カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

オフホワイトはラグジュアリーストリートのままなのか

ラグジュアリーストリートの話題がだんだんと萎んできました。あれだけ勢いがあったラグスト、ネオストリートと呼ばれるファッションも、いつまでも同じテンションではいられないか。どんなに良くてもそればかりだと飽きてくるのだと。

 

思えばHIPHOPの話題も少しずつ下降気味。もちろんまだまだ勢いはありますし、というか一つの音楽ジャンルなので別に何かに取って代わられるみたいなことはありませんが、昨年あたりのロックが完全に息を潜めたみたいな、まさにHIPHOPの独断場みたいな、そんな状況も少しずつ変わっていきそうな気配が漂う。

 

そのHIPHOPからファッションリーダー的存在、インフルエンサーと言われるラッパーたちがオシャレ具合を遺憾なく発揮したのがラグジュアリーストリートの隆盛と重なりますね。そしてその先駆者として、また代名詞としても名をあげたブランド Off-White(オフホワイト) はラグジュアリーストリートというジャンルの記号的存在から、また異なる存在へと移り変わろうとしているようです。

続きを読む

Nike(ナイキ)のコラボスニーカーはAir Streak Spectrum Plusでまたまたシュプリームと

Nike(ナイキ)のスニーカーの話題も止まりません。

続いては先日PUMAのThunder Spectraのリストックでも盛り上がったダッドスニーカー戦線に打って出るこちらは、Air Streak Spectrum Plusという聞いたことがあるようなないような名称。

続きを読む

AURALEE(オーラリー)と夢を語る一週間

先日はYAECA(ヤエカ )を語らせて頂きましたけれども、あのようなブランドを扱うお店はと言いますと、ナチュラルでベーシックなスタンスを強めに打ち出しているところもありまして、そのようなお店はもちろん、ある程度多岐に渡るブランドをセレクトしているショップにおいても、目立っているのがAURALEE(オーラリー)というブランド。

 

ナチュラル、そしてシンプルとかベーシックというキーワードで言いますと、YAECA(ヤエカ)、COMOLI(コモリ)を筆頭に、他にはEEL(イール)、LOLO(ロロ)、RINEN(リネン)、STILL BY HAND(スティル・バイ・ハンド)など多くのシンプル系ブランドがあるわけですが、その中に混じって頭角を現してきたのがAURALEE(オーラリー)なのです。

 

頭角を現したと言っても、登場してからまだ2、3年だということで、まあ出てきてすぐにメインストリームに乗っかったみたいなものでしょうか。何だかいきなりAURALEE(オーラリー)なわけで、わかったようなわからないようなところもあるのですが。

 

と言いますのも、展開されているアイテムをみれば、一目で「ああ、こういう感じの服ね」とわかるでしょう。シンプルでベーシックな路線というのは誰にでもわかります。そしてそれが売れている、もしくはショップや業界が推しているブランドみたい、てのもわかります。

 

が、そのAURALEE(オーラリー)をあえて推している、消費者側からすればあえてそれを選ぶ理由、が見えにくい。何故AURALEE(オーラリー)を買うのですか?その問いに答えられるか否か。なんだそれ。

 

続きを読む

スネークスキンでやっぱり出ましたSUPREME(シュプリーム) × The North Face(ザ・ノースフェイス)第2弾

事前にリークが山ほどあったSUPREME(シュプリーム) とThe North Face(ザ・ノースフェイス)の2018コラボ。ヘビ柄素材でマウンテンパーカとかダウンジャケットなどが予測されていましたが、蓋を開けてみれば、着るものはコーチジャケットのみということで、注目はテントの価格とどれくらいの販売量を誇るのかに絞られてきました。

イカみたいな柄だなと思ったらスネークスキン柄だったんですね、オシャレなコーチジャケットとパンツのセットアップ。緑のテントとディパック、さらにバケットハットの下部には鮮やかなレッドが配されているのに、なぜダッフルバッグはレッドがないのか。コーチジャケットもレッドな処理で攻めてみても面白かったと思うのですが、まあこれはこれでいい。

 

続きを読む

やっぱり使えるユニクロUの半袖オープンカラーシャツ

夏は半袖派?それとも長袖派?

シャツ選びにおいて、以前はそんな問いがよく聞かれたものですが、今はどうなんでしょう。そもそもシャツ自体あまり着ない人もいるでしょうね。このところの夏は暑すぎてTシャツ一枚しか選択肢がないとも言えますが。

 

一方で今年のトレンドはオープンカラーシャツ & アロハシャツ。各メーカーブランドこぞって思い思いのデザインを凝らしたシャツをリリースしております。それに負けじと古着業界でも現在アロハ祭りが大盛況。ああいう派手でデザインフルなアイテムはやっぱり古着頑張りますよね。数の多さと値段の安さ、失敗してもまあ許せるかなというプライスでガンガン売り捌いておる状況ですが。

 

だからというわけでもないですが、私ちょっとゆったりした半袖シャツを所望することになりまして、ちょっと言葉おかしいですが気にしないでいきましょう。

適当な半袖シャツはないものかと古着も含めて探した結果、今回は家着メインとなところもあるし、それならユニクロがあるじゃないか。

そうあのユニクロUに堂々ラインナップされているオープンカラーシャツが、まさに適した一着になりそうだということで、2018年SSユニクロU半袖オープンカラーシャツを購入してまいりました。

続きを読む

服装選びは服装指数で

真夏、真冬じゃない限り、服装選びで迷うことって案外多いですよね。気温の変化を予想するのはなかなか難しかったりします。コーディネートはオシャレも大事ですが、快適に過ごすための服装という面も同じぐらい重視したいのです。

 

そこで参考にしたいのがこちらの服装指数

どれくらい正確に快適な服装が出来るかはまだまだわかりませんが、ある程度の目安にはなりそうです。

続きを読む

YAECA(ヤエカ)ならわかる、とことん付き合う服の魅力

YAECA(ヤエカ)というと、シンプルでナチュラルというキーワードが思い浮かびます。緩やかでふんわりとしたイメージ。自然体でオーガニックな?イメージ。ベージュとか柔らかい色合いで、ユルめなデザインで、地球に人に優しいみたいな。

無印良品のようなイメージ。

肩肘張らない、ぽっぽっぽ・・・なイメージ。

 

青空とそよ風と朝食。朝食といっても飯に味噌汁じゃない、あくまでもトーストにコーヒー。それも白いカップに適度に注がれたコーヒー。

 

適度な、和風でもないけど洋風でもないみたいな、キャッチーで妙にお洒落で敷居が高い。

敷居が高いとはどういことか。

シンプルで、ブランドとしての世界観を持っている。

YAECA(ヤエカ)という独自の雰囲気が感じられ、どことなくオシャレなんだなとわかる。しかし「ここがこうオシャレ」だとハッキリ言えない。プロなら言えるかもしれないが、我々一般素人では雰囲気を感じるだけで客観的な表現は適わぬ。

このブランドの魅力は私が感じている以上にあるはず、私よりもオシャレな人はもっとわかってて、私の知らない観点からこのブランドのアイテムを捉えて着こなしているような気がする。

そんな想いがなんとなく敷居が高いという言い方になってくる。

 

でも敷居が高いから買うのを着るのを躊躇うというものではない。逆に気軽に着れそうだし、実際ここのブランドはよく売れているようだ。てか、今来てるブランドナンバー1ぐらいになっているのじゃないか、と。

 

YAECA定番コンフォートシャツ

pic via twelve

 

続きを読む