読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015~2016メンズファッション注目 スウェットパンツをオシャレにコーデ

注目されるスウェットパンツのスタイル

スウェットパンツといえば以前は家の近所とか部活のときに使うものといったイメージで、あまりお出かけの際に着用するものではなかったのですが、このところ街着に使うイメージも定着しつつあるようです。

 

ショップに行っても当たり前のようにスウェットパンツが置いてますし、雑誌などのコーデ写真にもスウェットパンツを使ったスタイルがオススメされたりしています。ジーンズやチノパンなどとは違った雰囲気がありますね。

 

 

しかし、定着しつつあるとはいうものの、まだまだ新鮮な見た目に感じます。それは、実際にスウェットをオシャレに着こなしてる人はまだまだ少ないというのが現状だからです。

 

今はまだ街着に使うということに違和感を感じなくなってきた段階であり、実際に街着に取り入れる人が増えてくるのはもう少し先だと思います。今までとは違ったスタイル、人とは違うスタイルをしたいと思う人たちが、徐々にスウェットパンツを穿き出すのではないでしょうか。

アウターと合わせたいスウェットパンツ

これから涼しくなります。スウェットが使いやすくなる季節です。そしてアウターも着始める時期がもうすぐです。そうなれば、スウェット人気が本格化するのではないかと思うのです。
何故かと言いますと、スウェットを活かすには何らかのアウターと合わせるのが一番効果ありそうだからです。

 

 

 

もちろんスウェットとシャツでも、スポーツミックススタイルにはなりますし、これはこれで一つの形です。しかし、理由はよくわかりませんが、何か物足りない気も一方ではするのですね。

 

もしかしたら、シャツというのは本来下着であると、下着とスウェットのような気楽な衣類を合わせたら、単なる部屋着じゃないかと。

いや、これは私の勝手な考えなのですが、しかしそのようなことを無意識のうちに感じてる人も少なからずいるかもしれません。

 

まあともかく、これからアウターを着るならば、それはもうはっきりと部屋着ではなくなるわけで、そこにスウェットを持ってくることでしっかりしたミックススタイルが構築出来るのだと考えています。

 

 

例えばこのようにテーラードジャケットと組み合わせた場合、テーラードジャケットのキッチリした感じとスウェットの緩さの対比が、コーデに魅力を与えることになります。

また、アウターのボリュームと、スウェットのシンプルさとの差も、雰囲気を作り出すことになります。

そしてもちろん、オンスタイルとスポーツのミックスになりますから、オシャレに見える基本の形にもなっているということですね。

 

スウェットスタイルいくつか

スウェットスタイル 1

 

カラブロ2でも、これまでにスウェットパンツを使ったコーデを幾つか紹介してきました。特にミリタリーアイテムとスウェットパンツの組み合わせは鉄板といえるスタイルです。

 

こちらは、アーバンスタイルを求めてモディファイされたN-3Bを使ったコーデであり、ミリタリーとスポーツミックスが上手く表現された着こなしになっていますね。

 

グレーのブーツがこれまたスウェットによく合ってますし、さらにミリタリーとの相性もよさそうなので、コーデ自体を引き上げているように感じます。

 

スウェットスタイル 2

 

 Champion×nanamica(チャンピオン×ナナミカ )のスウェットパンツを使ったコーデです。

 

スウェットといえばChampion(チャンピオン)ですね。なのでスウェットパンツを使うコーデでも出来ればChampion(チャンピオン)を登場させたいと思うのですが、通常のChampion(チャンピオン)のスウェットはアメカジそのものとなり、なかなかオシャレっぽくはならないのです。

 

 こんな感じでズドンとくるので、スタイルも決まりにくいです。

 

ところがこのnanamica(ナナミカ)ブランドとのコラボのものであれば、テーパードになっているのでスッキリした見え方になり、オシャレに着こなすことが可能になります。

このようにブランドがChampion(チャンピオン)に別注してスタイリッシュなスウェットパンツをリリースすることが、近年増えてきていますね。

 

さて、こちらのスタイルは上もスウェットを使っているようです。スッキリした形に仕上がっているので、上下で着てもサマになっています。

インナーとコートを白にして全体のトーンを揃えたところを、帽子とスニーカーのネイビーで挟んでいます。上下スウェットの格好ながら、上品にまとまるという何とも技アリなコーデですね。

 

スウェットスタイル 3

 

最後はちょっと雰囲気の違うものを。

またまた  Champion(チャンピオン)のコラボ物です。特に Champion(チャンピオン)にこだわったわけではないのですが、たまたまそうなってしまいました。

 

こちら、Champion(チャンピオン) x nano・universe(ナノ・ユニバース)のコラボスウェットであり、かなりタイトに作られています。

加えてカーゴタイプになっていることもあり、普通のスウェットパンツとはかなり違う雰囲気になっていますね。

 

このようなタイプだと、黒スキニーの代わりとして使うことも可能になりますし、しかしスウェットなので程よく力の抜けたテイストが楽しめます。

 

このようにファッションブランドやスポーツブランドがスキニーのような細めのスウェットを展開しています。普通のグレーのスウェットにイマイチ抵抗を感じるならば、そのようなアイテムからスウェット使いに慣れていくのもいいんじゃないでしょうか。

 


  今回は主にグレーのスウェットに絞って紹介しました。それは、スウェットらしさを一番感じさせる色だと思うからです。

柔らかさ、緩さ、ルーズさ、力の抜けた感じは、黒やネイビーなどよりも普通のグレーです。

 

スウェットらしさと、他のアイテムの要素とのギャップがコーデに魅力を与えるという意味でも、まずはグレーについて考えてみるのも一つの方法です。

しかしもちろん他の色が好みであれば、無理にグレーを考える必要はありません。自分の好みに合うようにした方がよいでしょう。

それでは、また。

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ