カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

英語で表現する服の呼び方 トップス編

みなさん服を英語で表す方法ご存知ですか。現在は海外のファッション情報も積極的に取り入れたいものです。その時には英語で検索することも重要。だから服にまつわる用語を英語で表現できるようにしておきたい。

 

まず「服」は英語でclothesです。clothes   着るもの、衣服、衣類といった意味。
単に服というのを英語で言うときに使うものですね。clothは布なので、それの複数形になりますが、まあ布切れを縫い合わせて服にしましたよ、みたいなところでしょうか。

服、英語というとdressという言葉です。ドレス、着飾る衣装みたいな意味ですね。こちらdressは女性の服を指す言葉であり、男性の服に対して使われるものではないようです。

suitは日本語のスーツと同じ意。

 

`clothes の他にclothingという言葉もありますが、これは一つの服というよりも衣類全体を指すとか、衣料品といった服の集まりといった概念を指すといった使い方でしょうか。
clothing industry
衣料産業といったような広い意味。

 

他に服を指す言葉としてgarment というのもありますね。garmentといえば、engineered garments エンジニアド ガーメンツ を思い出しますね。

 

それではトップスの英語から。

シャツ shirt シャツはこれなんですね。そのままで検索可能です。

 

Tシャツ T-shirt TシャツがそのままT-shirtとは意外でした。Tは世界共通なんですね。

ワイシャツ dress shirt ドレスなシャツなんです。

ノースリーブシャツ sleeveless shirt スリーブレスという言い方も、最近は見かけるようになりましたね。

ポロシャツ polo shirt  ポロシャツ ポロ競技から来たので良かったかな

デニムシャツ denim shirt  デニムシャツもそのまま

ジャケット jacket    ジャケットもそのままですね

ブラウス blouse

ジャンパー blouson   ジャンパーという言い方はもうしなくなった気がします。日本語でもブルゾンという言い方が一般的に。でもその”ブルゾン”自体が使われなくなってきたかな。それではブルゾンを何というのか?それはジャケットです。どうですかみなさん。ジャケットって本来あの、スーツの上の形をしたあのジャケットをジャケットと言わなかったでしょうか。しかしそれが今やカジュアルなジャンパーとか、MA-1のようなものに対してもジャケットと言わないでしょうか。つまり日本語では”ジャケット”のカバーする領域が増えてきているのですね。

 

ブレザー blazer  ブレザーというのも、ジャケットの中に括られるように

ベスト vest    ベストはそのままvestで

コート coat    

防寒用コート overcoat  防寒用は特にovercoat  そういえば昔は冬用のコートをオーバーと呼んでいたような

タンクトップ tanktop  タンクもそのまま

パーカー hoody    英語でパーカーとは言わないみたいですね。

カーディガン cardigan  カーディガンはそのままカーディガンで

チューブトップ  tube top

フリース fleece

キャミソール camisole

チュニック  tunic

ポンチョ poncho

 

メモ

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

 

 

color2.hatenablog.com

カテゴリ