読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

2016 夏のモテるコーディネート

ファッション コーディネート・着こなし

夏本番がやってきた。夏のモテモテコーディネート。


ネット上でもモテるためのコーデ集なんたらってのが数多く見られますが、今回そんなコーデの中で参考になりそうなものをさらっとまとめてみました。


夏はオシャレしにくいと悩みがちな貴方、あれこれ考えずシンプルにモテだけを考えてファッションを構成してみてはどうでしょう。

 

やはりシンプルがモテる


まず最初にオススメしたいのはズバリ、シンプルなコーディネートです。


そう、色やデザインに凝ったものではなく、ホワイトやネイビーといったベーシックな無地のアイテムを使ったコーデ。

 


ノームコアの流れを引きずっているようですが、元々トレンドとは無関係の定番的ファッションスタイル。そして女子ウケ№1なのは今も昔も変わらない。

 

男性がカッコいいと思うものと女性がカッコいいと思うものは違います。ギミックや装飾に惹かれることなく、物足りない?ぐらいで調度いいかも。

 

Tシャツデニム

そんなシンプルファッション、思いつくのがTシャツデニムですね。白のTシャツにデニムという王道スタイル、最近は逆に見かけることが少なかったようですが、今年タッキーや柄物が流行る中では他との差別化にもなってくれるでしょう。

 

もちろん白だけでなくネイビーや黒、グレーといったベーシックなカラーもOK。また、単に無地だけでなくポケット付きのポケTも加えるとなかなかにバリエーションが増えてくれますね。

 

そんなTシャツデニムに合わせてみたいのが、革靴やキレイめシューズです。トップス・ボトムスとの対比でギャップが感じられ新鮮な見た目に。その新鮮さがモテにつながるよん。

 

 その他Tシャツデニムに一手間加えるなら、チェックシャツの肩掛けや腰巻きはいかがかな。今年WEARなどでもよく見かけるこのスタイル。コーデに柄を加えるという効果と共に、程よいアクセントとなってくれるでしょう。ここではヴィヴィッドなカラーのものでも大丈夫。コーデにおける面積が限られているので、遊び感覚で巻いていきましょう。

 

そして時にはボリュームスニーカーでさらなるギャップを生み出すのもツウっぽくていいですね。

 

スポーティ

さあ、Tシャツの次には何を着ましょうか。


それなら今年のトレンドであるアスレジャーを意識した、スポーティアイテムを取り入れてみてはどうでしょう。


スウェット、スポーツサンダルもそうですし、オシャレを意識したスポーツウェアも近頃多いですよね。今年はジョガーパンツという新規トレンドアイテムも本格的な人気を獲得しています。そういったものを上手く織り交ぜると、着こなしのバリエーションも増えることになります。

 

あ、一応確認しとくと、アスレジャーは全身スポーツ出来る格好、ここで言うスポーツミックスはスポーツウェアと普段着の組み合わせ、ということですね。
上から下までスポーツアイテムではちょっとモテとは離れるので、アスレジャーとモテコーデは異なるものと考えたいですね。

 

 

 さて、そんなスポーティアイテムの話になったところで、ちょっと注目なのがスウェットショーツなのです。スウェットショーツというと野暮ったいというイメージがあるかもしれないですし、確かにそう見えるものもあるのですが、デザインによっては通常の短パンよりもこなれた雰囲気が出せたりするもの。

上手く行けば、自然と軽快な服装にステップアップ出来そうで、軽くモテコーデに変身するかもですよ。しかも最近大人のサーフスタイルがじわじわと浸透中。お店で見かけたらまずは試着オススメ。


セットアップ

夏用素材のセットアップコーデもキレイめをしっかりアピール。ただし、初デートに着ていくのは避けたほうが無難。変にキメ過ぎのようで自然じゃないんですよね。その微妙な空気がいつもの貴方の調子を狂わせるかもだから。

あくまで数あるコーデの中の1パターンとしてスタンバイさせておきたいですね。

 

シャツスタイル

シャツも何枚か揃えておきましょう。白シャツ、シャンプレーシャツ、ミリタリーシャツなどで、シンプルな無地のものが使いやすくていいです。

そして長袖ですね。夏は暑いですが、袖を捲って着るようにしましょう。冷房の効いた車内などで、長袖は役立ちますし、半袖と長袖と比べたら、長袖の方が女子ウケがいいらしいです。
ただ、半袖がNGというわけではないので、余裕があれば持っておくとよいでしょう。

 

 

トレンド×トレンドでまとめてみる

さて、この夏のトレンドアイテム同士で組んだコーデというと、ジョガーパンツ、ビッグシルエットTシャツ、スポーツサンダルですかね。そしてカラーはオリーブやベージュといったところ。これらをまとめたコーデはもちろん、今夏のモテコーデとなりますね。

 

 

ここでモテTIPS5

1.リラックス

そうテーマはリラックス。ビッグシルエットの流れは今夏から次の秋冬シーズンにも受け継がれ、そしてそれはこれまでにも増して際だった特徴を見せ始めています。そのビッグシルエットはつまり、タイトの対局。締まったコーデからユルいコーデとなり、着る人もそれを見た人にもリラックス感を感じさせるそんなコーディネート。

 

 

リラックスはシルエットだけではありません。白や黒のモノトーンは締まったスタイリッシュなイメージですが、これからは少しずつ色の入ったTシャツなどでリラックス感を出していきたいですね。ベージュやカーキなどのナチュラルカラーに加え、イエローやブラウンなどの暖色系も市場を賑わせることになりそうな予感です。


そうした意味で、ユルいサイズ感でナチュラルトーンのTシャツは是非用意しておきたいところ。ただベージュの服って、裸に見えることがあるので要注意ですね。

 

2.レイヤード

続くテーマは重ね着。Tシャツ1枚でもいいですが、裾からもう一枚なにか布が出ている感じなのが良いのです。こなれているのです。タンクトップでもいいでしょう。もしくはレイヤード風のTシャツでもいいかもしれません。

ただ、わざとレイヤード風に作っているものは、なんとなく安っぽさもあるので、やはり少し暑いですが、中にもう一枚着てレイヤードさせてみるのも手です。

 

 

3.カーディガン

羽織ものはなんとなくコーデを格上げさせてくれるものです。夏はTシャツやカットソー1枚という姿が圧倒的多数です。そこにカーディガンをさらっと羽織った姿はそれだけで周りとの差別化が歴然。即モテにつながりますね。また、直射日光を遮るために暑さ対策にもなりますし、冷房の効いた車内でも役立つ事まちがいなしです。薄手のカーディガンを見つけたら、安いものでも良いので1枚購入しておくとよいでしょう。

 

 

また、カーディガンを使えば上であげたレイヤードスタイルの構築にもなりますし、一石二鳥というわけです。さらにカーディガンの役立つところは、着るだけでなく肩掛けや腰巻きにも使えるというところですね。シャツとはまた違ったこなれ感がたまりません。

 

4.ヘンリーネック

ただのクルーネックやVネックTシャツと違って、ヘンリーネックを使うというのも味があるというものです。あまりヘンリーネックがスポットライトを浴びることはないですが、クルーネックが流行ってもルーズなネック形状が流行っても、関係なく使えるのがヘンリーネックですね。主役でなく2番手の存在だからこそ、浮き沈みがなく常に安定した存在でいられるのでしょう。

 

 

そんなヘンリーネック、首元の少し変わった雰囲気作りには最適で、夏の気怠いサマーな気分を上手く彩ってくれる秘密のアイテム。上手に使いこなしてみたいですね。

 

5.ベスト または ジレ

 さあ、そしてラストを飾るのは、他ではあまり取り上げられていないアイテムである、ベスト(ジレ)です。ファッションを語るサイトや質問サイトなどでも、あまりいい評判はないのがベスト。カッコつけてるとか、必然性がないとか、様々な考察が披露されているようで、もちろんそれらにも一理ありといったところ。

 

しかし、モテを考えてみた時にベスト(ジレ)は頭の片隅にでも入れておいていただきたいアイテムなのです。街を歩いてみてください。ジレを纏ったコーデが上手くまとまっている人を見かけることがあるでしょう。そのスタイルは、シャープであり締まっていて、カッコ良く完成されたまとまりがあるものです。

 

 

ベスト(ジレ)を着こなすコツは、まずは着慣れることにつきます。モテとかを考えず、服装全体が締まるかどうかを鏡をみて判断してください。手持ちのアイテムでしっくりくるコーデを作って下さい。そして普段から散歩に出掛けて下さい。ベスト(ジレ)を着て外に出て下さい。近場から初めて遠くまで出かけて下さい。ベスト(ジレ)で飯食ってください。ベスト(ジレ)で電車に乗ってください。ベスト(ジレ)でショップに入って下さい。オシャレなショップに入って下さい。自信がオシャレをつくるのです。ベストなベスト(ジレ)マスターになって下さい。

 

が、しかしやはり似合う人には似合うが、そうでない人は避けた方がいいのかも。なので、しばらく試してみて、上手く着こなせそうになかったら一時撤退しましょう。一旦引く勇気も大切です。

そして、また時期が来れば、あなたのベスト(ジレ)がベストな時期になれば、その時またチャレンジしてみてもいいでしょう。

 

一度似合わなかったからといってそのまま諦めてしまっては勿体無いです。今多くのサイトや媒体でベスト(ジレ)が意味のないものとして重要視されていないのは、それを着こなせる人がいないから。

カッコ良くきている人に対する妬みもあって、ダサいファッションと決めつけているに過ぎません。

 

ファッションを楽しむという意味でも、自分が新しいスタイリングを創るという意味でも、さらなるモテを目指す意味でも、アイテムを諦めるよりはそれを征服してやりましょう。

 

いいですか、ベスト(ジレ)はダサいアイテム。と多くの人は思っている。だからこそ、それを着こなした時に周囲と大きな差をつけることができるのです。一発大逆転をファッションで成し遂げてみませんか。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

いかがでしたでしょうか。2016年夏のモテコーデ。

 

貴方のセンスでこの夏モテるコーデをさらにステップアップさせていただきたいと願っています。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 


カテゴリ