読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015年メンズファッショントレンド 秋冬の動きに注目 ノーカラー のシャツ

ファッション

今年のファッションの流行といえば何が思い浮かぶでしょうか。


青色、スニーカー、ワントーン、白パンに代表されるホワイトアイテム、ロング丈等、候補はいろいろあったように思うのですがここに来てドーンと流行レースのトップに踊りでたのが「ノーカラー」。春夏物でチラホラ見かけてたのが、秋冬物で商品ラインナップのメインになってしまったように感じます。

 

同じく流行りのタートルネック、モックネックとの組み合わせといったコーデもすんなりハマりそうですね。

(あ、ちょっと書き忘れてましたが、クラッチバッグもトレンドですよね。ただ、実際に持って歩いてる人を見かけたことがないのですが、クラッチバッグ使ってる人どこにいるんですか? 是非一度お見かけしたいものです)

 

 

このノーカラー、レディースの間では一足先にトレンドになっているようですが、メンズファッションにおいてはまだ人気とまではいってないですね。あくまで商品の数が多いということです。

なので、今後これを買う人がどれぐらいいるのか、そして実際に着る人がどれ位増えるのかに注目したいところなんですが。


ノーカラーといっても、本当に襟がないものと、細いバンドがぐるっと付いた形のバンドカラーというものと、両方を指すことが多いようです。厳密にはバンドカラーはノーカラーではないと思うのですが、まあ普通のシャツに比べたら襟がないのと同じといった意味合いなのでしょう。


そういうことなので、ノーカラーという言葉を聞いたら、両方のイメージを持っておけば良いと思います。

 

これは「バンドカラー」

 

こちらがホントの「ノーカラー」

 

さて、この春夏物で、実際に買わないまでも一応どんなものかとノーカラーのシャツをお店で試着してみた、という人もいるでしょう。どのように感じられたでしょうか? 思ったよりは変じゃないかも、ていうところじゃないでしょうか。

 

春夏の段階ではガチのノーカラーではなく、バンドカラーの商品がほとんどだったと思います。バンドカラーはスタンドカラーにも似た雰囲気があり、またハイネックカットソー的な見え方にも似てるので、全く異質なものを着用した感じにはならないのですね。

 

そして秋冬になるとホンマモンのノーカラーシャツも出てきてるようです。ただこれについても多分、予想よりは着こなせるかもしれません。要はクルーネックのTシャツみたいなものだからです。あくまで今まで着たことのある洋服に準じた形状ということです。

 

このように、シャツにおいてのノーカラーは、ほとんどの人が普通に着こなせるものであるかもしれません。

ただ、一時的な流行に終わる可能性を考えてしまったり、着慣れた襟付きのもので無いことが影響して、どれぐらいの人が実際に購入に至るかは未知数ですね。

 

安物なら試しに買ってみてもいいけど、一万越えるようなシャツでノーカラーはちょっと考えてしまうかもしれません。

 

この秋冬はどれぐらいノーカラーの人を見かけることになるのか、ちょっと注目しようじゃありませんか。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

カテゴリ