読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

寒い朝もこれだけで安心 ダウンジャケットの着こなし

ファッション コーディネート・着こなし

 

ダウンの季節

いやー寒いですねー。雪降りますねー。ダウンが恋しい季節ですよねー。

やっぱり冬を越すのにヘビーアウターは必要ですよね。そしてダウンはやっぱり毎年売れるのですよね。ホント今の季節には持ってて安心着て安心なアイテムであるわけです。

 

しかし一方であのモコモコしたボリューム感のある見かけがどうにもオシャレに着こなしにくいものです。やはりダウンジャケットというものは寒いから着るものであり、オシャレするために着るものではないということですね。

 

だがしかし、しかししかーし、それでもカッコよく着こなす術が全くないとは限らないだろうとは思ってたんですよ。ただ、実際どうすれば格好良く着こなせるのかがなかなか知ることができなかったんですけどね。

 

ダウンには腰周りにゆとりのあるパンツを

そんなある日のことです。フトしたきっかけで「もしかしたらこれがダウンジャケットをオシャレに見せるコツなのか?」って思うことがありまして、もちろん私の個人的な感覚なのでこれが絶対オシャレだなんてことではありませんが、ダウンジャケットのこんな着こなしはどうでしょうか。

 

ダウンに合わせるパンツは腰回りに余裕のあるテーパードを選ぶ

 それは、ショート丈のダウンに、裾を絞ったテーパードパンツを合わせるというもの。この時テーパードパンツは腰の部分が広めな方がより適しているかもしれません。

 

 上半身と下半身共にボリュームがあるものの膝下から裾に向かっては絞りが効いているスタイル(ちなみに、このひざ下から裾にかけてスッキリしたラインとなるのは美脚パンツの要素でもあるらしいですね)が、何となくモコモコダウンジャケットを使うにおいてはしっくりくるスタイルじゃないかと。

ということは、サルエルパンツやジョッパーズパンツなどを持ってきてもハマるかもです。

 

よくあるのがボリュームあるダウンジャケットだから、下はスッキリ細いパンツで、というもの。判で押したようにYラインの話が登場して、スキニーなどを合わせましょうとなるのですが、正直ダウンのようなモコモコに棒みたいなパンツでは、コントラスト強すぎでワザとらしくなったり、不自然になったりしちゃいます。

 

メリハリがありすぎるのもどうかと

 そうではなくて、ボリュームのあるダウンジャケットだからこそボトムスもボリュームで対応しようと。テーパードパンツも裾を絞っているので細身のパンツ的な効果が得られるアイテムなのですが、腰のあたりはまだ細くなっていないのでダウンジャケットからスムーズにつながるというわけです。

 

Aライン、Iライン、Yラインといったシルエットには適合しないかもしれませんが、似たような合わせ方をしたコーディネートはネットや雑誌などで目にすることも多いので、それほど間違った考え方にはならないかと思ってます。

 

キレイな着こなしはもう古い?

ダウンジャケットをキレイに着こなすならば、やはりスリムなパンツでスッキリさせましょうというのが一般的な見方であり、それは昨年辺りまでのシンプルでタイトな、そしてノームコアもちょろっと絡んだコーデが幅を利かせていた中ではハマる着こなしだっただろうと思います。

 

ですが、ここ最近のメンズファッションの傾向として、ルーズな、気楽な、カジュアルなテイストを感じるものがメインになりつつあるようです。例えば昨年の同時期と比べて、インディゴジーンズ姿を見る頻度も確かに増えたような気がするのですが。

このような時期においては、馴染むスタイルというのも変化するものだと感じます。そしてダウンジャケットの着こなし方も、ルーズさやらワイルドさやら、もしくはリラックス感を伴ったものの方が素直にコーデを組めそうに思うのです。

 

そういう意味で、ノームコア時代にはコーデの主流だったであろうキッチリ感やスマートさを感じる着こなしというものが、いささか前時代的になってしまっているような気もします。ダウンジャケットの着こなし方においても、スキニーなどと合わせてメリハリをつけるより、同じくボリュームのあるパンツを持ってきて余裕を感じるシルエットを作るのが今の流れに合っているみたいなんです。

 

まあ、ダウンジャケットをキレイに着こなすのが古いのかと言われると、それはまたちょっと違いまして、今まで通りダウンジャケットを着てスリムなジーンズを穿くのももちろん良いでしょう。それ自体が良い悪いの問題ではなく、あくまで「オシャレに見えるかどうか」の話なのですが、これについて語るとまた長くなってくるのでまたの機会に。

 

ダウンジャケットはルーズさを上手く使って着こなす

それではいくつか、ダウンジャケットの旬の着こなしを見ていきましょう。

重ね着で遊ぶルーズなコーデ

 ダウンジャケットのコーデのコツは頑張り過ぎないことでしょうか。ブっといダウンを引き締めようと躍起になるよりは、同じテイストで緩くまとめてやれ、と。

まあ一歩間違うとただダラシない服装に見えてしまう危険性はありますが、それでも必死にオシャレに見せるよりはmskmですね。

 

腰、腿にゆとりのあるテーパードを合わせる

 上の写真のダウンはTHE NORTH FACE(ノースフェイス)のオーセンティックな形状のもの。モコモコ感も普通にあるタイプですね。そんなダウンジャケットでもゆとりあるパンツを持ってくるとモコ感かなり減少です。

 

いいんです、これで

上の二つと比べるとストリート感やワイルドさもなく落ち着いた印象ですね。シルエットとかYラインとかにこだわる人からすれば、全くオシャレに見えないかもしれません。

でもいいんです。ダウンをこういう風に着るんです。何も考えずこのシルエットを真似てもらいたいんです。

 

細いパンツが逆にダウンモコ 

 ダウンのオシャレなコーディネートの例として、このような着こなし写真が取り上げられているのをよく目にします。タイトなサイズ感のダウンにスキニーデニムで全体に細く野暮ったさを解消しましょうというコーデ。

パンツが細い分、その対比でダウンのモコ感が目立つところは仕方ないと諦めて、全体の細さでマイナス要素を抑え込もうと。とにかく全身のシルエットが締まって見えれば、ダウンでもおしゃれになれるよ、ということなのですね。

 

 ただ、こういった手法はある程度痩せていて身長がないと、なかなか効果を発揮するのは難しいかも知れません。誰にでもオススメ出来る着こなしではないでしょうね。

そういう意味でも、上下ともにゆとりのあるスタイルは多くの人が取り入れやすいものですし、ダウンジャケットはモッサリしているものだと素直に受け入れるコーディネートの方が服を楽しく着れるんじゃないでしょうか。

 

そしてこんなコーデも是非試して欲しい

どうせなら派手なダウンで大胆に

 これからはルーズでワイドでカジュアルな時代?かもしれない、ならばダウンももっと派手に大胆に攻めてみるのもいいでしょう。カラフルで個性的なダウンを手に入れたら、下はジャージでこちらもロゴが大きく配されたものを選びたい。但し派手なダウンジャケットな分、ジャージの色は黒で落ち着かせるのもポイントですね。。

 

ここではソックスがキャップとダウンの色を拾っているのも細かいテクニックとなっています。そしてそれを見せるにはジャージの裾が靴下にかからないようにしておくことも忘れてはなりませぬ。

 

そんな細かい心配りがオシャレを構築します。ダウン、ジャージ、キャップ、そしてソックスもでしょうか、一見使いにくそうなアイテム達を単品で見るのでなく全て合わせてみたときにどうなるか、という考え方。それもただ合わせるだけでなく、オシャレに見せる工夫を取り入れる余地を探しながらのコーディネイト。

それを繰り返すうちに、自分なりのスタイルが出来上がります。

 

こちらのようなコーデに慣れたなら、今度はジャージに色を使ってみることにもチャレンジしたいですね。ワイドなものにワイドなものを、ボリューミーなアイテムに同じくボリューミーなアイテムを。ならばカラフルなものにカラフルなものを持ってきてもいいんじゃない。もちろん一歩間違うと事故の可能性も大アリなハイレベルテクニック。それでも今のトレンドの流れだからこそ創意と工夫でこの難問を乗り切っていただきたいのです。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 いかがでしたでしょうか、ダウンジャケットの着こなし。

 

今回語った着こなし方ですが、ダウンだけでなくこれから春夏に向けてもその時期に応じたアイテムを使って取り入れてもらえればと思います。

そして着こなしのバリエーションを増やせたらいいですね。

 

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事



カテゴリ