カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

フード付きの服を2枚重ねて着るのはアリかナシか

みなさん、スウェットパーカの上にフード付きアウターを着ることってありますか?

例えばスウェットパーカの上にモッズコート、スウェットパーカの上にマウンテンパーカと行った具合。

 

普段、私の周りでフードを2枚重ねて着用している人など一人も見ないですし、過去そのような着方をしているのを見たことはたった一人。そしてその一人にしても、下に着た方のフードは背中に隠していましたから、実際にフードを二つ背中に垂らして歩いているのを見たことは皆無と言っていいでしょう。

 

フードを2枚重ねて、もしくは重ねなくともとにかくフードが二つ背中にあるってのはダサいんじゃないのかと。これは誰に言われたことでもなく、私の場合は勝手に思い込んでいるみたいなんですが。

 

で、ちょっと気になって調べてみたら、同じようなことを考えている人は沢山いるみたい。質問掲示板などにも、

「フードがついた服2枚重ねて着るのは変ですか?」

「フード付きのアウターの下にパーカーなどは着たら変ですよね?」

などという内容の質問が多数みられます。

 

ただ、その質問に対する回答が、

「変だと思います」というものと、

「別にダサくないと思います」というものと、

意見が分かれていますね。

 

分かれていると行っても圧倒的に「変だと思う」という意見の方が多いのですが。これには数年前の嵐のテレビ番組の影響もあるという情報もありますが、その情報が書かれてからも時が経っておりますし、別に嵐番組がどうこうというわけではなく古来伝統的にダブルパーカーはナシなのじゃ無いかと。あっ思わずダブルパーカーと書きましたが、これはその嵐の櫻井翔氏が披露したフードonフードを番組内でダブルパーカーという呼称で盛り上がり、それが一般層にまで呼び方が定着したという話もまたフード重ねには付いて回ることとなっておるようです。

 

そしてまた「ダサくないと思う」「アリなんじゃないですか」という肯定的な意見の人も「私はやりませんが」という一言が付け加えられていることが多く、実際にやってるという人はほんの少数にすぎません。

これを見ると、やはりフーディアイテム同士の重ね着は避けた方が賢明なようですが。

 

しかし少数でもやってる人がいるということは、つまり現実にフードonフード、もしくはダブルパーカー、ダブルフードな着こなしの人がいるということであり、「絶対にやめた方がいい」とまでは言えないのかもしれません。

ちなみに実際にフード2枚重ねをどうやってるかというと、スウェットパーカのフードを被り、その上からアウターのフードを被せて、一体化させてから背中に垂らすらしいです。内側になるフードが外のフードの裏地に見えるのが自然でいいとかなんとか。しかし似たような素材で重ねると裏地に見えないからナンタラカンタラ。さらに同系色はダサいとか、違う色で重ねた方が良いとか云々・・・。

同系色で重ねた方が、一体化して良さげだと思うんですがどうなんでしょうか。

 

まあどちらにしても、ダブルフードを実践しているのは全体の割合からすればごく僅か。周りで誰もやっていないと、いくら「おかしくはないはず」と思っていても躊躇してしまうものですよね。

 

ところがです、普通そんなに躊躇うものならやろうとしないものなのですが、このダブルフードだけは中々そういうわけにはいかない。なぜなら、手持ちのアイテムにフード付きのものが多いからです。これは多分たくさんの方が同じ思いをしているのじゃないでしょうか。

 

なんなら気に入った服が皆フード付き、なんて人もいるかも。別にフードがなくてもいいのに、出来ればフーディじゃないアイテムが欲しいのに。コーデを考えたら絶対フード無しじゃないといけない時に限って、めっさ惹かれるパーカ出現。

 

フード付きのコートやマウンテンパーカのインナーに何を着ればいいか悩むんですよね。スウェットパーカぐらいの厚さの服が適切なことって多いんです。だけどスウェットパーカだとフードがあるから着にくいんです。

 

フードのないスウェットジャケットのようなものがあれば一番いいんです。暑い時はジップで前を開けることのできるようなタイプのスウェットジャケット。フードがないから重ね着にも困らない。しかしこういうのが売ってないんです。本当にたまに見かけるぐらい。結構需要ありそうなんですけどね。どうなんでしょうか。

 

さて、ここで豆知識。パーカは英語でなんと言うでしょうか? 答えはhooded sweatshirt、もしくはhoodieですね。hoodyでもいいかも。パーカだからparkaかなと思いがちですが、parkaの場合英語ではエスキモーが着るようなフード付きジャケットやら、スポーツテイストのアノラックを意味するようで、同じフード付き衣類を指す言葉ではありますが意味が少し異なってくるようです。

 

ということで、なかなか難しいダブルフード問題。

私今日も古着で雰囲気のいいアウター見つけちゃいました。しかしこれがやはりフーディなんです。いやもう今年結構パーカとか買っちゃってるんでいい加減フード無しのが欲しいし、今日はそもそもフードのないボアジャケなど見てたんですけど、こんな時に限ってこの生地いいやんって服がフーディアイテムなんですね。

 

しばらく迷いましたが結局今回は見送り。やはりフードが二つあるのはどうも馴染めそうにありませんね。

 

ああ、しかし今ファッションといえばラッパーの人たち。HIPHOPがどんどんイケてる時代となってきて、ロックよりもメジャー感が出てきています。そしてヒップホップといえば独創性、豊富なアイデア。既存の概念にとらわれない姿勢が、フードonフードの認識も一変させてくれるかもしれません。

 

ラッパーといえばフーディ、パーカというイメージもありますし、なんやかやでフードが二つになることもあるでしょう。そこに持ってきて、今やファッショニスタといえばHIPHOPアーティストばかりじゃないですか。カニエ・ウエストにエイサップ・ロッキーなどよく名前が出てきますし、他にもトラヴィス・スコットや新世代のラッパー達も控えています。その中には多分、フードの数なんて気にしない人が多数出てくるでしょう。

 

ファッショニスタのダブルフード、それはやがてダブルパーカーはダサくない時代への突入となるのでしょうか。

そんなことを考えていたら、こんなサイトを見つけました。

スペースシャワーTV | レコメンドアーティスト - The Girl On A Board feat.H.TEFRON / SALU

このSALUという人もラッパーなんですね。サイト内の写真はフードアイテム重ね着ですが、写真で見る限りは変じゃないですよね。うん、フードの形状、大きさによってはダブルフードいけるかもしれません。

 

ということで、イケるのか、イケてないのか、イケるようになるのかならないのか、皆さん今年のフードは何枚でいきますか?

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ