カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン の2018年春夏が熱い

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN の2018年はちょっと違いますよ皆さん。

いやコム デ ギャルソンといえばいつでもちょっと違うのかもしれないが、違うからといってあまり見向きもしなかった皆さんも、思わず振り返るリーバイスロゴ、そしてカーハート。

 

  

そうもちろんコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN、これまでも数々のブランドとのコラボがあったでしょうけど、そして過去にもコラボはあったかもしれないが、過去は過去、今は今。

2018年のコレクションを語る、カーハートとリーバイスが踊る。より広い層にアピールするべきか。

 

 

何だか着たいカーハートのジャケット、しかし90000円!もちろんコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンそれぐらいはしますわな。オシャレ、オシャレ、ワークでオシャレ。

 

別にオシャレする気なんかないよ、ただ好きなカーハートを着てるんだよ。通用しません。コムデギャルソンを着るということは、オシャレ目的以外に考えられない。違いますか。そうでしょうか、そうでしょう。

 

なんとなく気に入ったから、という理由でCOMME des GARCONS の店に行ってみたとしても、どこかギミックが施された服を何の目的もなくただ着ているというのは考えられず。リーバイスも色々装飾があしらわれた、単なるTシャツに見えたアイテムもどこか変化があるのだろうか。

 

まあこの2018年の春夏に登場したワークブランドということのメモなんですが。

 

あとノースフェイスとカリマーですね。バックパックと一体になったスポーツブルゾンらしいのです。これがどれぐらいオシャレなのかと言いますと、と書きながらそんなことはわからない。

着る人によるのだろうと思うんです。たまたま見た雑誌にこのコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンのバックパック一体型ブルゾンが登場していたのですが、そこに載ってる着こなしはカッコ良く見えました。

 

でもそれは服がかっこいいんじゃないんですよね。着る人がカッコ良く、そして格好良いように着ているから良く見えるんです。普通のおっさんが着たら、やはりおっさんのままなんです。だからコムデギャルソンを着たらおしゃれになるって単純に考えるのは早計なのかもなんです。

 

なんとなく気になりながら、なんとなくどっちでも良くて、付かず離れずいい感じ。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MANのワークウェア、誰が着るんでしょうか、買うんでしょうか、売れるんでしょうね。でも買ったら外で着るんでしょうか。タンスの肥やしにならないんでしょうか。

 

なぜこんなことを書くかと言いますと、ノームコアの時代はモノトーンでスキニーでマシな服装に見えてくれました。だから誰もがオシャレになったと勘違いしてもおかしくない時代だったのです。そんな時代が続いてくれれば苦労はしないんですが、今また混沌としています。単純な、シンプルな服装をオシャレだとは思わなくなって着ましたよね。当たり前というか、着ていても面白くないというか。

 

でも、だからと言ってオシャレ目指しますという服装になるかというとそうではなく、無難なところに落ち着くんです。冒険しないんです。ノームコアは冒険しなくてもマシに見えたんです。そこに縋るというわけじゃないかもですが、やっぱり冒険はしたくないんです、オシャレになりたくても。だから中途半端なのかも。そんな時コムデギャルソンを着てみれば。

 

コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN のワークウェアを、着る人着ない人、あなたはどっちでしょう。

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

 

 

color2.hatenablog.com

カテゴリ