カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

もうグチャグチャUNIQLO Uゆー ユニクロユー えっ!?どうして?本当に売る気あるの???

今年もやって来ましたUNIQLO祭りUNIQLOUゆー。過度な期待は禁物だけど、なぜか楽しみなUNIQLOルメールコラボレーション。みんなファッションにワクワクドキドキしたいんです。

10月6日ユニクロユー本格展開、一部先行発売はあったものの、本日からドドンとメインアイテムの登場。

 

そんな発売開始当日、仕事中もユニクロユーが気になってそわそわ落ち着かない1日を過ごした皆さんが集まる夕刻、私も行ってまいりましたユニクロゆーユー売り場。以前のユニクロルメールの時のような、そしてユニクロUになりたての頃のような混雑はみられず。といってもそこそこの人出はありましたが。

 

で、まずは以前の記事でも書きました今回の注目No. 1アイテムであるブロックテックモッズコートを試着しようと。遅い時間に行ったので売り切れてしまってるかもと思ってたのですが、意外とたくさん残ってます。早速試着してみたのですが、身幅が広い。Mサイズを着たので、Sサイズを試して見ると多少は身幅マシになったものの、今度は袖が短い。

 

うーん、これはちょっとシルエット的にきついですね。どんな人を対象にしたのか、それとも流行りのビッグシルエットを考えたのか。しかしボワンとだらしなく広がるシルエットではビッグにもワイドにもならずただデカイだけ。さらに生地がペッラペラ。

ユニクロが誇る機能素材であるブロックテック。これがこんなにペラくて良いのだろうか。

いやこれぐらいの薄さで十分性能発揮できるんですよ、ということなのか。しかし1万超える商品でこのペラさはないだろうと。嘘でも少し分厚目にして質感を伴うようにしなければ。

 

モッズコートが大ハズレで、一気に興味が失せちゃった感はあるものの、せっかくだからと他も見る。

 

ステンカラータイプのブロックテック。まあこんなもんね。でもこれも税込で1万超えるんですよ。

 

ウールブレンドチェスターコート。こちら12900円プラス税。そんな値段でありながら、昨年と同じく裏地がないタイプ。

 

ウールブレンドジャケットにジップアップブルゾン。意外と良いかもと思わせてくれるんじゃないか、という期待も虚しく、全くなんだこれ状態。

 

いやもうこれは、アウター全滅だね。

 

それを象徴するかのように、モッズコート多分試着した人が絶望のあまり意識朦朧となっていたのか、ハンガーにかけずそのままラックに引っ掛けて帰ったみたいな雑~な状態で・・・・・

 

ああ、ちょっと何書いてるかわからない、わからないけどとにかくメモしとこう。

 

結局ユニクロなんですよね。ジップアップブルゾンにしても7000円もしながら、7000円の値打ちは全くないという、ジッパーのあたりとか昔のユニクロに感じた、ユニクロだからしゃーない感が満載。何がしゃーないかは試着してのお楽しみ。

 

それと感じたのがワイド疲れ。

みなさんワイドパンツに疲れてませんか。

 

だってワイドパンツがトレンドと言われて大分経ちますが結局未だに街中でほとんど見ない。ワイドパンツを履いている人はほとんど見ない。ユニクロゆーユーだって、これまでもワイドパンツ出してますけど、買った人も少なからずおられるでしょうけど、多分ほとんど履いてないでしょ。

メモメモ

 

今回UNIQLOユーはワイドパンツばかり出してますけど、結局いらないものをいくら出されてもってところじゃないでしょうか、って予想をしてみる。

 

余ってるんですよ。ブロックテックを始めとするアウター、パンツ。じゃあ何が売れてそうかというと、カットソーとニット。まあこれも特に変じゃないから買ってみるか的な?

 

シャツもありましたね。ヘビーネルはしかし、あまりなんとも・・・

オックスフォードは意外と良いかもしれませんが、あえて買わず。

 

  • メモメモメモ

今回のUNIQLOユー 素朴な疑問で、これが売れると思って作ったのだろうか?

本当に自信を持ってリリースしたのだろうか?

 

わからない。メモ。

 

色別に分けたディスプレイ。UNIQLOルメールの世界観を演出そしてアピール。そんな消費者に訴えかけるものが今回何もない。

ただ惰性?

わからない UNIQLOユーゆーわからない。

 

わからないとりあえずメモ

スポンサードリンク

?

 関連記事

 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ