カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

ワイドパンツを一般化させろって無理なのよ

ワイドといっても程度があります。太すぎるワイドに適度なワイド。ちょい広なワイドにワイドのようなワイド。”ワイドのような”っていうのはワタリに余裕を持たせて他は普通のサイズ感だけど、今がワイドパンツトレンドだということもあり「ワイド」という単語をどこかに匂わせるという販売。

 

ワイドパンツトレンドって実は実際に穿くトレンドじゃなくて、店が売るトレンド?

 

ワイドパンツってそもそもストリートやミリタリーアイテムの中で普通に見られるものであって、キレイ目だとかドレスカジュアルといったファッションにおいては素直に用いられるものではなかったはずなんです。一部ブランドの中にはワイドなシルエットを特徴として展開し、独自のスタイルを提案するところもありますが、それはそのブランドのファンが好んですることであり、そのことと昨今のワイドパンツトレンドとは異なる話。

 

一般的に、ワイドパンツがトレンドでなければ見向きもしない層がかなりの割合を占めるでしょう。当然と言えば当然ですが。そしてWEARなどにもワイドパンツを使ったコーデがわんさか投稿されていますが、この人たちが全員元々ワイドパンツが好きで穿いてるという訳ではありませんね。オシャレなアイテムという認識が世間一般に広まっているから使っているだけで、この太いシルエットが本当にオシャレなのかどうかは誰にもわかっていません。

 

お洒落に見られたいと思っていないとこんな格好はしない

pic via zozotown

 

ワイドパンツがトレンドと叫ばれて2年は経とうかというこの時期になってさえも、外を歩いていてワイドパンツを穿く人の姿をどれだけ見るでしょうか。歩く場所にもよるとは思いますが、オシャレな店の集まるエリアとかでない限り、ターミナルとか賑やかなところでも一人も見かけないこともよくありますよね。

 

 

ワイドパンツってやはり主張の強いパンツです。通常そこまで太くする必要がないわけですから。そして自然に見せることも難しい。メンズファッションにおいてオシャレに大事な要素は自然なこと。わざと華やかに「オシャレでしょ?」ってやるのはレディースファッションでは普通にあっても、男性の場合はまだまだ違和感を与えてしまいがち。

ところがワイドパンツを使った時点で、それはもう「オシャレ目的」でしかあり得ないわけですから、他人から見て。

 

ただこれにも例外があって、例えばミリタリーパンツなどでドカンと太いシルエットありますね。M-65パンツだったかM-51パンツだったか忘れましたが、そのようなネーミングで野太いパンツが以前の細身スキニー流行りの時期でも堂々と店頭に並んでいましたが。ああいったいかにも「これは元々太くて当たり前」といった見方のできるボトムスならばワイドなシルエットでも違和感はほとんど発生しないでしょう。

 

しかし例えばワイドスラックス。これなんかはもうワイドにする必要ないわけですから。完全にワイドトレンドだから作りましたアイテム。

 

ゆったりしたサイズ感だけれども、スラックス仕様なのでキレイ目なスタイルにも合わせやすいですとか、スッキリと上品な見た目だといった常套文句が商品説明に並びます。スラックスなので落ち感があり太すぎない印象ですとか、ドレープが出て何たらとか。

しかしそれらはあくまでネガティブ要素を打ち消すだけの言葉。ではワイドスラックスの魅力は?、ワイドスラックスでどのようなオシャレが叶うの? となりますと、せいぜいが’インパクトある見た目になります”ぐらいのメリットだかなんだかわからない返答が待っているぐらいでしょうか。他には、地味なコーデから脱却可能とかいう、これもネガティブ要素を打ち消す方策にすぎない言葉ですね。

 

そう、一般的なカジュアルファッションにおいて、ワイドパンツは「ワザと太いのを選んで穿いてますよ」というアピール以外に目的はないのです。私オシャレしてるんです、とわかってもらうためのワイドパンツ。

だからこそ服好きファッション好き以外の人は、流行りと言われて買っては見たもののそのままタンスの肥やしとしてしまうケースがほとんどなんです。

ただ、一部の服マニアやWEARISTAウェアリスタとか、最近なぜか洋服に強くなったと思い始めた方々なんかが、こぞって着画をネットに上げるぐらいで、それ以外に使い道がほぼ無いのがワイドパンツだといっても過言でないのかも。

 

太くても自然に見えるゴリラカットパンツ

pic via wear

 

ヨウジヤマモトが好きな人とかベンデイビスのゴリラカットなどワイドが自然に見える服装は、トレンドに関係なく前々からワイドシルエットだったから成り立つものなのです。いきなり取ってつけたようなワイドパンツやワイドスラックスコーデに、ナチュラルさは微塵もありません。

 

そのようなワイドパンツはやはり穿く人を選ぶパンツなのだろうと。特にワイドスラックスなんてものは、穿きこなしにセンスが問われる率かなり高め。つまり、ワイドスラックスを穿いただけでオシャレになれるなんてのは大間違いなんですね。

つまり何が言いたいかと言いますと、オシャレ初心者が手っ取り早くオシャレになろうとしてワイドスラックスを用いた場合、待っているのは自己満足のみで、周囲は誰もオシャレと見ていないってことなんです。

 

結局、細身のパンツでも単なるストレートパンツでもカッコよく穿きこなせて初めてワイドパンツをオシャレにコーデできるということ。その意味でワイドパンツが一般化したとか定番になったというのはただの戯言と捉えられても文句は言えない。

ワイドパンツ、ワイドスラックスを穿いた姿がお洒落に見えるには、ある程度のセンスを身につける必要があるんだということですね。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

 ワイドパンツについて近頃ふと思ったことを今回綴りました。もちろんワイドパンツを否定しているわけではなく、安易にお洒落になれるアイテムという認識は違うだろうということで。

 

だからこそ私たちそれぞれがセンスを磨き、ワイドパンツならではのカッコいいコーデをたくさん生み出せれば良いですね。それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

 

 

color2.hatenablog.com

カテゴリ