カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

amazonで服を買ったら

amazonの簡易包装がどんどん簡易になってますね。

前は一つ一つきちっと固定して動かないようになってたのが、この頃じゃ商品放り込んで適当にクッション入れただけみたいな。

 

中でガチャガチャ動くのもよし、破損さえしなければといった感じ。

 

それがいいとか悪いとかじゃないんですけどね。省コストを突き詰めるんだね。

続きを読む

パタゴニア Patagonia が何故こんなに流行ってる?

誰もが一度は耳にしたことがあるパタゴニア。オシャレとして、機能として、それぞれに求めるものは違いますが、昔からそれなりに結果を残してくれそうな、何となくな信頼感があるブランド。

 

一時はトレントシェルジャケットを筆頭にオシャレな着こなしの先頭に立って頑張っていたこともあるパタゴニア Patagonia 。だけど、ここしばらくはそれほど派手な活躍量は見られず、ただアウトドアミックススタイルなんかの定番かつそれほどオシャレに興味ないけどそれなりに小マシな格好でいたいな、なんて時には便利に使えるブランドとして地に足のついた展開であったと思います。

 

同じアウトドアといっても、ノースフェイスやラブのような若い層や見かけにこだわりたい人よりは、もっと大人な落ち着いたスタイル、どちらかといえばミレーにも通ずるような印象スタイルを進みつつあるようなパタゴニア Patagoniaであったのですが、最近その様子が変わってきました。

 

というか私の印象ではいきなり180度変わったみたいな。

この秋になって何故かレトロXの話題が暴発気味なんですね。それもジャケットの方。

 

パタゴニア PatagoniaのレトロXといえば、知ってる人は知っている、知らない人は知らないが、アウトドアファッションでは当たり前の存在。胸のポケットが配色になっているのが特徴で、これまでユニクロを始め数多のブランドがそのデザインをパクってきた伝統と思い出のレトロX

 

レトロXはジャケットとベストがありますが、アウトドアミックススタイルにおいてレトロXベストはとってもとーってもオシャレ、と言われてきました。レトロXといえばベストのことであり、ジャケットはあくまで派生的な存在。ああ、ジャケットもあるのね、みたいな。

 

続きを読む

ところでユニクロとENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)のコラボ発売日行ってきたんだが さすがな売れ行きにビックリ

本日1011日、皆さんお待ちかねのユニクロ and ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)のコラボフリース発売日ということで、早速私行ってまいりました。

 

とはいっても、朝一番にというわけにもいかず、時は既に午後の7時を回った頃合い。どうでしょう、春のポロシャツの出来と売れ具合から見て、まだまだ在庫余裕の中からゆっくり選ぼうかというようなお買い物状況が予測されるところではありますが。

 

そんな平日のお仕事帰りのユニクロ。金曜の夜でもあり、しかし台風が接近する最中、ある種の緊張感も含んだ中で展開されるENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)コラボの売り場の光景は、おお、これぞ大型コラボの姿?とでもいうような賑わいが一部の商品に限って見られておりました。

 

その商品とは、注目度も高かったフリースコンビネーションジャケット。発表当時はそれほどでもなかったはずが、発売日が近づくにつれて注目を集めるようになった理由は、あのブランドの有名アイテムを彷彿?とさせるデザインにあるといえましょうか。

胸のポケットの素材切り替え。色については同系色でまとめているため配色の切り替えと言えるものではないものの、あのジャケットのイメージを重ね合わせる人がいたとしてもまあありえない話ではないだろうというぐらいの雰囲気を醸し出している。

 

そのジャケットとは、もうおわかりでしょう、パタゴニアのレトロXジャケット。まあでも、やっぱりレトロXの代わりとするにはちょっと無理がありそうなんですけどね。

とにかくそのフリースコンビネーションジャケットの人気がすごい。とにかくみんなカバンを置いて試着する。後から来た人も迷わず試着。みんな試着。一気にあれほどの数の人が試着するユニクロ店内をこれまで見たことがありません。それはメンズ商品でありながら、女性客も男性と同じぐらいいてみんな試着するんです。

 

そしてどうやら女性にとってもSサイズは好みでないらしい。そう、売り場にはSサイズは普通に残っているんです、各色とも。しかしMLはほぼ売り切れ。カラーによっては少し残っているものがあったとしても、一番人気らしいオリーブについてはSしか残っていない!!

 

Lサイズはもうないんですか?と店員に尋ねる女性客も多く、その声はどこか懇願するような響きを伴い、無言でSサイズが並んだハンガーの中にLサイズがないかと探しまくる男性客の顔はどれも切羽詰っているかのようで、ここまで「欲しい」と思わせる商品を作り出したENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)にはもう流石という言葉しかありませんね。脱帽!

続きを読む

ユニクロとENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)のコラボを着るとオシャレになれそうな気がし始めましたか。

そしてENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)ユニクロのコラボは秋冬も行われるのであった。春のポロシャツは発売後2週間ほどで限定割引という驚きの展開をみせたガーメンツコラボ・座・ユニクロ。正直ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)のデザインがユニクロの民に理解されたとは思えないところがもどかしい。

 

だからこそ、ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)ユニクロのコラボには少しは触れておきたいのですね。別に私自身それほど期待してるわけでもないですけど。皆さんどーですか。

 

ところでENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)といえば異素材切り替えよね。ガーメンツらしさといえば他にも色々あると思うんです。でもそれは重厚さだったり、他より高めの価格設定なりの質感といったもの。言葉で言い表しにくい部分なのです。でも異素材切り替えはわかりやすい、言いやすい。ここが切り替わってるでしょ、って言いやすい。

春夏のポロシャツに続いてエンジニアードガーメンツ の十八番な切り替えデザインよ

pic via uniqlo

 

そんなわかりやすい切り替えデザインなフリースをしっかり用意、さすがユニクロ抜かりありませんね。さて、この切り替え。ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)らしいと思ってもらえるのか、単に安っぽいと思ってもらえるのか。

 

続きを読む

SUPREME 2019AW 立ち上げの勢いと、余裕なお買い物の成果はみなさん満足度高しかな

シュプリーム2019年の秋冬バージョンがいよいよ立ち上がりました。

 

とはいってもオンラインの話で、実店舗の方は先週発売となっておりますが。

 

今回のオープニングラインナップ、あまり目を引くものがないながらも、SUPREMEの立ち上げということでそれなりの盛り上がりにはなるんでないかとは思ってましたが。

 

先週の店舗立ち上げ時にもいつものように大量の参加者がいたようで、並びの量を見るとまだまだ勢いはあるのかな、という予想も。

 

しかし、目玉商品というのがアウター類には見られず、TシャツのメアリーフォトTがなんとか話題を支えているという状況に、私もあまり興味が薄れていたことは確か。何ですけど、たまたま土曜日11時直前に気が付いてちょっとPCの前でのぞいてみましたよ。

続きを読む

メインアトラクション MAIN ATTRACTION なこと

どのくらい人気になる? 受け入れられる? どんな反応?

 

興味津々

 

 

惜しまれつつもブランド休止となってから1年経過しようというラウンジリザードが、名前を変えて新たに再スタート、じゃないのかな、どんなんかな。

 

ラウンジリザードはラウンジリザード、こちらメインアトラクションは、一から新しく登場のブランドですよーという姿勢でいくのでしょーか。それとも次世代のラウンジでいくのか、その辺りは私知りませんけど、とにかくラウンジリザードのデザイナーが新たに立ち上げたブランドである「メインアトラクション MAIN ATTRACTION 」がこの9月より立ち上がるとのニュースが駆け巡っておるようです。

 

続きを読む