カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2016年から2017年のトレンド予測 服装の悩みが少なくなって、誰もが気軽に服を選べる嬉しい状況に

ファッションの2大トレンド ビッグシルエット ワイドパンツ

 

今、ファッションの流れはビッグシルエットとワイドパンツの方向に向いていますね。


ショップを見ても、ビッグシルエットに仕上げたTシャツやワイドパンツの展開が目につきます。ブランドやメーカーによってそのビッグの度合い、ワイド具合はそれぞれ異なりますが、全体としてサイズ感が大きめというのが一つのキーワードとなっているようです。

 

特にトップスに関しては、少し前までのタイトでありショート丈といったサイズ感がかなり影を潜めることとなっていて、腰にかかるくらいの着丈、余裕のある身幅といった商品でほぼ占められているようです。元々タイトでスリムなサイズ感を売りにしているブランドでさえ、今のトレンドに合わせて少し大きめのサイズにシフトしてきているようですね。

 

そしてワイドパンツとビッグシルエットのトレンドは、今後2017年にかけてもっと顕著なものになっていくようです。すでに2016年秋冬のコレクションが発表されている時期ですが、多くのブランドでオーバーサイズのコートなどが登場し、パンツにしてもよりワイドといったものが見られます。つまり今現在の太め、大きめといったサイズ感を、もっとはっきりと太く大きくしたような服がたくさん市場に出てくるのじゃないかと。

 

そうしたコレクション。今の時点で見る限りでは「あまりカッコ良くないなあ」って思う人が多いのじゃないでしょうか。あそこまでデカいサイズでダボッとしたシルエットはあまり見慣れていないのです。
しかし、今後ビッグ&ワイドが定着するにつれて、徐々に徐々に服を見る目が変化していきます。知らず知らずのうちに、ダボッとしたシルエットに慣らされていきます。自分自身が着用するのではなくとも、他人がデカ目のサイズを着ている姿を見た時に違和感を感じなくなっていくと思います。

 

 そしていつしか「大きめのコートを着てみたら自分もカッコ良く見えるだろうか」といった思考に移りゆくことになり、オーバーサイズのダボッとしたアイテムを購入することになっていくこともあるだろうと。

 

ただ、もちろんそんなデカすぎる服ばかりが市場に溢れるわけでもなく、またオーバーサイズでないとダサいとかいうのでもありません。あくまでファッションのトレンドの話であり、通常のサイズ感のアイテムは問題なく着ることができます。ていうか、流行りに乗ったオーバーサイズシルエットよりも、普通のスタンダードなシルエットの服装の方がはるかに多いでしょう。

 

サイズ選びが簡単でラクになる

ところでみなさん、服を買うときのサイズ選びについて悩むときってないですか。

 

ショップで試着した時に、例えばMサイズはピッタリでLサイズは大きすぎるといったハッキリした違いがあれば選びやすいのですが、MでもLでもどちらでもいけるといったときに、サイズ迷いますよね。ちょっとゆったりした感じにするのか、ジャストサイズで合わせてみるのか。

 

通販で服を買う場合はどうでしょう。当然ながら試着は出来ません。つまりサイズ選びについては、サイズ表を参考に予想と勘に頼るしかないですね。中にはZOZOなどのように返品可能なサービスもあるようですが、だからといって毎回余分に注文して面倒くさい返品手続きに行くのも出来れば避けたいもの。

 

これまでのトレンドはタイトでシャープなシルエットであったり、身体に合ったジャストサイズというのが一般的でした。なのでサイズ選びもシビアだったのです。

 

さて、しかしこのトレンドが変わってきました。


ビッグシルエットであったり、ワイドパンツであったり、服装のサイズ感が余裕を感じられるものになっています。そうなると、普通のTシャツ選びでも少し余裕のあるサイズ感で着ようかという意識が広まってくるでしょう。特にビッグシルエットのアイテムを買おうと考えていなくてもです。

 

そうです。通常サイズのカットソーを買うにしても、MサイズでもLサイズでもどちらでも合うならば、少しゆったり目にLサイズにしようか、と思う人が増えてくるでしょう。


定番の商品でも時代ごとにシルエットは微妙に変化しているという話を聞いたことはあるでしょう。タイトな時代は身幅も小さく肩まわりも細めに仕上げられていたものが、緩いシルエットの時代には身幅をあまり絞らずに肩まわりも余裕を持たせた形に変わります。

 

このようにビッグシルエット、ワイドパンツがファッションの流行になるにつれて、オシャレに特に興味がないよ、という人の服装も自然と余裕のあるサイズ感になっていくのです。オシャレな人も一般の人もみなさん全体に余裕のあるサイズ感になっていくことでしょう。

 

そうなると、通販でサイズ表を見て悩むことも少なくなるはず。迷ったら大きめを選んでおけば間違いないのです。何故なら、みんな大きめのサイズ感になっているから。時代がビッグ&ワイドだから。

 

そしてそれは、ショップでの試着でも、ネット通販の利用でも、服のサイズ選びがとても楽になることだといえますね。サイズ選びが楽になるということは、アイテム選びにも自由度が増えることになります。

 

Mならキツい、Lならデカい。ということで購入を諦めたアイテム。デザインは良かったんだけど。色使いが好みだったんだけど。そんなアイテムが誰しもあるのじゃないでしょうか。そんなアイテムも、今のトレンドならば気軽に手に入れることができるかもしれません。取りあえずLサイズにしておけば、大丈夫でしょう。

 

ファッション好き、服好きのみなさんにとって、今後通販を利用する機会はより増してくるでしょう。
ZOZOや楽天AMAZONなど、ファッションのネット通販はもう当たり前になってきましたし、有名人気ブランドのアイテムなどは、店舗で買おうとすれば徹夜でもしようかというほどの並びっぷりということもあり、ネットの争奪戦にかけるしかないといった場合もありますね。

そうした場合にネックとなっていたサイズ選び、この悩みがかなり緩和されるであろうというのが、2016年から2017年にかけてのファッショントレンドです。

 

購入時のサイズ選びの緩和は、普段の服装のサイズ感の自由度を高めることにも好い影響を与えることになるでしょう。それは着こなしの幅が拡がることにつながっていきます。これまでとは異なるファッションも楽しめるようになって、服好きにとっては嬉しい状況がやって来ますよ。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

  

カテゴリ