読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

夏は単調冬も単調 でもそれがオシャレなのです

ファッション

メンズファッション夏は単調って言います。Tシャツに短パンという格好しかしないので変化のつけようが無いのだと。そんな時、秋冬になればアウターも着るし、インナーとのレイヤードなどもあるし、お洒落を考えるのが楽しくなるのはやっぱり涼しくなってからかな、なんて思考を巡らせます。

 

しかし冬の服装にしても、大方は似たような黒のアウター、最近ならチェスターコートにステンカラー、たまにトレンチなどのロング丈コートが多いですが、結局は黒のコートで上半身覆ってしまっていつも同じ印象。

ボトムスについてもダークな色のものが多く、ジーンズやスラックスやスキニーといったやはり他と似たようなアイテムといった印象で、カーゴやワイドパンツといったものはまず見られることはなく、トレンドが太めのパンツとか言われながらも実際に流行っているとは言い難い。

 

つまり秋冬も結局は単調なんですよ。まるで根拠のない言い伝えのように冬はオシャレを楽しめるとか言われますがね。いやまあ楽しめることは楽しめるでしょうが、何と言いますか過剰な期待を抱くほどには・・・、ってことです。

 

これぐらいの着こなしをやってみろ、と言われますか

もちろんアウターがあって、インナーがありますから着るものの種類は増えます。インナーをニットにするかパーカにするか考えたり、柄や色を取り入れてみようと考える余地はあります。しかし例えば、実際にどれぐらい思い切ったカラーリングを取り入れることが出来るのかってことがあります。柄についても同様で、シンプルで使いやすそうな柄に落ち着いてしまうことも多そうですし、そうなると無地のものとそれ程大きな変化もなさそうに感じます。

 

黒と白のモノトーンにやっとグレーを使い出したのを、さも”色を使った”ように考えたり。そんなのはモノトーンコーデの延長上であり、ていうかグレーもモノトーンに入るという考え方もあるのでモノトーンのままといって良いことになってきます。

また、グリーンやネイビーといった色を使うこともあるでしょう。中には思い切ってボルドーなんてのも。しかしそのどれもがダークなトーンでまとめてしまえば、黒白コーデとそれほど変わらない印象となってしまいますね。

 

つまりモノトーンコーデに一色という考え方は、単に黒白のみに陥らないといったようなマイナスからの発想コーデなので、基本地味を脱することにはなってきません。モノトーンのみであろうが、そこに1色2色足そうが、地味なものは地味なのです。

 

オシャレを意識するとどうしても色使いもコーデも地味で単調にはなってくるものです。それはオシャレな服装はフォーマルライクな綺麗目なコーデから生まれてくるものだからです。フォーマルライクにしてもキレイ目といわれる服装にしても、基本派手さの無い服装ですね。それはつまり、地味で単調なコーデにつながるものであり、決してカラフルとか尖った着こなしには結びつきません。

 

そうしたドレスライクな要素がオシャレの素となるのですが、そういう意味で言いますと、単調なコーデを毛嫌いする必要は全く無いといって良いことになるのです。オシャレするなら単調で当たり前、多少地味であってもオシャレならば良いでは無いか、てなことです。

 

脱地味、差別化、単調を避ける

 一方でカラフルで派手なファッショナブルなオシャレって言うんですか、そんなのもあるだろうとは思います。見た目にも楽しいし、そのような服装を着こなせればイイだろうなとは思います。が、それはいろんなファッションの中の一つだということです。

カラフルなオシャレもあり、モノトーンを基調としたオシャレもあるのです。そして今はモノトーン基調のオシャレをしているのならば、単調だろうが地味だろうが気にすることはありません。

 

そして単調なコーデがファッション初心者のものであるとかいったことでも無いのです。それではファッション上級者がモノトーンコーデをしないのか、ってなことになります。ファッション上級者はいつでもカラフルでナイスな着こなしなのかってこともないだろうことは容易に想像できますね。地味で渋いオシャレもあるはず。年齢、経験関係なく、服は、そしてオシャレは、万人に平等に用意されているものなのです。

 

単調が悪いわけではありません。単調に飽きたからといって、無駄に色のついた小物を取り入れようとするのがマズいのです。

好きな服と似合う服は違うとか言いますが、着たい服装とオシャレになれる服装も一致するとは限らない。

単調なら単調でよし、地味なら地味でよし、自信を持って着こなせているかどうかという部分をもっと大事にしてもらえたらと願っています。

 

スポンサードリンク

?

関連記事



 

カテゴリ