カラブロ2

カラーとデザインからファッションまで、ちょっとした気づき

アークナイツ 始めて2ヶ月ほど経ちました。無課金でゆるーく楽しんでますよー。

ドクターの皆様、戦況はいかがですか。基地の充実度、オペレーター諸氏のご機嫌はいかがでしょうか。

 

アークナイツ 、スマートフォンゲームで今流行ってると言っていいタワーディフェンス型ゲーム。なんだか最初は訳わからんかったけど、やってるうちにだんだん意味が掴めてくるのも楽しいですね。

 

 

私この頃やっと「コスト」についてわかりかけてきた気がするのですよ。いやもう覚える言葉、気にする言葉が多すぎて、一気にわかるわけなーい。

 

 

そんな私も今3章の6ステージにかかるところ。ゲーム自体は6章に入ってるのでまだまだヒヨッコというところでしょうか。ヒヨッコドクターよろしく。

今までスマホゲームってほとんどやってこなくて、ゲームに課金するという習慣も持ち合わせていないので、このアークナイツ も無課金で進めています。これからも無課金で行くぜーー。

 

課金だとどうなのかな、欲しいオペレーターが手に入りやすくなるのかな?今は手持ちのオペレーターを育成し、公開求人で星6手に入らねーかなーと思いながらやってますが。

 

ドクターの皆さん、どんなキャラお持ちでしょうか。星6どれくらいお持ちでしょうか。私は初めて引いた星6はシルバーアッシュ、そしてエクシア。現在この2つなんです。シルバーアッシュもエクシアも、YouTubeの動画でお勧めキャラに上がってたので手に入ってウレシ~。しかもエクシアは一番人気だったのでここが取れて良かったですよ。

 

 

ただ、これまでのところエクシアってそれほど働かないのよねー(コッソリ)。

私の配置の仕方の問題? でもやるときはやるのよ。 パンパンパンって。 昇進してスキル発動でさらに勢いすごいし、こりゃバンバン倒せるわーって喜んでたんだけど、平均するとクルースやメテオの方が敵を倒してるみたいなの。

皆さんのところのエクシアはどーですか。

続きを読む

メンズファッションブログ チラチラ日記

ファッションという意味が大きく変わろうとしている今、メンズファッション ブログはどうなっていくのかを考察してみます。

 

一時は相当な盛り上がりを見せたメンズファッション 界隈。特に細身なシルエットとモノトーンなスタイルにしておけば、誰でもそれなりにお洒落に見えたあの頃は、オシャレ自慢もワンサカでしたね。

 

そこから5年ほどたった今ですが、いつの間にか誰もオシャレなんて気にしなくなりました。それはお洒落に見える服装自体が廃れていったのもありますし、通販オンラインショッピングが大きく伸びて、実際にお店で服を選ぶ行為がどんどん減っていったのもありますね。

続きを読む

ヴァーチャルオンデマンドなファッションアプリ開発について

近頃のコロナ情勢、緊急事態宣言は解除されたものの依然としてマスク着用、外出は控えめ、テレワークの推奨といったウイルス対策の考えが続いていますね。

ファッション界においても今いろんなところでマスクのデザインが考案されており、既存のものにペイントを施したオーソドックスなものから、マスクの形状や造り自体にアイデアを活かした製品が見受けられるようです。

 

そんなマスクの話題はまた別の機会に譲るとして、今後注目される可能性があるのがバーチャルファッションなのです。言い換えればデジタル着せ替えアプリみたいなものでしょうか。

 

例えば会議などは一つの部屋に集まるのではなくリモートオンラインでZOOMなんか使って行うのが一般的になっていきそうですし、会社の机からだけでなく在宅でのオンライン会議もより定着していきそうです。そんな時、これまでなら家にいても会議なのでそれなりの格好で参加しますよね。それなりというか、スーツ着用、化粧もきちんとして、みたいな。

 

そんな面倒なことが新しい技術、インタラクティブによって解消される可能性がデジタル着せ替えアプリによってもたらされます。それはあなたの映像に合わせて服を着せてくれるアプリ。パジャマのままでPCのカメラに映っても、相手のモニターではきちんとスーツを着てるあなたがいるのです。

 

もちろん会議の時だけじゃありません。友達とのオンライン飲みの時はカジュアルな服装、オンラインライブの時はライブ参戦の出で立ちであなたをコーディネートしてくれます。本当のあなたは家でTシャツ短パンであっても、モニター越しにはまさにロックなあなたがいるのです。

 

それがファッションオンデマンド、FODの新しいサービス。最初はそれなりの有料価格で会員制にて行われるかもしれませんが、今の技術革新を見れば幾らも経たないうちに無料アプリで似たようなことが出来るでしょう。

 

FODなら好きな服を着放題。さらにアプリ開発は進んで自分の好みの服を仕立てることが出来る。憧れのブランドに似せた服で着飾ることも可能。

それはそれでまた問題があるかも。多分服のデザインに著作権のようなものはなかったと聞いた記憶があるのですが実際どうなんだろう。仮に著作権がないとしても、何らかの苦情を言ったり言われたりするかもしれませんね。だから、これについてもガイドラインが必要になるのでしょう。

続きを読む

赤と緑 補色の関係

赤い服に合う色は何ですか?

そんな質問の答えによく登場する色は緑。

赤と緑、クリスマスカラーと称されるなど相性が良い色の組み合わせとして認知されていますが、この2色の関係は補色なんです。

 

12色相環のデザイン

12色相環

補色とは、色相環において反対にある色同士のことを言います。色相の差が大きいためインパクトがあり、ダイナミクな印象を与える配色になりますね。

そしてお互いの色を引き立てるのも補色の特徴。

 

だから赤と緑の服装は、それぞれの色が引き立てられるのでオシャレに見えるということなのです。ミリタリーのアイテムといえばオリーブドラブとか緑系が多いですが、そこに赤のアイテムを持ってくるコーデも見られますよね。

続きを読む

WTAPS✖️New Balanceのコラボレーション M992WTが5月1日に発売されることを知ってましたか

ニューバランスM992があった。あっても不思議じゃないけどM990番台シリーズは990993996とか当たり前に名前が出てきて当たり前に人気があるけど、992ってどんなの?

 

ググってみたら、なんとこの2020年の2月にも復刻販売されたみたいで、それが初めての復刻となり、つまり今年は992にとって記念な年。だからなのかWTAPSとのコラボに992が登場したのも、このM992ありきな企画なのだろうね。

WTAPSとNew BalanceのM992

異色なコラボはM992で実現

pic via hypebeast


 

M992WTWTWTAPSのことなのでしょう。Wとついたらウイメンズモデルのことかと思っちゃいそうだけど、オリーブがキーカラーとなるさすがダブルタップスらしいカラーリングすね。

 

デザイン的にはNの文字が小さいので、それが好みという人は食いつくんじゃないかな。1500とかも人気あるしね。でもWTAPSのカタログなどでみたNew Balanceは文字が大きい、あれは990モデルかな、それも結構ハマって見えた。
ランニングとキレイ目オシャレボーイズアンドガールズなNew Balanceと、無骨なミリタリー系ストリートブランドWTAPSってイメージが合わなそうだったけど、案外いけるんだな、と。いや実際合わせてみたら、似合いそうもないアイテム同士でも意外と合っちゃったりすることもある。

 

ていうか、それこそがオシャレの法則。意外性、異なる要素をミックスして成立するファッションが街着として使えるものだから、スポーツとミリタリー、健康とミリタリーという組み合わせは惹きつけて当然。

 

続きを読む

シュプリームとマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン My Bloody Valentine のコラボなんだが

なんだか久々にシュプリーム。それもそのはず今週のコラボはマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン

渋いとこつくねー。

 

でも、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインMy Bloody Valentine )のことをブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン Bullet for My Valentine)と勘違いしちゃった人いるかな。

それか両者混ぜこぜになっているとか。

続きを読む

マスクのファッションが本格的に動き出す

コロナウイルスの動きは以前先行き不透明ではありますが、今そのコロナの影響でファッションシーンに大きな変革が訪れようとしています。

 

それはマスク。

 

マスクをファッションアイテムとして活かそうという取り組みが秘かに進行しているんですね。欧米のファッションブランドが色とりどりカラフルにデザインされたマスクを発表しているようなんです。

 

新型コロナで欧米にもマスク文化が根付く? | WWD JAPAN.com

こちらの記事によると、マスクをする文化がなかったアメリカやヨーロッパの国々の人たちの間で、普段からマスクをする習慣が身につきはじめているとか。まあ記事内では、あくまで病気予防のためという前提があるように書かれていますが、この先普段からマスクしちゃうみたいな人も登場するかもしれません。

 

ビリー・アイリッシュグラミー賞GUCCIアンサンブルにマスク着用とか、ヒップホップ界のフューチャーやリアーナもマスクで登場したというニュースは、直接コロナとは関係ないのかもしれませんが、それならそれでよりマスクが注目され始めているという証。

続きを読む