カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

クラークスの傑作 デザートブーツ

この前クラークスのワラビーについて書いたんですけど、クラークスといえばもう一つ有名なモデルがありまして、そちらについても是非メモを残しておくことが大事ではないかと思ったので書いてみます。

 

イギリス生まれのクラークス。オシャレのための定番シューズとしてトップクラスの知名度を誇るブランドでありますが、その中で代表作となりますと先日のワラビーと並んで渾身の名作デザートブーツの名前が上がります。

オシャレ靴の代表作 クラークスのデザートブーツ

pic via clarks

 

 

1949年発売で、履き心地の良さが話題となって世界中で大ヒット。さらにベーシックな見た目は癖がなく誰にでも合う靴として親しみやすさ抜群。どんなファッションにでもさりげなくフィットするその実力は計り知れない。

 

上品な質感を醸すスウェードのブーツは1足持っているとかなり便利、なような気がする。ブーツといっても割と低めの高さなのでミドルカットのスニーカー的な感覚に近く、ブーツだからという気負いなく使えるだろう。

 

クラークスのデザートブーツのような靴は、何と無く綺麗な佇まいに見せてくれるので、ファッションが落ち着く。色展開も黒にブラウン、そしてサンドスエードとどれも魅力的なカラーとなっていて、価格帯は2万円代半ばと手に入れやすさもうれしい。アッパーは履いていくうちに馴染んでくるカウレザーで、ソールはクラークスお馴染みのクッション性に優れたクレープソール。

 

デザートブーツが、そしてクラークスが気になる理由は、そのファッション性だけでなく長時間歩いても疲れにくいらしいから。長く歩いて疲れないと謳われる靴は世の中たくさんありますから、それらより際立ってという程ではないでしょうけれども、まあ普通よりは長く歩けそうかなと思うとワクワクしてきますね。

 

色々歩き回るのが好きなもんですからとにかく、疲れにくくてオシャレな靴は気になるんですよ。さらにクラークスのクレープソールは耐久性も特徴であり、ある程度の期間使っても減りがないということで、例えば私の持ってるビブラムソールよりもの耐久性があるのかなと思われるのです。ビブラムソールもかなり有名ですしお洒落どころなブーツなんかでよく使われていますが、物によってでしょうかすぐに減っちゃうんです。かかとのすり減りが。それに比べてこのクレープソールがそんなに減らないんであれば、やっぱり注目しちゃいたくなりますよね。まあでもあまり期待しすぎるのも禁物、適度に歩きやすくて適度に長持ちぐらいに思っておけばいいんじゃないかな。

 

クラークスデザートブーツ、見ているとやっぱり使い易そうですねー。スエードブーツは他に持ってるけれども、いつかは欲しいデザートブーツ。

なんだかカジュアルシューズ全体を見回して最も好まれているであろうシューズだとも言われているようで、とにかくこのデザートブーツを履くだけでそれなりな格好になるからでしょうね。

スポンサードリンク

 

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ

<!-- はてなスマホ対策 カテゴリ記事下 —>