カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2016年春夏メンズファッションは、こなれたスタイルで

スナップなどで気になる着こなしを紹介していこうと思います。これからの季節に向けた着こなしの参考にしていきたいですね。

その1

  暑くなってくるとこのような格好が多くなりますよね。短パンにカットソー。夏はオシャレとか言ってる場合じゃありません。

 

 しかしTシャツ一枚で十分と言いながらも、そのTシャツの柄とか色について自分に似合うか考えるでしょう、その人なりのこだわりはあるでしょう。

  ただ、そうやって選んだカットソーを着ても、イマイチかっこ良くないという事態になることも珍しくはありません。

 

  だから、たまには好みを捨てて、ただシンプルに人の格好を真似るというのも新しい発見が見つかるかもしれませんね。

  

  例えばこちらの写真のように、紺の短パンに薄めのブルーのヘンリーネック。ただそれだけでスタイルが出来上がります。

  着る人を選ばないカラーリングといいましょうか、特にイケてるかどうかはわからないですが、少なくともダサくないという形にはもっていけるという。

 

  ポイントはヘンリーネックカットソーの袖を上げて、腕を露出させているところです。袖を伸ばして普通に着るのと、袖を捲ったりして着るのと、見た目の印象は想像以上です。

 

  そして自信がつけば、スニーカーとキャップを赤で合わせてみるのもいいでしょう。地味な色合いを派手な色で挟み、コントラストをつけてみるのです。

 

  しかし、なかなか赤のスニーカーを持っている人も多くないでしょうし、キャップはそれ以上に少なそうですね。なので最初は黒とか一般的な色のものでかまいません。
そこからメリハリを求めるようになった時に、派手な色目のアイテムを用いるとよいでしょう。

その2

   ナンバリングカットソーいいですね。どの辺が?と問われると返答に困りますが、なんとなく気分ですね。服屋のブログでよく出てくる用語の一つ、気分です。

 

  こちらも今の気分にあわせたゆったり目のシルエットのナンバリングカットソー。ナンバーが目立つので、ボトムスは適当でいいですよね。涼しげに見えればなんだっていいのです。

 

  夏に黒は暑苦しいというイメージもありますが、ナンバリングアイテムはスポーティさを演出してくれます。スポーツの勢いと爽やかさというイメージが、黒の持つ引き締まった印象と合わさって、暑苦しさというネガティブ要素吹き飛ばしてくれます。

 

  活動的な自分を演出するなら、迷わずナンバリング!

その3

   ジャケットスタイルも重要なテーマの一つです。かっこ良く見せてくれるメンズファッションアイテムの上位に来るのがテーラードジャケット。カットソーの上からでもサッとジャケットを羽織るだけでサマになるのです。

 

 しかし、中にはそのジャケットスタイルがなかなかうまく決まらないという人も。スーツの上着を流用した場合などに起こりがちなのですが、妙にモッサリした感じになるのですね。


 なのでやはり、カジュアルな使い方やジャケット単体で使うことが考慮された製品を手に入れるのがオススメです。

 

 さて、カジュアル使いを目的としたジャケットも数多く販売されていますが、それらの多くは黒や紺のダークカラーです。もちろんそういったカラーでもいいのですが、他とは違う印象をつけたいのなら薄いグレーのジャケットを着てみるのも一つの手でしょう。

 

 写真のような色合いならシャープさもあり爽やかさもありといった風に、かなりスマートな着こなしを作ることが可能になります。多くのひとが所有しているであろう黒のカットソーの上から着ても、メリハリのある格好になりますし、ボトムスの色もそれほど選びません。

 

 こちらのスタイル、上はベーシックでシンプルに徹した合わせに対し、下は凝ったブルーのパンツにネイビーのニューバランスといった、上下で多少毛色の違うスタイルをミックスさせたものです。

 

街着の基本はミックスですが、このような色使いの様子が異なるもの同士を合わせるスタイルも、ミックス的な考えになりますね。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

カテゴリ