黒、もし黒がなければダークネイビーかグレーといった色を選びましょう。出来れば、濃淡もなく一つの色で統一されたものがいいです。


サイズ選びについては、マウンテンパーカはゆったり目に作っているのが普通なので、少し小さめのサイズの方がスッキリ見える場合もあります。試着してみてジャストに着れるものを選びましょう。

 

これに合わせるボトムスは黒スキニーか黒テーパードといった細身のものを使いましょう。インディゴのスキニーでも悪いことはないのですが、山用に作られたマウンテンパーカは元々ファッションというものさしを当てはめるようなものではありません。そういったオシャレとは無縁なものをなんとかオシャレに引き寄せようというのですから、ここはスーツスタイルに近い黒のパンツにした方がいいといえます。特に黒スキニーは、トップスにどのようなものを持ってきてもそれなりの格好に見せてくれる便利なアイテムです。

 

 

 このような黒のマウンテンパーカが使いやすい

 

このように、アウトドアブランドのマウンテンパーカを街着として使う場合は、

  • 黒もしくはダークカラーの単色
  • ジャストサイズ
  • 黒の細いパンツ

を目安にするのがよいです。

 

 

SIERRA DESIGNS (シェラデザインズ)のマウンテンパーカ

タウンユースの代表的なスタイル

 さて、ここでマウンテンパーカと言えば取り上げておきたいブランドがあります。SIERRA DESIGNS(シェラデザインズ)ですね。

 

マウンテンパーカを街着に使うといったときに、必ずといっていいほど名前が出ます。本格的なアウトドアショップではさすがに扱っていませんが、アウトドアテイストのショップやアメカジショップなどでは大抵扱いがあるブランドであり、定番中の定番といえるのがこのSIERRA DESIGNS(シェラデザインズ)のマウンテンパーカなのです。

 

元々はアウトドアで使われていたのですが、今ではすっかりオシャレ着としての存在となりました。が、物自体はスタンダードなマウンテンパーカなので、ファッションブランドの中に入れることも出来ず、どっちつかずの存在となっています。しかし、根強いファンは多く、今後も親しまれていくアイテムだと思います。

 

このSIERRA DESIGNS(シェラデザインズ)のマウンテンパーカを選ぶときには、ワンサイズ小さいものを選ぶのが、シルエット的におすすめですね。

 

 ファッションブランドのマウンテンパーカ

 次に、ファッションブランドからリリースされているマウンテンパーカですが、これはアウトドアブランドのものとは考え方が変わります。まず、元々オシャレ着として制作されていて、ブランドの特徴を出しているものなので、それに応じた着こなしを考えるのが適切です。グッと細身に作られたのもありますし、独自の素材を採用していたりします。一般的なマウンテンパーカのイメージとは異なるものだと思っておくのがよいです。

 

色についても黒やダークカラーだけでなく、ベージュやブルーなどのカラーも展開されているなら、好みに応じてそちらを選ぶのもよいでしょう。サイズについてもジャストにこだわることはなく、少し余裕のあるものを選んでも大丈夫だとおもいます。何故ならオシャレ着としてのアイテムなのでシルエットもそのように考えられていることから、色やサイズで引き締めることを考えなくてよいのです。

 

オシャレを前提につくられているマウンテンパーカ

 

そして合わせるボトムスについても同様な考え方です。黒の細身にこだわる必要はありません。タイトなマウンテンパーカなら、少しワイドなパンツを試してみるのもいいでしょう。また、ベージュのボトムスや、インディゴのスキニーなども使えます。もちろん黒の細身のパンツならば万全です。ファッション初心者の方の場合は、まず黒スキニーで固めてしまうのもよいですね。

 

マウンテンパーカの着こなし

マウンテンパーカのコーデの写真というのは、なかなかいいのが見つからないですね。やはり元々が山で使う登山着といったものなので、見るからにオシャレといったものにはなりません。

 

たまに、オシャレだなんだとマウンテンパーカを着た写真を並べてるサイトもありますが、平凡な写真に無理やりコメントをつけているので意味が通じないものに陥りがちです。

 

そんな中から何とか参考になりそうなものを見つけてきました。まずはこちら。

 

マウンテンパーカ その1 

 

基本的にアウトドアブランドのマウンテンパーカにシルエットの良さは期待できないものです。この写真もサイズは調度よいものを選んでるように見えますが、何やらモッサリした印象が拭えません。裾の部分もだらしなく広がっているようで、マウンテンパーカの場合は仕方のない部分です。

 

ただ、それでもマウンテンパーカ着用スナップの中に混ざると、この写真はパッと目につくものとなります。その理由は、黒スキニーです。上でも書きましたが、黒スキニーは少々トップスが野暮ったくてもそれをカバーするだけの「力」を持っています。下半身が引き締められた印象を作ると、それが全体のコーデも引き締める効果となるのです。

 

また上で書いたアウトドアブランドのマウンテンパーカを選ぶ目安の通り、色も濃い目のネイビーというのも、このコーデが無難なものに収まる助けとなっています。

 

着こなしまとめ

  • 黒スキニーを使えば、トップスの欠点を助けてくれる
  • アウトドアブランドのものは、黒かダークカラーを使い、ジャストサイズ以下で

  

マウンテンパーカ その2

 

続いてのマウンテンパーカはファッションブランドのものになります。ご存知Lounge Lizard(ラウンジリザード)の製品ですね。 Lounge Lizard(ラウンジリザード)といえばいつも変わらずタイトなシルエットが自慢です。こちらのマウンテンパーカも期待に違わずしっかり細く作られており、スタイリッシュそのものといった風貌を備えていますね。

 

このようにトップスがタイトなので、パンツの選択には幅が生まれます。この写真のようにスラックスを合わせるのもアリですね。上はカジュアルなマウンテンパーカになるので、下をスーツスタイルとなるスラックスでミックスさせています。

 

マウンテンパーカは落ち着いたブルー、スラックスが落ち着いたグレーっぽい色ということですが、青とグレーの組み合わせは鉄板ともいわれています。Tシャツのデザインでもグレー地に青のロゴが入ったものがありますね。色の合わせと、色自体のトーンにより、まとまった雰囲気が出せています。

 

ただ、足元のスニーカーが気になります。マウンテンパーカの裾から出てるカットソーも絡んで、少しカジュアルな方向に寄っています。このスタイルがダメなことはないのですが、コーデ全体を引き締めるならば、靴は黒の革靴をチョイスしたいところです。

 

またいくらタイトとはいえ、オシャレと正反対というマウンテンパーカのイメージは残るものです。裾からのカットソーも出さないほうがいいですし、何か出すのなら白シャツにするのがオススメです。

 

 着こなしまとめ

  •  タイトなマウンテンパーカならスキニーにこだわらなくてよい
  • ブルーとグレーの組み合わせは鉄板
  • ファッションブランドのマウンテンパーカでも元々のイメージは残るので、きれいめなアイテムを合わせる

 

マウンテンパーカ その3

 

 青系統が続いたので最後は黒を。

マウンテンパーカのインナーには何を着たら良いのか、という問いに対する答えがこの写真です。シャツあるいはきれいめなニットですね。

 

マウンテンパーカは山で着るアイテムであり、オシャレにドレスアップしたスタイルとは正反対に位置するものです。ここにスウェットやカジュアルなカットソーを合わせると、ますますオシャレからは遠ざかり「今すぐ山に行ってくれ」という格好になってしまいます。スーツスタイルの要素を持つシャツやニットで、アウトドアテイストを中和させることが肝要です。

 

ボトムス部分はきれいめなパンツのロールアップに革靴です。つまりこのコーディネートはマウンテンパーカの他はスーツスタイルで固めています。テーラードジャケットの代わりにマウンテンパーカを着たという状態ですね。

これぐらい徹底してスーツスタイルを取り入れることで、ようやくマウンテンパーカを使ってもそれなりにオシャレっぽく見えるようになるということです。

 

ただ、少しキッチリした方に寄り過ぎたかもしれません。そのためでしょうか、この写真ではロールアップの下から素肌を見せて抜け感を作っています。この辺りは好みに応じて取り入れるかどうか判断すればよいでしょう。

 

着こなしまとめ

  •  マウンテンパーカを街着として使うには、スーツスタイルとの組み合わせがオススメ
  • 足元の素肌見せなどのテクニックで、キッチリしすぎたのを緩和する方法もある

 


いかがでしたでしょうか、マウンテンパーカの着こなし。

マウンテンパーカは気軽に使えるアウターではありますが、街着としてオシャレに見せるにはなかなか難しいアイテムです。山で使うための服であることを考えて、組み合わせを決めていくようにしたいものですね。それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ