カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

Timberland(ティンバーランド)のイエローブーツ購入準備を整えたい

ブーツな季節

ブーツが気になる季節となりました。季節だけではなく今年の流れからもブーツ来そうです。そう、長らく続いたスニーカーブームの中に何となくマンネリ感が漂い始め、新鮮な何かを欲する機運。

もちろんこの数年で買い込んだスニーカーの数々、争奪戦を勝ち抜き、炎天下で延々と並び、抽選に一喜一憂し、繋がらない電話をひたすらかけ続ける、そんな汗と涙と感動とともに手に入れた一足一足の思い出は尊いもの。その経験を次のオシャレへのエネルギーに変えてみませんか?

 

ブーツと言ってもいろいろあります。サイドゴアブーツにミリタリーブーツ、ワークブーツにアメカジ定番ブランドブーツはウエスコのジョブマスターとか、ホワイツのスモークジャンパーとか、他にもレッドウイングにダナーライト、さらにはラッセルモカシン等々…。そのような様々なブーツの中で今、ジワリと来ているのが何を隠そうTimberland(ティンバーランド)のブーツなのです。ということで、気になるブーツシリーズの一環として今回はTimberland(ティンバーランド)に注目してみようかと。

Timberland(ティンバーランド)はイエローブーツ

ところでTimberland(ティンバーランド)のブーツの中にもいくつか種類がありまして、ブーツの他にもスニーカーなど各種履物を取り揃えてはいるのですが、まずはマスターピースであるイエローブーツに焦点を絞ることがよろしいんじゃないかと思います。何故ならTimberland(ティンバーランド)といえばイエローカラーの6インチブーツであり、他のブーツは全く登場しないと言っていいぐらい、まさにイエローブーツに一極集中と言える印象が強いのですね。

つまりTimberland(ティンバーランド)のブーツの魅力やテイストは6インチブーツにこそ詰まっていると言えるんじゃないかということっす。

 

もちろんこれに異論のある人もおられるかもわからない。わからないですが、ともかくここは私のTimberland(ティンバーランド)についてのメモ代わりとさせていただいて、ただ心の赴くままにfollow my heart書いておくことで、読むときには適宜脳内補足しながら情報をまとめていくようにしていきたいいただきたい。

 

Timberland(ティンバーランド)といえばこのイエローブーツ

pic via rakuten

 

で、その6インチのイエローブーツは1973年に発表され、Timberland(ティンバーランド)と名付けられたそのブーツは世界初の完全防水レザーブーツであることや、フルグレインヌバックレザー使用などで広く支持を集めます。1978年に社名をブーツの名と同じTimberland(ティンバーランド)とし、6インチブーツは現在まで長きにわたって人気を獲得、ブーツの定番としての地位も得ることになります。

続きを読む

ヤーバーイ!テラコッタ 流行りすぎですテラコッタ

今年ヤバい色 それはテラコッタ

つい先日緑がヤバいと書いた記憶も新しいトレンドカラー界隈。

 

ところがそんなグリーンなどどこ吹く風といった感じで今ストリートを席巻しているのがテラコッタなんです。

これベージュ、ブラウン、キャメルカラーの流行の流れで云々とつい先日の記事でも紹介しましたテラコッタなんですが、物珍しさ故かもうテラコッタばかりの服装に。

といってもほとんどレディースファッションに見られるものですが。

 

続きを読む

CONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)2017年AWの季節が来ましたよ

10月10日は秋のCONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)日ですね。毎年2回必ず買ってますか、買ってる人もいるでしょうね。スニーカー置く場所ありますか?

 

いやー迷います、迷います。さすがにスニーカー買いすぎた私、いい加減にしとかないとと思い、しばらく手持ちのスニーカーの履き込みで過ごすつもりだったのですが。

続きを読む

The North Face(ザ・ノースフェイス)にこの秋冬は注目したい

SUPREME(シュプリーム) とのコラボでもお馴染みのThe North Face(ザ・ノースフェイス)は私たちのカジュアルライフに無くてはならない存在。今年はあのビームスとの初のコラボも控えていてさらに注目したいブランドなんです。もちろんアウトドアブランドとしての地位も確立しており、機能面とファッション面双方でとっても大活躍中。

 

ノースフェイス The North Face(ザ・ノースフェイス)はは1968年アメリカで創業。最低温度規格を表示したスリーピングバッグ、シェラパーカー、そして1975年発表の世界初のドーム型テントなど語り継がれる伝説があり、アウトドアギアの発展に大いに貢献しているのは周知の通り。

そしてその開発は今も精力的に行われていて革新的なアイテムが続々と市場に投入されているのと同時に、ファッション性にも力が注がれることでノースフェイスといえばハイスペックな街着的という捉え方もされてますね。

 

そんなThe North Face(ザ・ノースフェイス)はこの冬注目したいのは3点。

一つ、BEAMS(ビームス)コラボ

二つ、URBAN EXPLORATION

三つ、ダウンジャケット

続きを読む

SUPREME(シュプリーム) × HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック グラマー) コラボがいきなり発表そしていきなり発売 今年もコラボが忙しい

SUPREME(シュプリーム)の新たなるパートナー、その名はHYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック グラマー)。9月16日堂々発売予定となっています。

 

60年代から80年代にかけてのロック、アート、サブカルチャーを取り入れたコレクションで、1984年の創業以来、トレンドに左右されずデザイン、コンセプトが一貫した安定のスタイル。デザイナー北村信彦によるHYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック グラマー)ならではの独特の世界観。派手、スリム、カラフルな元気モリモリだけど怠惰なルーズさも併せ持たさないと雰囲気出ないよねみたいな、アティチュードを感じるブランド。

HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック グラマー)と聞くと思い浮かぶイメージは多分多くの人に共通しているんじゃないでしょうか。それぐらい有名なそして気になるブランドなんです。そんなHYSTERIC GLAMOUR(ヒステリック グラマー)とSUPREME(シュプリーム)のコラボは今回が初めてなんでしょうか、多分そうらしいですけど。初だったらおめでとう!記念のコレクション是非ともみなさんゲットしていただきたい。

 

続きを読む

背が低い人はロングコートを着ちゃダメ?

コートの話になれば必ずといっていいほど出てくるロングコートと身長の問題。背が低いとロングコートは似合わないということなんですが。

 

ロングコート、それを着る目的は大きく分けて二つ。一つはオシャレのため、もう一つは防寒のため。他にもあるかもしれないが、取り敢えずこの二つに絞りたい。あまり選択肢を増やしてもこなしきれない。意見がまとまらない。つまり記事にならない。

 

オシャレのためのロングコートって何でしょう? 知るかそんなもん。

続きを読む

SUPREME(シュプリーム) × Nike SB Air Force 2(ナイキ スケートボーディング エアフォース2) が9月9日発売予定

そしてSUPREME(シュプリーム)コラボの第2弾は、こちらもお馴染みNIKE(ナイキ)スニーカーとのコラボレーション。今回はAir Force 1の後継モデルとして80年代に登場したAir Force 2、こちらをスケートボーディング仕様としたスニーカーとなります。

途中で途切れたスウッシュが特徴のNike Air Force 2(ナイキ エアフォース2) 。

続きを読む