カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

日記

令和のオシャレとファッションはアパレル産業の挑戦次第、と言いつつ技術と強みで利益とファンを増やすには

2年前の服でも新しい 新しくなければ駄目なんだ トレンドと向き合いながら、独自のスタイルを貫ける武器があるかなんだ 誰が言ったか知らないが。 販売し続ける服がある。トレンドがどうあっても変わらぬ魅力を持ち続ける。そこにシーズンという考えはない、…

あなたのファッションを丸ごと変えるかもしれない! 服好きならちょっと読んでおきたい本『Sense up 「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』

カラブロ2で本の話題というのは初めてかもですね。 この本を読むと、ファッションの見方や好みが一変してしまうかもしれない。明日買おうと思っていた服の購入を思い止まらせ、本当に必要な服にしっかりと照準を合わせることができるかもしれない。 大げさ…

THOMAS MASON社の生地を使用したシャツ

この時期やたら目にするのが、1796年創業の英国老舗生地メーカー〈THOMAS MASON〉社の生地を使用したシャツ。 トーマスメイソンと言うのでしょうか、有名な生地メーカーらしいですね。ハリのあるブロード生地と紹介しているところもありますが、パリッとした…

King Gnu (キングヌー) EYESCREAM (アイスクリーム) 特集に関連して音楽とファッションの考察

EYESCREAM (アイスクリーム)という雑誌があります。サブカルチャーというかスケボーとかヒップホップとかアートとか、もちろんファッションについても扱う媒体ですが、この2019年6月号ではミュージシャンKing Gnu (キングヌー)の特集が組まれています。 と…

オーバーサイズとオシャレ過ぎるサイズ感

オーバーサイズ、ワイドシルエットがトレンドとなって久しいこの頃、そんなサイズ感にも慣れた後は、さらに踏み込んでわざとサイズアップなんかを試してみたりという段階に入り始めたという人もおられることでしょう。 普段Mサイズの人が、Lサイズに止まらず…

こう考えれば誰でも即オシャレ 令和はメンズファッションの時代 だからマジ感謝な大予想

平成の時代にあらゆる要素を描き出したメンズファッションは、令和になって全方位に可能性が広がることによって、オシャレなポジションを掴むことがとても容易になりました。 あれほどオシャレって特別な人のものだと、自分には遠い存在だとされていたファッ…

メンズファッションは人気の服もいいでしょう アウトドアモノな流行を楽しむのもいいでしょう

人気ブランドや流行のアイテムを争奪戦の末に勝ち取るファッションライフが今やデフォルトなの?てなこの頃なんですが、もちろん普通に落ち着いて買い物できるブランドもあるわけでして、でもなんとなく人気じゃないとリセールヴァリューがないと満足できな…

”探すとなかなか見つからない”は、アパレル販促ワードの次世代を担うポジションを掴むのか?

みなさんこんにちは、服買ってますか? ”ありそうでない”・・・耳にタコが出来るほどに使い倒され、ありふれ過ぎた接客用語。ところで耳にタコの同義語で見飽きたことを「目に」ナントカって言い方なかったでしょうか? そんな”ありそうでない”も流石に使う…

服を買うのに抵抗を感じた時は

服を買うのに罪悪感を感じるという記事がありました。 罪悪感を感じずにお洒落をしたい : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 読売新聞 服を買うことに罪悪感を抱く女性の気持ち―「服を我慢したら貯金できる」「買ってもタンスの肥やしになる」 | …

春物出揃いました!?

2月も半ばにさしかかるあたり、もちろん今は春夏物の時期なのですが、既に本格的なスタートが切られたブランドもあり、これから2019年SSシーズン開始というブランドもありと、各メーカーによって様々です。 しかしまだまだ2月半ばの冬真っ只中の時期で、もう…

The North Face ザ・ノース・フェイス マウンテンライトジャケット いきなり飛び込んできた発売日 混雑と熱狂度と結果もきになる

The North Face というだけで、ノースフェイスというだけで、何故こんなにも目の色変える必要があるのか? かつてザ・ノース・フェイスがこれほどの熱狂度をもって迎えられたことがあっただろうか。 もちろんザ・ノース・フェイス、アウトドアブランドであり…

なんというか ワイシャツの正しい洗濯方法という記事を見たのだが 薄い、うすーい、あまりにも雨水じゃなくウスイ

「ワイシャツの正しい洗濯方法」という記事を見た。 これがその記事。 asm.asahi.com 他のことを検索していてたまたま引っかかったのが目についたので、どんなものかと眺めてみたのだけれど。 その内容に驚愕というのも大げさではあるものの、一種のなんとい…

ワークマンのコンプレッションTシャツ

今アパレルの中で一番アツいのが、アパレルと呼んでいいのかどうかはよくわからないところもありますがとりあえず服という括りで、ワークマンworkmanなのかもしれません。 みなさんご存知のように一作業服専門店であったであろうワークマン。その佇まいはい…

ダウンジャケットに代わる防寒着が

2018年も押し迫ってきたこの時期振り返ればこの冬目立ったのがダウンジャケットのプッシュプッシュさらにプッシュ。 各店舗ともダウンジャケットを惜しげも無く前面に展開し、数多あるダウンブランドがしのぎを削る展開が続いています。 昨日はあのブランド…

ボタンダウンシャツにネクタイして会社に行くのはおかしいのか?

ボタンダウンシャツにネクタイをするのが間違った着方だとかマナー違反だとかいう噂が絶えません。スーツ姿にボタンダウンシャツを使って会社に行くのはおかしいということらしい。つまりビジネスでボタンダウンシャツを着るものではないということですね。…

UNIQLO and ALEXANDER WANG  ユニクロ✖️アレキサンダーワン ヒートテック 買った

ユニクロのヒートテック売り場でアレキサンダーワンとのコラボヒートテックを見つけました。なんでも11月9日あたりに発売されていたらしいですね。知らなかった。 なんだか、オシャレっぽく仕上げたヒートテックのようで、1枚で着てもサマになるように作…

ダウンジャケットの梱包の仕方

メルカリ、ヤフオク、ラクマなどで冬アウターが売れたとき、梱包をどのようにするか悩んだりしませんか。そこで、今回ダウンジャケット発送をしたので梱包のやり方をメモしておきます。 このダウンジャケットを梱包します。

SUPREME(シュプリーム) BOX LOGO CREWNECK スウェット 購入

今年秋冬SUPREME(シュプリーム) の最後の注目イベント ボックスロゴ祭りは BOX LOGO CREWNECK SWEAT SHIRTS の発売日。 オンライン、店舗とも予想通りの盛り上がりとなり、今回はオンラインで参戦となりました。

ノースフェイスバルトロとハロウィンのファッション

ハロウィンのファッションは複雑です。 仮装をメインにするか、それ以外をメインにするかで方向性が全く違う。ハロウィンを盛り上げるためにもどのような着こなしが自分に似合っているのか新しい視点で考えることが重要です。 ハロウィンといえばこの時期一…

AURALEEオーラリー がやってきた

2018年秋冬の幕開け、AURALEEオーラリーの秋冬シーズンが立ち上がるというニュースを見た。近頃気にならなくもないオーラリー。なぜだか人気らしいオーラリー。 それとなく売れているらしいオーラリー。

雑誌はTシャツの着こなし特集

夏目前に控えた、いや季節の上ではもう夏であるこの時期、ファッション雑誌においてはTシャツをいかに着こなすかというお馴染みのテーマにした特集が多く見受けられますね。

オフホワイトはラグジュアリーストリートのままなのか

ラグジュアリーストリートの話題がだんだんと萎んできました。あれだけ勢いがあったラグスト、ネオストリートと呼ばれるファッションも、いつまでも同じテンションではいられないか。どんなに良くてもそればかりだと飽きてくるのだと。 思えばHIPHOPの話題も…

服装選びは服装指数で

真夏、真冬じゃない限り、服装選びで迷うことって案外多いですよね。気温の変化を予想するのはなかなか難しかったりします。コーディネートはオシャレも大事ですが、快適に過ごすための服装という面も同じぐらい重視したいのです。 そこで参考にしたいのがこ…

オシャレはほどほどに こざっぱりした服装がベスト

いくらオシャレになっても、他にも同じ格好の人がいたらオシャレじゃないらしいですね。 また、オシャレになっても、こうしたらもっとオシャレになるなんて考え方が蔓延しているそうですね。 それは「差別化」だけを意識することであり、「比較と競争」のみ…

いかにダサくならないファッションでいられるか その2

という叫びは、ある意味強迫観念に近い心理状態から来ているものかもしれません。どうでしょうか、たかがファッションそんなにのめり込んではいないと思うでしょうか。 しかし、知らず知らずのうちにそんな思いに囚われてしまうのもまた現実なんです。

いかにダサくならないファッションでいられるか その1

嘘か誠か日本人のファッションは画一的だと言われたりしますが。 メンズファッション似たような着こなしが目立ちます。流行があるのである程度似た着こなしになるのは当然だとしても、近頃は同じブランドの同じアイテムをそこかしこで見ます。服に気を使って…

オシャレしないオシャレ 無地ものキレイ目アイテム復権か その2

さて、キレイ目ファッションの復権という流れとともに、ストリートカジュアルからの反動としてスーツスタイル的なものもトレンドとして浮上しそうです。ジャケットスタイルやセットアップスタイルといったような着こなしをこれまでよりも見かけるようになり…

オシャレしないオシャレ 無地ものキレイ目アイテム復権か その1

巷ではまだまだストリートコーデのトレンド夏真っ盛りですが、なんとなく感じる気配があるのです。それは、まだ表立ってはきていません。はっきりと皆の意識に捉えられるところまでは上ってきていないでしょう。 しかしそろそろまたトレンドの変化がやってき…

シュプリームメモ それは史上稀に見る余裕なノースフェイスコラボ

こんなに余裕でsupremeが買えるのっていつ以来? いつまでも残ってることって、あった?

やっぱりどんな売れ行き具合なのか気になるのはシュプリームとノースフェイスのコラボというわけです

シュプリームとノースフェイスのコラボが気になります。 どんなデザインでも売れると思ったのでしょうかね。なんでも出せば売れるのだと。