カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015年メンズファッション秋冬トレンド  今度はノーカラー ジャケットについて


前回の「ノーカラー シャツ」に続いて、今回は「ノーカラー ジャケット」について語ります。

 

単品でミックススタイル効果あり

メンズファッションのノーカラージャケットは、実は2年程前から話題にはなりかけてたのですが、本格的に商品が出だしたのはシャツと同じくこの秋冬からですね。

 

 

ノーカラージャケットの特徴としては、襟がないことでフォーマル感が薄れて、カジュアルっぽさが出せるということです。いつもの襟付きジャケットならキメ過ぎになりそうな場合でも、ノーカラージャケットにすることで回避することが可能になります。そして、さらにこなれた雰囲気を作ってくれたりします。

 

これはつまりフォーマルスタイルとカジュアルスタイルのミックスが上半身だけで出来てしまうということなのですが、それはノーカラージャケット自体がフォーマルとカジュアルのミックスアイテムだからなのです。

 

ミックススタイルはおしゃれの基本であり、街着の構築に不可欠な要素です。それを一つのアイテムでこなしているノーカラージャケットは、実はとても便利な服だとも言えるのです。

ノーカラージャケットに合わせるアイテム

では次に、こうしたノーカラージャケットに合わせるボトムスの選び方についてみていきましょう。
通常の街着スタイルでは、テーラードジャケットにジーンズの組み合わせは定番といえるものでした。オンスタイルのテーラードジャケットにカジュアルの代表であるインディゴデニムのミックススタイルですね。

 

しかし、ノーカラージャケットの場合、インディゴデニムを持ってくるのは避けた方がよいという気がします。
何故かというと、ノーカラージャケット自体がミックスアイテムであるので、カジュアル要素も含んでいます。その上にさらに強いカジュアルアイテムを加えると、ノーカラージャケットの持つミックス感がカジュアル要素で押し流されてしまうのです。

 

もちろん元はジャケットですので、全身アメカジみたいな風には陥りませんが、それでも折角のノーカラージャケット着用の意味が消されてしまう感じになります。
なのでここは、黒のデニムや黒のチノパン、もしくはスラックスを合わせるのがオススメです。
もしくはスウェットパンツなどもさらにミックス効果が出せて良いと思います。

 

インナーにはシャツでもカットソーでも何でも合わすことができますね。シャツの場合、同じくノーカラーでもバンドカラーでもいいですし、普通の襟付きでも大丈夫です。
カットソーについても、クルーネックなどの通常のネックはもちろん、トレンドのタートルネックなども綺麗に合ってくれるでしょう。

 

普通の襟付きシャツでも合う

 

その他のノーカラージャケット

ここまでお話したのはテーラードジャケットのノーカラーでしたが、他の種類のジャケットにもノーカラーが展開されています。
テーラードジャケットにデニムジャケット、レザーにスタジャン、そしてコートと、どの種類からでノーカラーを作っている印象ですね。


こうしたアイテムは、首元がスッキリしているのでパーカなどの重ね着がしやすいとか、インナーとのレイヤードを楽しめるとか、首元がスッキリした印象になるとか。
って、首元スッキリ2回言いましたが、それぐらい首元スッキリぐらいしか言うことないんですよ。

 

他に何かあったかなと今思い出してる最中なんですけど・・・。

 

ああそうそう、襟がないからこれ自体をインナーに使いやすいとか。

 

とにかく「スタイリングの幅を広げてくれる」が常套句ですね。

 

レザージャケットのノーカラー

 

で、実際に買う?買わない?

ここまで、ノーカラージャケットについてみてきました。

まあ、暇があったらお店で試着などしてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

でもそれで、もし気に入ってしまったら、どうしますか?買っちゃいますか?

 

これがシャツなら、バンドカラーシャツならば、たとえノーカラートレンドが一瞬で過ぎ去ったとしても、いきなり着れなくなることはないと思いますよ。スタンドカラーっぽいし、一つ二つボタン開けて着ればごまかせもするでしょう。

 

しかしジャケットは違います。基本アウターです。インナーにも使いやすいというのは、売る側の理屈でもあるので、それだけを根拠にするのはやめましょう。

ノーカラーのレザー、ノーカラーのデニムジャケット、ノーカラーのコート!

 

買いますか?

 

 流行りが過ぎても着れますか? 周りはみんな襟付きなんです。

 

しかもジャケットなのでそこそこの値段はします。上の写真のコートで2万ちょっとぐらい。それでも2万越えます。

他のアイテムなら、5万越えるものも。さらにもっと高価なものもあるでしょう。

 

これはテーラードのノーカラーでも同じです。カーディガンだと言い張りますか?

 

ジャケットはシャツのようにツブシは効きません。だからこそ「自分は本当にノーカラーを着たいのか?」と自己問答してみてもらいたいのです。

 

セールを狙え

このように、今年いきなりノーカラージャケットを購入するのはリスクが高いです。とりあえず様子を見てみることです。

 

雪が舞い散る中、ノーカラーに身を包んだ人々が街を行き交う様子がはっきりと確認できたときに、おもむろに腰を上げることでも良いと考えます。そしてその時はもうセールの時期です。買うなら出来るだけ安く買いましょう。今年限りのトレンドだとしてもあきらめのつくように。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ