カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

自転車に乗るためのファッション 4周目

自転車ファッションは動きやすくて、汗をかいても平気で、オシャレでカッコよくて・・・。

いろいろと要求が多くなるのはサイクリングファッションならでは。

 

そんなサイクル愛好者に向けて、カラブロ2でも自転車ファッションについて何度かとりあげてきましたが、如何せん種類が少ない。サイクリストに向けた提案がメインのファッションブランドというのは数が少ないのです。

 

だからもう少し視野を広げて自転車に特化していない、特に自転車を意識していないブランドの中で、私たち自転車乗りの目的に沿った製品を見つけていくことも重要な課題。

 

そこで動きやすい服、アウトドアを志向した服、といったサイクルライフにも流用出来るテイストを持った服を見つけた時点でメモ代わりに記録しておきたい。たまに見返してあんなブランドがあったなと思い出せるように。

 

rin project(リン プロジェクト)

と言いつつ、いきなり自転車意識のブランドが登場しますが。

しかしこちらのrin project(リン プロジェクト)、世界最大級の最新ファッションが探せるサイトにも登場していることで、ファッションアイテムとしても使える雰囲気ムンムン。

 

 

バーバリーカルバンクラインアーペーセーなどと言った名前の中に突如現れるrin project(リン プロジェクト)、そう、自転車ウェアとしてだけでなくそのまま普段の生活に着用できるデザインも考えられて、さらに主張しすぎないさりげないオシャレ。自転車と楽しむ旅と暮らし、リンプロジェクトのテーマは自転車を降りてからも使いやすいアイテムであること。だから動きやすいパンツが欲しいなんて時には、検討されることをオススメしたい。

pic via tokyolife

動きやすさもそうですが、見た目の自然さと、履き心地の良さもrin project(リン プロジェクト)の製品の特徴。 

 

pic via tokyolife

こちら定番のストレッチ抜群のサイクルショーツ。rin project(リン プロジェクト)を代表するアイテムの一つとして夏場の自転車ライフを強力にサポート。

ていうか、もうスタイリッシュな普段着アイテムとして、自転車に関係なく使い倒したい一着ですね。 

alk phenix( アルク フェニックス)

 アウトドアブランドPhenix(フェニックス)の新しいラインとして2015年より登場したのがalk phenix( アルク フェニックス)。ブランドネームのalkは歩く、つまり歩くための機能服。

 

地球で生きてる私たち。毎日必ず歩きます。歩くことをもっと快適にすれば、日常生活が楽しくなるじゃない。歩きたくなるじゃない。

 

歩くのもスポーツ。遊ぶのも仕事。スポーツのための機能服があるのなら、スポーツのうちの一つである「歩く」ための機能服もあっていい。

そして「わざわざ歩くための服」を作るのだから、見た目野暮ったくては意味がありませんよね。そこでシンプル、スッキリ、スタイリッシュなイメージでありながら、しっかり機能は持ってますよという雰囲気も感じさせてくれる絶妙なデザインは、あのTEATORA(テアトラ)のデザイナーを統括ディレクターに迎えた納得の仕上がりに。

 

つまりデザイン性も機能性も言うことなしということで、これって私たちがサイクリングウェアに求めるものと一緒ですよね。

 

だ・か・ら、都市生活者のアーバンサイクルクルージングを強力にサポートしてくれるalk phenix( アルク フェニックス)。

耐久、撥水、ストレッチ。チャリ乗りが求める機能はもれなく網羅。さらにベンチレーション、再帰反射即ちリフレクティブ素材、収納ポケットも考慮された、まさに自転車乗りのための服。

 

オススメアイテムも、パーカ、パンツ、シャツと各方面に渡ってスタンバイ。有名ブランドが気合い入れてきたスタイリッシュ路線は、アパレルショップでも人気みたいで、オシャレな自転車乗りを目指すあなた必見のブランドですよ。

 

pic via velista

 収納力抜群のコートであり、コート自体もクルクルッと丸めて収納できちゃうという、まさにTEATORA(テアトラ)仕込みの憎いヤツ。見た目は製品染め加工の雰囲気でシックにそしてオシャレっぽく、歩きもチャリも手を抜かない欲張りなあなたにピッタリ。

 

pic via rakuten

こちらも機能満載のalk phenix( アルク フェニックス)のコート。見た目はスポーツ・アウトドアなテイストも感じられるものの、しっかりとアーバンな空気感も同居させているのが良いですね。

 

だからこそ、ただ歩くだけじゃもったいない。自慢のピストでクロスでママチャリで。都市空間を優雅に浮遊するかのごとく、自由自在にオシャレを振りまいてタウンユースを極めていただきたい。

CHROME(クローム)

 CHROME(クローム)といえば丈夫で使いやすいメッセンジャーバッグがあまりにも有名で、しばらくはバッグのみの展開だったので未だにバッグのブランドというイメージを持たれがちですが、ここのところウェア類も注目なのです。

 

そのデザインはまさにアーバンな薫り満載、マットな風合いで渋さ満開。もちろん機能面でも高い次元で搭載されており、ファッション的にもギア的にも申し分のない内容となっております。

というところで、御多分にもれずこちらのウェア類も街に溶け込むデザインとなっており、タウンユースにも適したアイテム揃い、デイリーユースしていただきたい自転車ウェアとなっているのです。

 

さらにこのCHROME(クローム)のウェアですが、Tシャツなどはストリートライクなデザインで自転車乗りでなくても、いやむしろ自転車に興味ない人ほどいつもと違うカッコいいデザインのTシャツとしてオススメしたいもの。Tシャツの他にもコーチジャケットにデニムチョアコートといった、自転車とは直接関係なさそうなアイテムも展開があり、そのどれもがカッコ良い、さすがCHROME(クローム)男前!!

 

なんだか興奮してまいりましたが、アーバン、アウトドア、スタイリッシュに駆け抜ける自分の姿を想像してスポーツサイクルを手にした気持ちを忘れてはならない、思い出したい、だからこそウェアもスタイリッシュな元気の出るアイテムを選びたい。

pic via tokyolife

CHROME(クローム)の顔とも言える防水仕様のウインドブレーカー、STORM COBRA

シャープなスタイリングはまさにこのブランドならでは。アーバンな見た目に憧れるなら、無視できない逸品ですね。

 

pic via pinterest

何気ない一瞬もなんだか絵になる、それがCHROME(クローム)。

 

pic via chrome

どこにでも行ける。何にでもなれる。それがCHROME(クローム)魂。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

Urban Cycling

 

自転車好きって、スタイリッシュな自分が好きなんですよね。だから自転車にこだわるのと同じぐらいウェアにもこだわります。

 

車じゃないですから。全身見られますから。

自転車は、人と自転車がセットで、カッコ良いかどうかが決まるもの。

 

だから、カッコいい自転車を買ったら、オシャレな服も用意しなくちゃならない宿命。

自転車とウェアは切っても切り離せない永遠の運命共同体なんですね。

 

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ