読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2015-2016 MA-1の着こなし その3 ~ ストリートスタイルで

ファッション コーディネート・着こなし

今、秋冬アウターで一番売れているのがMA-1らしいですね。2位以下を大幅に引き離してのトップを走っているという話もあります。そんなMA-1の着こなし、前回はモードライクなものを取り上げましたが、今回はストリート風な着こなしをテーマにしてみようと思います。

 

 

無骨なミリタリーアイテムであるMA-1をキレイめなコーディネートで使うことについては、もちろんオシャレだと言えますし街着としてのミックススタイルに適ったものなのですが、一方でMA-1本来のポジションであるラフで主張の強いストリートスタイルで着こなす楽しみも忘れたくはありませんね。

 
今回はそのような視点で「コレは」と思ったコーデをいくつか取り上げて見たいと思います。

 

MA-1の着こなし3-1

 

黒のMA-1に黒のパーカを合わせたトップに、ホワイトスキニーの組み合わせ。タイトでコントラストの強いコーデは、ソリッドでスタイリッシュなスタイルを作ります。

 

白のパンツはなかなか穿く勇気がない人も多いかと思います。この夏も白パンのトレンドが囁かれながら結局それほど目立った動きにはならなかったですね。もちろん白パン姿はチラホラ見かけたりはしましたが。

 

ただ、白いボトムスも意外と使いやすいです。どんな色にも合うものですし、白もモノトーンを構成する色なので難しいクセもありません。

また、膨張色をボトムスに持ってくるとコーデが難しいという話もありますが、ベージュのパンツとかも普通にあることですし気にすることもないかと。

 

最初はユニクロなどで安いパンツを買って試してみるのもいいでしょう。

 

話が逸れましたが、メリハリのついたコーデはMA-1に元々ある野暮ったさのようなものも払拭してくれます。

こちらのコーデのような雰囲気は、インディゴデニムなどでは出せないものですね。

 

襟のないジャケットにパーカを合わせるのは間違いない着こなしですし、同色で合わせることで一体感が生まれ、フード付きアウター的な見え方にもなります。これはパーカの形にもよって印象が変化するので、いろんなパーカで試してみると面白いでしょう。

 

スニーカーも白黒の配色となっていて、全体でモノトーンで徹底しています。ある意味真似しやすいスタイリング。まずは家の中で試しにコーディネートしてみるとよいでしょう。カッコイイと思いますよ。

 

MA-1の着こなしその2

 

MA-1にサルエルライクなシルエットのパンツを合わせるコーデですが、こんなのも取り入れてみたいですね。

スキニーなどとはまた違ったこなれたスタイリングになり、単にジーンズ合わせただけの見慣れすぎたスタイルとは一味も二味も異なるものになってくれるでしょう。

 

せっかく気に入って買ったMA-1ならば、平凡な着こなしだけで終わるのはもったいないと奮起を促すコーデスナップだと思います。

 

 着こなしについて、まずボトムスですが、サルエルといっても形は様々です。あまりにキツい形のものはまた違う見た目になるので避けたほうがよいでしょう。このコーデのように適度なユルさを持ったパンツを合わせたいものです。

 

そして全体を黒でまとめているのもポイントですね。

腰回りのダボつきとか、全体にデコボコしたようなシルエットになりそうなところを、黒を使うことによって、引き締まった見え方になっています。

これがカーキとか他の色になると印象が変わってきて、もしかしたら締りの無い見え方になる可能性もあるでしょう。

 

このコーデではインナーに白のプリントが入ったものを使って、全身黒尽くめを緩和しています。このように色を入れるときはシンプルに白だけにするのが基本ですし効果がありますが、慣れてくればバンドTシャツのようなのを使うのも雰囲気が出るでしょう。

 

MA-1はかなり流行っていて、それだけ無難な合わせも溢れかえっているといえます。ジーパン・チノパン・スキニー・スラックス、ありふれたアイテムでの合わせは、ありふれた格好の中に埋もれてしまいます。

 

MA-1を買う動機は、カッコ良さそうだからとか、カッコ良い着こなしができたらいいなと思って買うということではないでしょうか。

こんな状況の中で、MA-1が好きで格好良く着こなしたいと思っているならば、少し違う印象を作るコーデをしてみたいところです。つまり一発でスタイリングがとれる雰囲気のあるアイテムをドンと持ってくるのです。

 

サルエルはそういった雰囲気作りに適した個性を持ったアイテムだといえるでしょう。

そのユルさとMA-1のタイトさのミックスもまた味があるものです。

 

MA-1の着こなしその3

 

使っているアイテムだけを見れば、ありふれたコーデとそれほど変わらないと言えるでしょう。インナーにパーカ、スキニーに黒スニーカー、バックパックというスタイルです。

 

しかし、他のスタイルとはどこか違う雰囲気があると思いませんか。どうしてこのコーデが他と違って見えるのでしょう。

 

それはMA-1の裾からインナーを出している点です。中のパーカがアウターの下から覗いている、たったこれだけでも印象が変わるのです。

 

試しに他のMA-1のコーデを見てみればわかると思いますが、平凡な写真のほとんどはMA-1の下からインナーが覗いていることはありません。

パーカを合わせたコーデでも、大概下がMA-1から出ていることはなく、そのためこのコーデみたいな雰囲気にはなっていません。

 

このコーデのようにするには、パーカを選ぶときにMA-1よりも長い着丈であることが重要ですね。

 

また、MA-1の裾から出すといっても、あまり出しすぎてもおかしくなりますし、逆に少ししか出てないのも効果が薄れるでしょう。この着こなしぐらいを一つの目標としてインナーに合わせるアイテムを選んでみるとよいと思います。

後は、鏡で見ながら自分で納得できる長さに微調整していくのがよいですね。

 

MA-1の着こなしその4

 

MA-1で手っ取り早くスタイルを作るには、裾から中のアイテムを出すことが簡単ですし、効果ありです。

こちらはシャツを出した着こなしです。この写真はちょっと長めかもしれません。人によってはもう少し短めにしたほうがバランスが良くなるでしょう。

 

その3その4もカーキのMA-1です。街着ファッションとしてオシャレっぽさを出すには、カーキは野暮ったさの方が勝ってしまうと普通は思うのですが、白アイテムの裾出しによってうまく中和されていると感じます。

 

ボトムスをタイトなシルエットに整えているところも大きいでしょう。トップスがボリュームある合わせであり色もカーキと白ということで、Yラインを作る着こなしになっていますね。

 

カーキのMA-1の着こなしは、キレイに合わせようと考えるよりも大胆に変化をつけることを意識した方がサマになりやすいのかもしれません。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

MA-1はかなり流行っています。MA-1として世に出ているものだけでなく、なんとなくMA-1に似せて作った商品もたくさん見られる現状であり、そういったものを引っくるめるとMA-1と呼ばれる服が街に溢れかえっているのです。

 

こんな時に皆と同じようなMA-1の着こなしをすることは、ありきたりな格好の中に埋もれるということになりやすいといえるでしょう。

 

MA-1がイケてると思って今年買った人も多いと思います。みなさん是非工夫した着こなしで、そのMA-1を活かしてほしいと思います。

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ