カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

King Gnu (キングヌー) EYESCREAM (アイスクリーム) 特集に関連して音楽とファッションの考察

EYESCREAM (アイスクリーム)という雑誌があります。サブカルチャーというかスケボーとかヒップホップとかアートとか、もちろんファッションについても扱う媒体ですが、この2019年6月号ではミュージシャンKing Gnu (キングヌー)の特集が組まれています。

 

と、ここまでは特に何の変哲もな話なのですが、なんとこのEYESCREAM (アイスクリーム)が品切れもしくは品薄状態であるという、そんなことは今まで聞いたことがないぞ、みたいな。

 

これが今回の特集であるKing Gnu (キングヌー)の人気によるものであろうことは想像に難くないところではありますが。ではところで、このKing Gnu (キングヌー)ってご存知ですか?なんでも今、とーっても知る人ぞ知るというかディープな熱狂的な人気を誇るミュージシャンということなのです。

 

 

なんでも2017年ぐらいに登場したのでしょうか。そこからどのような経緯をたどって今のような絶頂な人気となったのかは不明ではありますが、この先時間が取れればその辺りも調べてみたいと思っているところでして。

 

というのもEYESCREAM (アイスクリーム)を買ったのが本日のことでもあり、King Gnu (キングヌー)が特集されているというのは知ってましたが書店に行くとなんと、超人気なので一人一冊という但し書きがありまして、えーっと思って、いやそれは別に何冊か買っておこうと思っていたわけではなく、ただそんな雑誌に対して一人一冊(つい一人一殺を連想しちゃうわ∞™§w)なんて表示がなされているのを初めてみたもので、これもしかしてKing Gnu (キングヌー)人気を見込んで雑誌を買い占め、ヤフオクで売ってやろうなんて輩が現れたとしても全く不思議ではない、というこんな世知辛い世の中なんとかならないか、しかしとにかくそれほどまでに人気のKing Gnu (キングヌー)について知りたいと思った私。

EYESCREAM (アイスクリーム)をちらっとみたKing Gnu (キングヌー)の印象は何かスタイルがありそう、だからこそこの人気なのだろうという予想。

 

それからネットで見たKing Gnu (キングヌー)。少し曲をきいたKing Gnu (キングヌー)。スタイルがあり熱狂的な人気、ファッションについてもどこか気になる部分がありそうな予感プンプン。

 

しかしファッションとしてはアメカジっぽいかな、そこから先こだわりがあるのかな、そこはまだわからない。まだ読んでない。今このブログ書いたとこ。

音楽とファッションは密接な関係がある、のでしょうか。雑誌で音楽とファッションの関係に焦点を当てたものがあったような気がしますがどうなったのでしょうか。

 

音楽とファッションてもちろん関連性はあるでしょうし、影響し合うところもありそうですし、だからこの音楽にこのファッションというそんな楽しみ方もあるでしょうし、だけどこだわりすぎると肩透かしを食らうこともありますよね。

音楽、ミュージシャンを語るとき、そこに自分の理想が入り込むことがしばしば。それが温度差を生じさせる。

 

King Gnu (キングヌー)、過熱気味な人気。さらに知名度は上がっていくでしょう。そのサウンドとファッションについてメモしておきたい。時間ができたら情報を入れて追加していきたいと思います。とりあえず、ここまでメモ。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ