カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

好きなアイテムを着る ポジティブな感情こそがオシャレに近づく

好きなものを着るのがオシャレなんだというのはある意味当を得ていると思います。

どうすればオシャレになるのか、何を着ればカッコよくなるのかをいつも考えていて、その結果選んだ服を着る。そこにはポジティブな感情が伴います。

 

前に「いかにダサくないファッションでいられるか」というタイトルで記事を書きましたが、このような「ダサくならないためには」という考えはネガティブな思考から来ています。

 

そうではなくて、ダサいかどうかなんて気にしない、とにかくカッコ良いと思う服を積極的に着る、という攻めの姿勢がポジティブな空気を作るのだと思います。ファッションに限らず、他人から見た印象はポジティブな感情で行ったものの方が良くなるものです。

 

仮にその服装がそれほどオシャレには見えないとしても、ポジティブな感情が伴うコーデはなんだか「その人らしい」と思われるのです。つまり個性的と捉えられる。これ重要。

 

個性的というスタンスはカッコいいとかダサいとかいう次元とは別物になります。ありきたりではないその人にしか出せない雰囲気や表現は、他との優劣で計られるものではないということですね。その個性的な部分を、前向きな姿勢で打ち出していくならばマイナスよりもプラスに働くことでしょう。いい形で自分らしさを出していることになるのですから。

 

さらにですが、好きなものを着るというのはつまり、本当に自分が好きだと思うもの、もしくは自分の直感で選んだものや、理由はわからないがとにかく惹かれたアイテムを着るということでもあリますね。

ファッションに限らず、直感やあれこれ考えずに感じたまま素直に行動して、それが良い結果に繋がると言う話も珍しくはないでしょう。そういう意味からも、好きなものを堂々と着ることが、自分に似合った着こなしへの近道だというのは頷けるものです。

 

ただ、そうは言ってもつい流行とか他人にどう見られるかっていうのが気になっちゃうんですよね。今日は好きなものを着る気になっても、明日になれば「このブランドは今でもオシャレに見えるのだろうか?」みたいな。

なかなか一貫した姿勢でいることは難しい。自信があったりなかったり。

 

まあ無理して好きなものを着るぐらいなら、まだトレンドとか気にしながらの方がマシなように思います。無理するということはポジティブにはなっていないということですから、見た目の印象も芳しくないものとなるでしょうし。

 

好きなものを着るのがオシャレ。それはあくまで前向きな心理状態に基づくものだということは忘れないようにしたいです。

 

ということで、とりあえず今日はこの辺で。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ