カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

意外と似合うSUPREME(シュプリーム) を見逃さない 2018SS立ち上げ間近

やっぱり買っておけばよかった。なんて後から悔やむことの無いようサラッと目を通しておきたいSUPREME(シュプリーム)の2018SSコレクションなんです。

SUPREME(シュプリーム) の春/夏コレクションは2月15日にNY、LA、ロンドン、パリの店舗で、2月17日には日本で発売されることが発表されました。

同ブランドへの関心の高さは次第に熱を帯び、この2018年に至っては今か今かと新作発表を渇望する俄かなファンが続出。それもあって年末年始にかけては1月にもSSCollectionリリースなるかという半分妄想的予測が飛び交う昨今、ようやく登場のルックブック並びにプレビュー登場。

さあ、期待と不安が入り混じる中春夏新作を見たみなさんはどのように思われたでしょうか。まず最初の印象は「何だか今一つ」ていうか「全然何も買うものない!」みたいなそんな思いとなった人も少なくないんじゃなかろうかと。

また、リーク情報にあったボックスロゴのロンTが無いのにがっかりという人もいることでしょう。

 

SUPREME(シュプリーム)に抱く期待はやっぱりカッコ良さ。ストリートというジャンルの中でその代表的なポジションを担うブランドには、文句なしのカッコ良さが欲しいのです。しかしLOOKBOOKやPREVIEWを見てわかる通り、わかりやすいカッコよさといったデザインではないですよね。シャープなスポーティなといったイメージではないのです。なんだか微妙なデザイン、地味とも思えるデザイン、釣りに行くおっさんが着るようなベスト、横からなんだか円弧を描くロゴっていいのか悪いのかわかりません。

 

ただもうSUPREME(シュプリーム)はしばらくこのような路線で行くのかもしれません。以前のようにわかりやすく一枚でかっこいいアイテムじゃなく、このところ数シーズンはとにかく派手で色使い豊富で着て様になる自分を想像しにくいアイテムがほとんど。

そうです、それを着こなす自分が想像できないところに、「買うもの無い」という思いが芽生えるのですね。

 

しかし、本来オシャレっていうのは服単体で決まるものではなく、全体の組み合わせ。SUPREME(シュプリーム)がそのような路線で行くのならば、こちらもそれを受け入れてコーデで着こなしてやりましょう。そして、服単体がどうこうよりも普段のコーデにどのように取り入れるか、またどうすればさりげなくシュプリームだよと言いつつ主張しすぎないファッションに収まるかを考えましょう。

 

ルックブックはあくまで上から下までシュプリーム。派手なアイテムをどのように組み合わせるかの参考にするにはいいでしょう。それを真似するのも個人の自由。ただ、そこから自分ならどう合わせるかを考える。SUPREME(シュプリーム)のアイテム同士だけではなく、他ブランドや手持ちのアイテムの中に組み入れてみる。最初に抵抗を感じたデザインをもう一度もしこれを着るならと考えてみる。そうやって見ていくと、意外に似合うかもと思えるアイテムが見つかるでしょう。

 

プレビューを見てください。これほど大量の服があればどんな人にでも一つや二つ着こなせるものが混じっていますよ。他人にオシャレと思われるかどうかじゃ無いんです。自分が納得して着ることができるかなんです。

また、余裕があれば普段こんなの興味も示さないなってのを一つ試してください。仮に失敗だと思っても、それでもSUPREME(シュプリーム)の服なんです。何かイケてるところが、プラスに思えるところがあるんじゃないかな。その日似合わなくても、いつか似合う日が来るでしょう。あなたのSUPREME(シュプリーム)はどこから?それじゃお楽しみに。

via supreme

スポンサードリンク

?

 

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ