読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

様になる着こなしが出来ればいいんじゃないですか

サマになるのが一番

結局のところ"サマになる"格好が出来ればいいのです。サマになっていれば、ダサくもないしカッコつけているわけでもない、ごく自然で見栄えの良い印象を与えることが出来るのです。みなさんが求めているのも多分そんなファッションじゃないのかなと。


印象を良くしたい、モテたい、野暮ったくない服装も、サマになった格好が出来てこそだと思います。

 

では、"サマになる"にはどうすれば良いのか。簡単に言い切ってしまうと、フォーマルライクなアイテムを揃えましょうということです。フォーマルライク言い換えればスーツスタイル、つまりキッチリした印象につながるドレスライクなアイテムで全身を整えることから始めるのです。

 

ジャケットやスラックスというキッチリ系アイテムは、当然ですがきちんとした印象のあるアイテムです。服装はキチンとした格好が一番サマになりやすいのです。
ちゃんとした服装をしなければいけない場所には、大抵スーツを着用していきますよね。つまりスーツスタイルを構成するジャケット、スラックスはサマになれるアイテムです。

 

ところで、ファッションの悩みの一つに"似合うか似合わないか"ということがありますね。あるスタイルが、自分に合ってるかどうかの判断は、自分ではなかなか難しかったりします。
しかしスーツとか学校の制服が似合う似合わないって考えませんよね。そうです、スーツは誰が着ても似合うものなのです。スーツ似合わなかったら会社行けません、困ります。

スーツスタイルは様になり易い

 

このようにスーツスタイルは"サマになり易くて誰にでも似合う"ということで、ある意味とても便利なファッションスタイルなわけです。なので積極的にスーツスタイルを取り入れたり、その構成要素であるドレスライクなアイテムを使った着こなしを意識することが、"サマになる"ファッションの実現に役立つと考えます。

 

しかし、いくらスーツスタイルが誰でも似合うからと言って、仕事に行くときと同じようなスーツそのものの姿で出歩くというのはちょっと違うという感じがします。シチュエーションによってはそれでも問題ない事もあるでしょうけど、大抵の場合は仕事帰りに見られたりしますし、それにも増して楽しくないですよね。

 

街着のメンズファッションでサマに見せるには、スーツスタイルを着崩した格好か、もしくはジャケット・スラックスなどそれぞれを単体で使った着こなしをすることが大切です。

 

そこでセットアップを

そのためにまず、普段着用のセットアップを手に入れましょう。ビジネススーツではなく、ファッションブランドの作るセットアップスーツです。「ビジネスでも使えます」とか「オンオフ兼用OK」てな文句とともに展開されていたりしますが、一応普段着でも使えるかどうか、上下単体で使うこともできるかどうかを確認してからの購入がおススメです。


ところで、「スーツ」と「セットアップ」の違いを簡単に記しておきますと、

スーツとは、ジャケットとパンツが同じ生地で作られたものであり、上下セットで販売されているもの。
セットアップとは、こちらも同じ生地で作られているものの、上下別々に買うことが出来るもの。それぞれカジュアル用途として単体で着ることも想定しているため、ジャケットの着丈は少し短めだったりする。上下でサイズを変えられるので、上は大きめ下は細めなんてことも可能。

ということになります。

 

スウェットパーカでセットアップを着崩す

サマになる着こなし

さて、そんなセットアップを使ってサマになるために、上下スーツスタイルで使って着崩す場合、単体で使う場合、それぞれについて考えてみましょう。

 

まず、スーツスタイルを着崩すとは、スーツであればインナーはシャツにネクタイとなるところを、カットソーやニットなどで合わるといった具合に、中に着るものや靴などをカジュアルなものにして、スーツ本来の姿からカジュアルダウンさせることですね。

 

これの良いところは、上下はセットアップで決まっているので、コーデは粗方整っていることです。当たり前ですがトップス、ボトムスの組み合わせを考えなくていいので、後はインナーと靴だけを選べばよいのですから、コーデが大分簡単になりますね。
慣れてくれば、インナーと靴で"いかにして遊ぶか"ってところを楽しみながら、コーデのバリエーションを増やしていけるでしょう。

 

スウェットパーカを使ってみるとか、インナーの着丈をジャケットより長くしてみるとか、アイデアはいろいろ浮かぶと思います。あえてドレスなシャツを入れてビジネススタイルっぽい印象になるところをスニーカーで外すといった手法も定番ですね。


そして、このような自由な着方をしてみても、セットアップのジャケットとスラックスが固定されているために、それなりに見えてくれるのです。手軽にサマになれるのがスーツスタイル着崩し"の良いところですね。

 

次に単体で使う場合を考えてみましょう。これはテーラードジャケットを着るなら下はジーンズを穿いてみたり、スラックスを使うならトップスにMA-1を合わせてみる、といった風に、カジュアルアイテムとの組み合わせでコーデを作るということです。


つまりカジュアルなアイテムとスーツスタイルとのミックスですね。上のカジュアルダウン、着崩しも、カジュアルなインナーやスニーカーとのミックスだと言えますが、単体で使う場合の方がより積極的なミックスコーデになりますね。

カジュアルなトップスもスラックスで引き締める

  単体で使うコーデは、テーラードジャケットかスラックスのどちらかしか使っていませんから仕事着を連想させる要素は激減し、しかしながらキッチリした雰囲気がコーデの中にあるという感覚があります。このキッチリした部分がコーデを引き締め、サマになっている風に見せてくれるのです。

 

オシャレ、お洒落って、化粧や服装などの身なりに気を配ったり、美しく装ったりすることであり、洗練された、垢ぬけていることと同じような意味合いで使われる言葉でもあることから、サマになっているという表現とも非常に近いですね。

そういう意味でもスーツスタイルを含んだスタイルこそが、お洒落な服装と呼ばれるに相応しいものであると言えるでしょう。


近頃はダウンジャケットやストリートファッションに対しても「オシャレ」という形容が当たり前に使われますが、本来そのようなファッションに対して「オシャレ」と表現することは似つかわしくないものだと思うのですが。

話が逸れかけました。

 

サマになる着こなしを作るために取り入れたいフォーマルライクなキッチリ系アイテムですが、セットアップの他にも白シャツ、ハイゲージニット、革靴、チェスターコート、ステンカラーコートなどといった、要するにビジネスでも使えるような種類のアイテムがその範疇に含まれると考えていただいて良いでしょう。

 

今回はセットアップを取り入れる話が主になりましたが、他のキッチリ系アイテムもカジュアルなものとミックスさせることで"サマになる普段着スタイル"の実現が可能になってきます。みなさんそれぞれに、ご自身に合った取り入れ方を工夫していただければと思います。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

"サマになる"着こなしについて語りました。

 

フォーマルライクなものとカジュアルなものとのミックス、それはクールさと親しみやすさとを上手にコーデの中に取り入れることでもありますね。そのバランスのとり方によって、同じ"サマになる"着こなしであってもそれぞれ印象が異なるものが出来上がるでしょう。

好みによっていろいろ試していただければと思います。

 

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事 

 

 

カテゴリ