読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

派手な色使い、柄物、トレンド変化に対応する着こなし 派手なパンツがいけるかも

ファッション 着こなしの基本

トレンドが変わり始めているこの時期、派手さのチョイスが求められるようになってきました。
柄や色、デザインのインパクト。そうベーシックでシンプルな合わせではどこか物足りなく感じ始めているのじゃないでしょうか。

 

ただ、そうなるとどのようにして柄を取り入れるかを、考えなくちゃならないですね。単に色合いが気に入ったとか、何となくかっこ良さげだとか思って商品を選ぶと、着こなしにくかったりするのです。
それは単品で見たらカッコいいかもしれないが、他のアイテムと組み合わせるコーデという面からは、どうも使いにくいものだったりするからですね。

 

で、ここからが問題なのですが、「じゃあ自分の好みは置いといて、無難な柄や色合いのものを選べばいいんじゃないか」と考えて買い物をしても、これまた良くない結果に終わる事が多々あるのですね。何故でしょう。

 

柄や色において無難なものとはどんなものをイメージするか考えてみると。
それは多分地味な色目、目立ちにくい柄、原色よりもくすんだグレーや青系統のもの、チェック柄にしても大きなチェックは目立ちそう、逆に細かいチェック柄の方が主張も少ないみたいだ、といったようなイメージでしょうか。


ノームコアの場合、無地でベーシックなシンプルアイテムを選ぶ際にも無難なものを選びました。無難なもの同士でシンプルなスタイルがオシャレにも見えました。しかしそれは、黒や白のモノトーンを軸とした派手ではないがメリハリとコントラストのあるものだったり、カーキやベージュといった色でまとめたナチュラルなテイストであったりするわけです。

 

ただシンプルだからオシャレということではなく、メリハリや自然と馴染みやすいテイストがオシャレに見えるのですね。

 

オシャレの基本であるミックス。これは異なるジャンルのアイテムを組み合わせることですが、それがメリハリを生じさせ、新鮮な意外性となってオシャレを創りだすのでした。

 

対して、無難な柄や色使いはどうでしょうか。そのアイテム自体にメリハリのなさが生じています。何もない状態ではなく、いきなりメリハリがないというマイナスを抱えているのです。そこに何を合わせても、なかなかプラスに転じることは難しかったりするでしょう。

 

じゃあ、どうすればよいのか。


一つは取りあえず、ノームコア的な着こなしを軸に着こなしを考えてみることです。あまりトレンドを意識すること無く、これまでのような着こなしを続けることです。そして、そこから色を足すときには、1色のところを2色足してみるとかするのです。これまでより少しだけ変化を加えてみるようにして、徐々にスタイルを移行させていけば良いと思います。

 

そしてもう一点。これは少し思い切りが必要かもしれませんが、ボトムスに柄物を取り入れるのです。ボーダーでもストライプでも、もしくは花柄のようなものでもいいでしょう。メンズでもフローラル柄のものが増えてきました。色味を抑えたものから、結構鮮やかなものまで種類もあります。

 

トップスに柄を取り入れようと考える人は多いと思いますが、柄物のパンツ類を買おうという人はあまりいないんじゃないでしょうか。何か柄物のパンツってすごい冒険のような気がしますものね。

 

しかし、実際に穿いてみると、思っていたほどには抵抗を感じないかもしれません。というより、自分の印象をしっかり「柄物が似合う人」として整えてくれるように感じるかもです。なので、いきなり購入というのもなんでしょうから、ショップに行って柄物のパンツを試着してみることをオススメしたいのです。

 

派手な柄のシャツやジャケットを着た姿はなんだかヘンテコになってしまうかもしれませんが、ボトムスが柄物であっても案外しっくりくる可能性があるのですね。

新しいファッションの楽しみが見つかるかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

カテゴリ