カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

SUPREME(シュプリーム)の次のコラボは Nan Goldin(ナン・ゴールディン) 3月31日販売予定

SUPREME(シュプリーム)の次回のコラボのお相手は、アメリカの著名写真家であるNan Goldin(ナン・ゴールディン)と発表がありました。

 

 

1970年代後半、Goldinはニューヨークシティのナイトクラブで写真のスライドショーを発表し始めました。これらのスライドショーは、大人の性的依存のバラードになりました。彼女の研究は、エイズの流行中にニューヨーク市の人生、愛、喪失を記録しながら、人間のセクシュアリティジェンダーの変種を探求しました。性的依存のバラードに基づいた彼女の最初の本で、彼女は「私は人々に読ませようとする日記だ」と言った。現在ゴールデンはニューヨークとベルリンの間に住んでいて、現在のオピオイド流行に取り組み、スライドショーやペイントを続けている。

 

ドラァグクイーン、ゲイ、トランスセクシュアルの友人たちへのオマージュとして写真を撮り始める

ニューヨークからサブカルチャー、ポストパンク、ニューウェーブシーンをテーマにした作品。

 

 

アメリカの写真家、ナン・ゴールティンは、マサチューセッツ州のヒッピー・コミューンに参加するために14歳の家に帰った。そこにいる間、彼女は学校の写真家になり、人生の記録を作成したり、瞬間を共有したりすることに興味を持ちました。これは彼女の仕事の中核となる彼女の友人や愛好家の親密で生来のドキュメンテーションに影響を与えました。

この春、SupremeNan Goldinの写真を取り入れたコレクションを手掛けました。コレクションはコーチジャケット、フード付きスエットシャツ、3つの半袖Tシャツ、3つのスケートボードで構成されています。

 

愛、ジェンダー、家庭、セクシュアリティーを作品にし、1994年には日本で東京のアンダーグラウンドの若者達を撮影。アラーキー荒木経惟と写真集を出すなどしています。

身近なものを被写体にして、プライベートな日常を切り取る形で、自然なままの撮影スタイルは気だるさと生々しさが漂う作品となり、後続に大きな影響を与えることになります。

 

人間でいることの痛み、生きていくことの難しさを写しているつもり、だというNan Goldin(ナン・ゴールディン)の写真の世界。SUPREME(シュプリーム)コラボをきっかけにちょっと覗いてみるのもいいかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ