カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

オシャレはほどほどに こざっぱりした服装がベスト

いくらオシャレになっても、他にも同じ格好の人がいたらオシャレじゃないらしいですね。

また、オシャレになっても、こうしたらもっとオシャレになるなんて考え方が蔓延しているそうですね。

それは「差別化」だけを意識することであり、「比較と競争」のみで一喜一憂することであり、とてもファッションを楽しむという心は感じられません。

 

自分がオシャレになったのならそれでいいんじゃないですか?あっそうそう、目立つこともオシャレの要件らしいですよ。人に振り返られるぐらいでないといけないんだと。しかし実際オシャレだなと思って振り返ることってそうそうないんじゃないでしょうか?どちらかというと、珍しい服だなとか、派手な格好だなとか・・・

 

多分、ですけどほとんどの男性はそれほどオシャレを求めていないと思うんですよ。ただ変な格好でなければいいと思ってるぐらいじゃないですかね。しかし自分の服装が、変じゃないと言えるのかどうかがよくわからないからやっかいなんです。曖昧なんです。

 

 

だからオシャレを好印象を与える服装と言い換えてみる。そう他人より抜きん出てオシャレになる気はさらさらない、印象がよければそれでいい。しかしその好印象ってその時や場面によって基準が変わりそう。スーツならばいいのか?どんな時もスーツスタイルならいいのか?近所の買い物にスーツ、スポーツ観戦にスーツ、違う。

 

 

なんというか、うまく表す言い方がないものかと思っていたら頭に浮かびました。こざっぱり。

 

そうです、こざっぱりした服装がベストでしょう。

こざっぱりの意味は、どことなくさっぱりしていて清潔な感じがするさま、とあります。

 

まさに私たちの求める服装ではないでしょうか。スーツでもストリートでもカジュアルでもスポーツミックスなんかでも、やっぱりこざっぱりになりたい。

 

こざっぱりになればオシャレかどうかなんてあまり気にならないかもしれないですね。でもやっぱり気になるかもしれないですね。

 

何故かって?それはこざっぱりになればモテるというわけじゃないから。こざっぱりだけど、どこか野暮ったいということも考えられる。

 

話が堂々巡りになりそうです。

 

オシャレって何だろう? それは永遠に答えの出ないテーマなのでしょうか。それとも実は誰もがすでに知っていることなのでしょうか。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ