カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

ブーツカットの足音が聞こえる

2018年に入りました。この2018年はどんなトレンドなのかについては、あまり積極的な語られ方はしなかったように感じます。それはまず2017年の流れをそのまま継続するかのような空気が大勢を占めていたことと、そして実際のところ何が来るのか予想しづらい面もあったということでしょう。

 

例えばストリートなブームが後どれくらい続くのかもちょっとわからない。ハイブランドのこの春夏コレクションではストリート寄りなところが見られますが、その次の秋冬となりますとセットアップやカッチリしたイメージのものが目につき始めます。といってもブランドによってはまだまだラグジュアリーストリート真っ只中をいくところもありますし、2017年がファッションの一つの転換点であったとすれば、ストリートというスタイル自体が定着化していくのかもしれませんね。

 

このような情勢の中で今、静かに動き出し始めているのが何を隠そうブーツカットなのです。簡単に言うと裾が広がった形状のパンツですね。その広がり方については多分様々なものが登場するでしょうし、またフレアやベルボトムといった関連するシルエットなものもごっちゃになって語られたりするかもですが、とにかくここのところはちょっとイケてない扱いだった裾広がりのタイプがようやくまた陽の目を見そうなんですね。

 

ハイブランドの2018秋冬コレクションでも裾がわずかに広がったデザインやシューズを覆うような形状のパンツがみられます。またレディースファッションの方では、この春夏から本格的にブーツカットやフレアが来そうな兆候が。もしかしたら一昨年だったかのガウチョパンツブームのように、右も左も裾広がりパンツの女性がホイホイ現れるみたいな現象が起こるかもしれませんね。

 

メンズファッションにおいてはまだ、ブーツカットの動きはそれほど表立ってきていないですが、今年の秋冬かそれ以降からは本格的に裾広がりが目立って来そうな予感。それに先立って古着界隈ではブーツカット仕掛けてきそうですよ。トレンド先取りも兼ねて情報チェックしておきたいですね。

 

スポンサードリンク

?

関連記事 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ