カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

無地カットソーはこだわりと素材で選ぶ 〜カーリー、ツキドットエス

無地カットソーだけどこだわりたい

無地カットソーは当たり前ですがシンプルな見た目、単色で柄無しという特徴のないアイテムであり、しかもその特徴のないものの方が好まれるという不思議な存在でもありますね。変にデザインが入っていたがために、購買意欲が損なわれることもよくあることです。

 

が、しかしそんな無地カットソーでありながら、実際に買うとなれば何かこだわりが感じられるブランドを選びたい & 無地でシンプルだけどユニクロで済ます気にはならないという皆さんが探しているのは、なんだかワクワクするような、着用することに満足感が得られるようなカットソーですよね。

 

近頃またシンプルなスタイルが来ているこの時期、そのブランドを何故選ぶのか、どこに魅力を感じるのか、そんな「語れる」服が好きです。実際に語る機会があろうがなかろうがどっちでもいいんです。そんな服を着ているという気持ちが、満足感を生み、気持ちの良い時間を過ごさせてくれるのですから。

 

無地カットソーのブランドを選ぶ理由、魅力を感じる部分、それはどこにあるのでしょう。例えば、素材、シルエットの違いですね。こだわりの素材による生地感や着心地を自分が気に入ることが選ぶ理由となります。

 

サイズ感もそうですね。今年はゆったり目に作ったサイズ感を提案するブランドも見受けられます。今の気分に合ったカットソーを選ぶのです。

 

また、細かなディテールが気にいる場合もあります。縫製の仕方、わざと縫い目をずらしたり、処理の仕方を変えたり。そんなこだわりを持ったカットソーを着ることで、自分の中の何かを刺激してくれるんじゃないか。といった期待感が持てるというもの。

 

服を着ることのお洒落は、見かけだけがオシャレではないのです、心もオシャレになっていくことです。

 

 

 

無地カットソー注目したいブランド

それでは無地カットソーを選ぶのに注目したいブランドをあげてみましょう。

 

Hanes/ヘインズ

白Tといえばヘインズ。男のTシャツヘインズ。今も昔も変わらぬ存在、基本はヘインズ。

ヘインズの白Tシャツにリーバイス501の組み合わせは、時代を越えた永遠の定番スタイルですね。3PパックTシャツ、赤パックなどは今でも変わらず売られているようですが、近年アメカジショップの激減と販売店独自のPBブランド化が進むおかげで、実際にお目にかかることも少なくなってしまいました。しかしネット通販ではまだまだ元気に販売されています。あまりにも有名でベタ過ぎることから一度も購入したことがない人も少なくないと思いますが、機会があれば一つ手に入れてみるのも一興じゃないでしょうか。

 

なかなか売ってる店が無いけど、定番赤パック

pic via amazon

 

また、日本人のためのオリジナルプロダクトとして2014に登場したジャパンフィットも4年目を迎えて安定した人気があるようです。このジャパンフィット、日本人のニーズに合わせた絶妙のサイジングという触れ込みで、無地シャツのオシャレを追求しようと大々的に登場。登場した頃は一部セレクトショップぐらいでしか取り扱いがなく、なんだか感度の高い人向けみたいな売られ方をしていてヘインズのショップでも売ってなかったのですが、近頃はいろんなところで見かけるようになりました。どこかで見かけることがあれば、お試しに買ってみてもいいでしょう。

 

服売ってるところならあちこちで見かけるジャパンフィット

pic via amazon

  

Curly/カーリー

自社工場を持ち、生地を一から開発することもあり、品質と価格のバランスは群を抜いていると評判なのがカーリー。いわゆるファクトリーブランドというもので、コストパフォーマンスに優れたブランドであるということです。

 

代表的なアイテムとしてラフィージップパーカーがありますが、そのスウェットパーカーと共にカーリーを代表するアイテムがカットソーというわけで、品質の高さは多くのファンを掴む事になり、並みいるカットソーブランドを差し置いて、今や日本でもトップクラスの存在へと突き進むカーリー。

 

そんなカーリーのカットソーの魅力は、まずヘタらない、しっかり感が違う、そして着心地もまた抜群と、まあ言葉でいうと当たり前の表現しか出てきませんね(笑)。そうなんです。取り立てて何か飛び抜けた特徴があるわけでもないのです。クリーンでベーシックというのがカーリーの軸となっていますが、ある一つの生地にこだわるとか、一つのパターンにこだわっているのではないみたいですね。

 

柔らかいカットソーもあれば、張りのあるカットソーもある。身幅の緩いのもあれば、レギュラータイプのものもある。カーリーには色んなタイプのカットソーがあります。ただ、それぞれのサイジングに工夫が見られ、アイデアがしっかりあってそれを形にしているのが何と無く感じられる。良いものを作っているというのが伝わるブランドだと言えましょう。品質に拘り、縫製にこだわり、ブレない強みがある。だからファンが多い。リピーターも多い。何を買っても間違いない、という安心感を感じている人も多いのじゃないでしょうか。

 

見た目にもパリッとしたハリ感が伝わるカーリー

pic via rakuten

 

tsuki.s/ツキドットエス

服好きにとってカットソーのマスターピースといえば、このツキドットエスになるのでしょうか。肌触りがサラサラとして心地よく、長年愛用しても型崩れしない安心感がある逸品です。

 

ツキドットエスの度詰め天竺カットソーは、ハリとコシがありながらツヤがあって手触りが良いという、相反する特性を兼ね備えたもの。カジュアルでセットアップを使う際のインナーにも最適で、ドレスシャツライクなツヤとハリ感を持ったカットソーは、まさに適度な着崩しを可能とする一枚と言えるでしょう。

 

もちろん一枚で着た時にも、上品な質感がラフなコーデを少しランクアップさせてくれるみたいな。そしてガンガン着てガンガン洗ってもヘタレないという噂のツキドットエス、その実力を是非体感してみてほちい。

ハリと艶の質感をお楽しみいただきたい

pic via zozo

 

FilMelange/フィルメランジェ

正直フィルメランジェが今、どれほどの地名度を誇っているのかはわかりません。登場してかれこれ10年以上は経つブランドですが、ここ数年はあまり見聞きする機会がなかったので。というのもどちらかというとアメカジのテイストが強い印象がありまして、実際色落ちデニムと合わせてスタイリングみたいな、そんな光景が似合うブランドであったような気がします。

 

となると、デニムの色落ちというもの自体があまり興味を示されなくなった今のご時世では、アメカジライクなアイテムやブランドが目立つということもほとんど無く。フィルメランジェのようにその時代に”良いもの”として名を馳せたようなブランドは、得てしてトレンドが変わると前時代的と言いますか、今の空気には合わないみたいな印象を持たれてしまったりするものなのですね。

 

いや、まあでもフィルメランジェがそのような位置であるのかどうかはわかりませんし、とにかく品質がいいというブランドであることに変わりはないのであれば、今後も注目していきたいブランドであることは間違いないということです。

 

その品質の良さのアピールに吊り編み機と丸胴という、これも使い古されたような表現がいまだに使われているとしても、やはりいいものはいい。丸胴というのは脇の下に縫い目が無いので着心地がいいというメリットがありまして、とにかく丸胴アピールは丸胴を採用しているブランドはどこも(当たり前ですが)大々的にやっていたものです。

 

フィルメランジェは今年も多くのアイテムをリリースしています。そのアイテムそれぞれを見ると、やっぱりアメカジテイストが強いようです。今年の流れに合っているかは微妙なところですが、しかし近いうちにフィルメランジェ、シーンを盛り上げる主役となるかもしれません。興味がある方は、今の内に試してみるのも良いかもしれないですね。ええ、このフィルメランジェ、トレンド次第では一気に即完売ブランドに変わっちゃうぐらいのポテンシャルを持っているのですから。

 

こちらもこだわり満載なフィルメランジェ

pic via filmelange

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

無地Tシャツ、無地カットソーについて語りました。

今回取り上げた他にも、多くのブランド、アイテムがありますね。創るこだわり、着るこだわり。

一つのブランドをずっと愛用するもよし、いろんなブランドを着比べて楽しむのもよし。

 

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

color2.hatenablog.com

 

 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ