読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

クールビズの正解は?ビジネスマナー、異性ウケを解決

クールビズの季節です。振り返れば2005年にスタートしたこのクールビズ、もう10年以上も続いているんですね。そしてこれからもクールビズは続いていくのでしょう。

 

最近のクールビズ

しかし、今年やたらとこのクールビズについての考察、意見が活発な印象を受けます。何でしょう、日本全体がオシャレやファッションへの興味を強く持ち始めたみたいな。これまで特に気にされなかったようなことまで、細かくツッコミが入るみたいな。

 

もちろんオシャレな人がたくさん増えるのは良いことではありますが、しかし自分の価値観の押し付けは避けておきたいもの。中には特にかっこ良いスタイルが出来ているわけでもないのに、他人のクールビズについてとやかく意見する人も見受けられるようですね。

 

何故こんなことを書くかというと、クールビズの着こなしに悩んでいる人が意外とたくさんいるみたいだからです。半袖を着ちゃだめなの?といったものから、ノージャケットはダサいですか?ってな質問まで、クールビズが出た当初には考えられなかったような疑問が寄せられている現状。

なので、今回クールビズについて語ります。

 

 

クールビズの疑問

クールビズは環境保護の視点からエアコンの温度設定を高くしても対応できる服装をしようということで始まったもの。ネクタイをしない、上着も着ない、というのが、クールビズのスタイルとされています。まあこの辺りは、ここでわざわざ書かなくてもみなさんご存知なことと思いますが。


そして、実際に会社の中では来客への対応もノータイ、ノージャケットという光景が見られ、営業周りについても業種にもよるでしょうがクールビズスタイルで行われているのが珍しくなくなっています。

 

ただ、ひとたびネットなどでクールビズに関する話題を見ると、「クールビズだからといってネクタイをしないのはダサい」といった文章が目につき、次第に「本当にイケてるクールビズって何だ??!!!」的な思考に苛まれてしまうのでしょう。

 

完成形とクールビズ

そんなときは冷静に考えてみてください。まずは、サラリーマン、ビジネスマン、仕事着、通勤風景、いろんな場面を静かに思い浮かべてみるのです。

 

サラリーマンのスーツ姿。これカッコいいですか? いえ、別にカッコ悪いと言っているわけではない。 しかし、どちらかと言うと、冴えないスーツ姿ってな表現もありますよね。 あまり、必死にカッコよさを追求するものじゃないんです、スーツは。

 

スーツを着た男性はカッコいい、ってなことを耳にすることがあります。たしかに、普段ラフな格好をしている人が、いきなりスーツでバシッと決めてくると、カッコ良く見える場合もありますね。しかし、すぐに見慣れます。

 

それをいつまでもカッコ良く見せたいなどと考えると、変に細すぎたり、はちきれそうなジャケット姿になってしまったりするのですね。
仕事で着用するものなので、いじれるところがサイズとかシルエットをどうするかぐらいしかないのです。

 

スーツは元々完成形とかいいますね。だから自分に合うサイズのスーツを着たら、後はもうおとなしく従うしかないんです。完成してるものだから、それでダサいのならもうしようがない。
ただ、印象悪くならないように清潔感や身だしなみ等はきちんと意識するだけで、きちっと締まって見えるものでもありますね。

 

一着ン十万もするような高価なスーツであれば違ってくるかもですが、普段私達が仕事で着用するものならば、誰もが似たような印象で歩いているわけです。そこにオシャレとかカッコいいとかいうのを感じさせたいなら、それは服装ではなくて元々その人がカッコいいとかイケメンだとかいった要素になるので、いくら「モテそうなスーツ」を頑張って購入してもそれだけでオシャレでモテるようになることはありませんね。

 

さて、そんな仕事着、これがクールビズになると何故、一気にダサいとかなんとかいう話題が出てくるのでしょう。

 

それは完成されたスーツ姿を崩すからです。ジャケットを着ない、ネクタイをしない、ということで、本来のスーツスタイルではなくなることにより、ツッコミ代が生まれるわけです。

 

それでも単に上着とネクタイを取り去っただけの姿で仕事しているだけなら、クールビズの着こなしがどうこういう話にはなっていないでしょう。しかし、クールビズ用のシャツとか、クールビズのための何たらいうような商品が登場しますね。そうなると、人の好みや興味は様々ですから、「オシャレなクールビズアイテム」を思い思いに買い求めるわけです。違いが生まれるわけです。違いが生まれると比較になります。そこから、オシャレとかダサいとか、ビジネスに合うとか合わないとかって話に展開するのですね。

 

例えばボタンホールの色を変えたようなシャツや、襟の辺りにデザインが入ったシャツ。クールビズに限らずいろんなサイトでこのようなシャツがあまりイケてないとか書いてます。この辺りも人の好みが入りますよね。まあ、正直言って別にイケてないとも思わないのですが、こういうシャツは。
といって、コレを着ればオシャレになるわけでもないでしょうけど、要するに本人が好きで着ているんなら、とやかく言うことも無いだろうと思います。

 

クールビズのややこしい面

仕事が出来ればいいんです仕事着は。もちろんオシャレであるにこしたことは無いかもしれないですが、しかしやたらオシャレを追い求めるのはナンセンス。

あなたが良いとおもっても、他人はそう思わない。オシャレは人それぞれの感性で創るものだから。もちろん万人ウケするものや、その時代ごとに受け入れられやすい着こなしはあると思うけれど。

 

そしてクールビズのややこしいところは、ビジネスにふさわしいか、相手に失礼にならないか、ビジネスマナーに反していないか、といったオシャレ以外の面が出てくることです。

 

着こなし的にはおかしくなくても、ビジネスとして良くないという見方が出てくるのです。その見方が正しいかどうかはともかくとして。

 

例えば半袖シャツ。これがスーツの本場ヨーロッパではありえないらしいですね。しかし、だから日本でも半袖シャツを着るのはマナー違反というのは意味不明すぎる意見でしょう。
日本の高温多湿に合わせて半袖シャツが登場したとかいう話もありますが、とにかく日本の夏に半袖を着て悪いわけがありません。その場所に応じた服装も出来ない人が、半袖はダメなどと言っていいはずがありませんよね。

 

そしてまた女性受けという面でも半袖ワイシャツはよろしくないようで。まあこれは、そんなものなのかもしれませんが、しかしこれも「長袖の方がカッコ良く見える」といった一部の意見を、さも全女性の意見のような書き方をしている可能性も大きいでしょう。別にどっちでもいいって意見も多数いるんじゃないかな。

 

一ついいますと、ダサい人は半袖着ても長袖着てもダサいですよ。カッコいい人は半袖にしたからって、別にモテなくなることはないですよ。女性ウケとモテるモテないは別ですよ。

 

モテるモテないと、カワイイ彼女が出来るかどうかも、また異なりますよ。

 

ネットの意見や回答に振り回されるな

結局、夏も長袖シャツで腕まくりをするならしてもいいんです。しかし夏用に半袖シャツを買っている人は、半袖シャツを着ればいいんです。よくわからない他人の意見に振り回されてはいけません。

仕事の成果も、女性にモテるのも、自分がしっかりしていないとうまくいかないでしょう。やたらマナー違反とか言ってる人も、どうせネットで仕入れた知識を振り回してるに過ぎませんし、その人自身が半袖シャツを着て快適に過ごしているかもしれないんですよ。

 

営業ならジャケットともネクタイもするのが当たり前、もちろん長袖シャツでしょ、って回答している人も、現実には半袖ノーネクタイで「クールビズですから」って言いながら、客先訪問してるかもしれません。いや多分そうでしょう。
ネットで偉そうに書き込んで満足してるだけなんですよ、そういった人たちは。


だから、まず言いたい。
クールビズなら、素直にクールビズしましょう。
ノージャケット、ノーネクタイ、半袖シャツにしましょう。

 

今はオシャレな半袖シャツがたくさん売られているじゃありませんか。ネット通販なら5枚で5千円台といったセット価格で売られているものもありましたよ。

 

半袖シャツはだらしないといった印象を持たれることがあります。それは多分袖が余っているようになり、締りがないのでしょう。しかし今時の半袖シャツなら、袖先に別布をつけてアクセントにしてみたり、袖を捲って着ることでカッコ良く着こなせるものも多いです。
ストライプ柄のものを積極的に多用するのもいいでしょう。


ただ、こうした襟とか袖とかのデザイン自体がイケてないとしているサイトもあるみたいです。まあ、ノームコアのシンプル志向という考えとはズレてるからかもしれませんが、これについても本当にダサいかどうかわかって言ってる人は少ないと考えますね。

 

大体ちょっと襟に色が入っただけでどうしてダサいんですか。ボタンホールに色がついていたら何故いきなりダサくなるんですか。もちろんオシャレになるとも言えませんが、ダサくなるとも言えない。ただ単に、「ああ、こんなデザインのシャツを着てるんだな」ぐらいのものですよ。変に人の服装気にし過ぎです。


クールビズ、カジュアルフライデーとの混同といった部分もあり、会社に着ていけるカジュアルファッション的なところを模索する動きもあったりします。

 

もう混沌とした世界。


だから素直に基本のスタイルでいきましょう。

ノージャケット、ノーネクタイ、半袖シャツ。間違いないスタイルです。

 

さて色々書いてきたら大分長くなってきましたので、一旦この辺で。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ