読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2016年春夏 ファッションカラートレンド 次の流行色は

 

もうすぐ年が明けますね。そろそろ来シーズンの流行の色は何なのかも気にしてみてもよいでしょう。

 

流行色情報を発信するPANTONE(パントン)による2016年SSシーズンの流行色は、2015年秋冬と同様にメンズ・レディース共通のカラーパレットとなっています。

 

2016SSカラーパレット

こちら2016年春夏の色です。柔らかくふんわりしたような春らしいカラーが目立ちますね。それとともに色味の強さを感じる色もまた多いような気がするのですが。


Fiesta(フィエスタ)、Green Flash(グリーンフラッシュ)、Buttercup(バターカップ) などの夏の彩りを感じさせるカラーがあるものの、全体としては可愛いほんわかムードが感じられるものとなっていますね。

 


2015年SSシーズンとくらべてみると。 

2015SS メンズ カラーパレット

 

2015SS ウィメンズカラーパレット

 2015年春夏はメンズ、レディースで分かれていたのですが、こうしてみると2016年のカラーはかなり色鮮やかでポップ、もしくは派手な印象がありますね。それはファッションのトレンドが、2015年までの「ノームコア」から2016年以降のトレンドと噂される「タッキー」に移り変わることに沿っているものなのかもしれません。

 

トレンドといえば、ジェンダーレスというファッションの新しい流れが来年以降も継続するようなのですが、2015AWに続いて2016年トレンドカラーがメンズ・レディース共通なのも、その流れの一つだろうと予測できます。

また、その共通のカラーが穏やかであり、またキュートな色使いを連想させるものであることが、メンズファッションにおいては特に2015年と大きく異なるところです。これはメンズアイテムにもポップな色使いが増えてくるような予感がしますね。

 

女性がメンズアイテムを着用することは元々あまり珍しくはなかったと思いますが、逆に男性がレディースアイテムを用いることについては、余程の服好きな人が目的を持ってするぐらいなものです。それをもっと一般化させる狙いがあるのでしょう。色の面からも可愛い色やポップな色に慣れさせて、ジェンダーレスの動きを促進させていきたいのでしょう。

 

そして男性の着る服についてそんな色使いに対しての抵抗感がどんどん薄れてきているような時代の気配、色だけでなくデザインや素材についてもポップなほんわかしたものがメンズアイテムにも受け入れられるという風潮、といったものがこのトレンドカラーからも感じとれるように思います。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

カテゴリ