カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

残念ロングカーディガン

何かと便利なロング丈

この前、ネイビーシャツと濃いベージュのパンツの合わせをよく見かけると書きましたが、同じく今、よく見かけるのがロングカーディガン姿なのです。

 

カーディガンというと、近頃大学生ファッションでもカーディガンが多いと聞きますし、服装にきちんとした印象を加えてくれそうなところがウケてるのでしょうか。

そしてそのカーディガンをロング丈にすることで、コートのような雰囲気も加えられて、コーディネートがちょっといい感じになるんですよね。ていうか、なりそうに思うんですよね。コートとカーデでコーディガンという言い方を聞いたこともありますが、ロングカーディガンという呼び方が一般的なのかな。

とにかく、これ1枚サッと羽織るだけでコーデが決まるという便利なアイテムという位置付けなのがロングカーディガンなのです。

ドレープのきいたロングカーディガンでスタイリッシュに

そんなロングカーディガン、どちらかといえばメンズよりもレディースで圧倒的に多く見かけるのですが、女性のファッションの間で今流行中らしいですね。さらに、ここ数日は特に見かける頻度が増えてきまして、これから夏に向けてTシャツの上から羽織るコーデや冷房対策などで活躍するんでしょうね。

 

レディースのロング丈といえば、チェックシャツのロング丈が記憶に新しいところですが、もうブームは去ったみたいでほとんど見かけなくなりました。ただ、一部のオシャレさんにはまだまだ愛用されてるみたいです。やはり流行に乗って着ている人と、今現在も着ている人とでは、着こなし違いますねぇ。

 

 ロング丈に頼るな

で、よく見かけるロングカーディガンなのですが、これのメリットといえば先ほどチラっと触れましたようにコーデを格上げしてくれるところの他に、体型を隠してくれる、縦長に面積があるのでシルエットも簡単に整うといったところでしょうか。

 

しかし最後のシルエットが簡単に整う、というところが実は落とし穴なんです。

 

確かに縦に長いコートのようなロングカーディガン、中に何を着ても着なくても上から羽織ればシルエットは自然と決まることになるでしょう。でも、それが整うといえる状態にあるかどうかはまた別の話。

 

よく見るのが、上からズドンと寸胴のようなシルエットで歩いている人なんです。グレーのロングカーディガン、抑揚もなくファッションというより筒、布ではなく紙を筒状にして土管を纏うみたいな。

確かに体型は隠れるでしょう。しかしその代わりに円柱のような形状で街を移動する光景があちらこちらに。体型を隠そうと思ってやった結果が、もっとひどいズドーンシルエットになってしまった。アアッ! ロングカーディガン、残念!!

 

多分体型が隠れる、ロング丈でシルエットも簡単、という部分に頼り過ぎているのではないかと。羽織れば確かに全ては隠れる、後はロングカーディガンのシルエット通りに事は運ぶはず。では、そのロングカーディガンのシルエットを信頼していいんですか?ってことです。いや、信頼してというのもちょっと違うかもしれませんね。他に適当な言い方としては、ロングカーディガン任せにし過ぎてはいないでしょうか、ですかね。 

・・・・・・

そうです、ロングカーディガンは体型を隠すとありますが、体型を良くするとはどこにも書いてないんですよね。そして例えば太っている人がロングカーディガンを着るとそのまま太った雰囲気が出るんですよね。ただ、着ている本人が「隠れている」と思い込むことが出来るので、軽い安心感のようなものが得られますよ、ってところでしょうか。

 

ロングカーディガンを着用したら、ウエストの位置あたりにベルトを巻いたり、バッグやアクセサリーなどでどこかにポイントを作るのです。手持ちのバッグよりはショルダーバッグの方がシルエットにも波が生まれて良いかもですし、ドレープ感をわざと持たせたロングカーデならもっと便利にシルエットがこなれます。

 ロングカーディガン選び

ロングカーディガンにも色々あるでしょう。細身に作られたもの、素材にこだわったもの、体の線に沿うように考えられたもの、とにかく長いもの。

ロングカーディガンを選ぶ際は、細身のものを選びたいですね。体に沿ったタイトなものがおすすめです。体型隠しを気にし過ぎると、身幅が広くなるような、ゆるいもっさりしたシルエットになるものを選びがちになるので気をつけたいものです。

 

とにかく長い丈の服を着たらスタイリッシュになるわけではありません。スタイリッシュに着こなすことが求められます。また、スタイリッシュな着こなしが出来そうな素材やデザイン、造りなどにもこだわりたいもの。ロングカーディガンは名前の通りロングなので面積が大きいのです。そこが安っぽければ当然全体に安っぽさが漂うんです。

 

そしてロングカーディガンを着た後ろ姿にも着目をしたいところ。商品着画にしても前から見ると着こなしが伝わりますが、後ろからの画像がどうも残念なことに。実際街を歩くときには後ろからもたくさんの人が見ているわけで、そこでの映り具合も抜かりなく。

長すぎない丈でメリハリコーデ

先ほどロングカーディガンは細身のものがオススメと書きましたが、それでしっくりこない場合はわざとビッグなシルエットで丈が短めのものを選ぶのも手です。これに細身のパンツを合わせてメリハリをつける着こなし方で、全体にまとまったコーデに整えられるのです。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 ということで、ただ着るだけではなく、どう着ていくかが問われるロングカーディガン。メンズ・レディースどちらも共に、上手に使って格上げコーデを楽しもうじゃありませんか。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ