カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

メンズファッションやっぱり気になる革靴選び

オシャレと革靴

 服に興味を持ちオシャレを気にし出すと、意識せざるを得ないのが革靴ですね。ビジネスのイメージがあって普段着に取り入れるのを躊躇う人もいると思いますが、そういった場合でも雑誌やスナップなどを見ているうちに、革靴の合わせが気になるものです。

 

 

しかし、いざ革靴を買ってみようと思っても、どういったのがいいのかよくわからなかったりします。種類も多いし、カジュアルに向くのか向かないのかも、よくわからないのが革靴です。

 

変なのを買って革靴が苦手になるのも避けたいですし、また何やら奥深い世界のような気もします。私もここでエラそうに革靴について書けるほどの豊富な知識があるわけではありませんが、靴選びのヒントになりそうなことをメモ代わりに記しておこうと思います。

 

ということで、今回は革靴選びについて、ザッと簡単に語ります。

 

革靴の種類

まずは革靴の種類から見ていきましょう。


ストレートチップ ・・・ つま先に横一文字のラインが入っているもの 内羽根式が多い

ストレートチップ

 

プレーントゥ ・・・ 甲やつま先にデザインが入っていないシンプルなもの カジュアルで使いやすい 外羽根式が多い

プレーントゥ 


ウイングチップ ・・・ つま先の切り替えが翼のようなW字型になっているもの カジュアルとしても使える

ウイングチップ

 

Uチップ(Vチップ) ・・・ アッパーがU字型に縫い合わされたもの

Uチップ

 

モンクストラップ  ・・・ ストラップのバックル留めのもの 修道僧(モンク)が履いていた靴がデザインの元なのでこの名前がついた

モンクストラップ

 

ローファー ・・・靴紐がないもの 

ローファー

 

ホールカット ・・・一枚革で作られたもの アッパー全体を包み込む形

ホールカット

 

オペラシューズ ・・・ 観劇用の靴をベースにデザインされたもの 近年、カジュアル用途として市場で見かける頻度が高くなっている

オペラシューズ

 

 

革靴の種類についてはこれぐらい押さえておけばよいでしょう。

プレーントゥかウイングチップ

さあ、この中で街着に使うのにどれを選べばよいのかということですが。紐がないので楽そうだからとローファーを選ぶ人も多そうですね。もちろん好みなのでそれでもいいのですが、最初の一足として、オシャレな着こなしをするためとしてならば、プレーントゥかウイングチップがいいのじゃないかと私は思います。

 

その理由は、何故革靴を使うのか、ということなのです。それは着こなしの中でキッチリした要素を担うアイテムとして使いたいからです。紐がついた方がキッチリした感じがします。そしてローファーは革靴の中でも最もカジュアルな印象になると言われるものです。

 

街着の基本はミックススタイルです。アメカジとスーツスタイル、ミリタリーとスポーツウェアといったように異質なものの融合がオシャレの基本です。カジュアルなものとキッチリしたものとのミックスも、異質なもの同士が混ざり合って街着として成立することになるのです。

  

そうであるならば、まず初めはキッチリした印象をしっかり出すことの出来るプレーントゥもしくはウイングチップを手に入れる方が、いろいろな着こなしに役立てられますし、理にかなっていると言えるでしょう。

 

キッチリした印象といえばストレートチップはどうなの?ということですが、ストレートチップに関してはかなりビジネス寄りの靴でありお堅いイメージが強いので、街着に取り入れるのに適しているとは言い難いような気がします。ただストレートチップを使ったカジュアルコーデもあることはあるので、絶対ダメということではないのですが。
特に理由がない限りはプレーントゥかウイングチップで選ぶのがオススメです。

 

 

選ぶならスムースレザーで外羽根式

次は革の種類ですね。スムースレザーやスエードなどいろいろありますが、初めはスムースレザーにしておきましょう。
理由は前項と同様です。キッチリした要素を担ってもらうための革靴だからです。

 

革靴には内羽根式と外羽根式がありますが、内羽根式がフォーマルライクで外羽根式が活動的なイメージです。キッチリした要素は内羽根式の方があるということになります。

しかしここでは外羽根式がオススメです。理由は前項のストレートチップの件と同様です。お堅いイメージが強すぎると街着に適し難いのです。


もちろん内羽根式をカジュアル使いしている場合もあるので、これも前項と同様に内羽根式が絶対ダメではないのですが、特に理由がなければ外羽根式を使うことで良いと考えます。

 

内羽根式

 

外羽根式

 

革靴のブランド

ここまでをまとめますと、選ぶべき革靴は
 プレーントゥかウイングチップ
 スムースレザー
 外羽根式
ということになります。

 

革靴の色については、黒か茶色で迷うところですね。カジュアル使いならば茶色の選択も十分ありえます。しかしここでも、革靴を選ぶ理由に沿って考えてみたいと思います。


それはキッチリした要素を担うアイテムとして革靴を選ぶということでした。フォーマルなシューズといえば黒が基本です。ミックススタイルをしっかり作るという意味でも、黒を選ぶことにしましょう。

 

 

革靴のブランドについてはいろいろありますが、カジュアル使いとしてよく名前が登場するところをいくつか並べておきましょう。


Tricker's (トリッカーズ) http://www.trickers.com/

Dr.Martens (ドクターマーチン) http://www.dr-martens.co.jp/
PARABOOT (パラブーツ) http://jp.paraboot.com/jp-home
Church’s (チャーチ) http://www.british-made.jp/churchs/index.html
EDWARD GREEN(エドワード・グリーン) http://www.edwardgreen.jp/
JALAN SRIWIJAYA (ジャランスリウァヤ )
ALDEN(オールデン) http://www.lakotahouse.com/brand/category/3

 

簡単にと言いながら、結構な量の記事になりました。ここで述べた内容は街着のコーディネートを考えた選び方ということですが、みなさんの靴選びの参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ