カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポンを買ってみた


話題の、UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポン、4月26日発売日当日に見に行きました。


正直あまり期待はなかったんですけどね。UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)ということで、デザイン的にはそれなりのものになっていたとしても、すぐにヘタリそうなものじゃないかという気がするし。

 

ただ値段が3000円ということで試しに買うのもいいかもしれないし、ネットでも話題になっていて、中には絶賛しているような記事もあったりで、まずはこの目で見て判断しようと。後から買っとけばよかったとか思うことのないように。

 

実際見てみると、形はシャープできれいですね。確かに他ではあまりないデザインです。質感については想像通り安っぽさはありますね。でも1万円ぐらいのスニーカーでなんだかヘナっとした質感のものも見たことがあるので、実際履いてみてどうなるかは、履いてみないとわからない。

 

また、仮にすぐにダメになったとしても3000円のものですし、それを承知で買うものでもあるでしょうし、一応ユニルメ記念として買うということでいいんじゃないかと。

 

ていうか大体ユニクロの靴に耐久性やら何やら求めるのが間違いだということですしね。UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポンについての記事などを見てると、1シーズン持つかどうか心配とか、すぐに汚れてなんたらとか、書いてたりしますが、そんなことは普通の靴を買う場合に考えることであって、ユニクロのスニーカーに何を求めてるんだと、一体いつからそんな風な考えが蔓延したんだろうという疑問を抱かせるような文が散見されるのですが。


店に行ったのが夕方くらいで、忙しい合間に行ったのでよく確認できなかったのですが、サイズ欠けは起こってたみたいですね。ただ、自分のサイズはあったのでまずは試着してみることに。

サイズ小さめとは聞いてたんですがとくに締め付けられるようでもないし、問題なく履けそうなので、白を買うことにしました。

 

そうです、人気の黒ではなく白です。

 

何故かって? それは黒のスニーカーはもう家にたくさんあるからです。黒のスリッポンもあるからです。


それに元々このUNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポン、全くといっていいほど興味なかったのです。しかしつい先日、いきなり白のスニーカーが欲しいなとか思っちゃって、何かいいのないかなと思ったときに、このUNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポンスニーカーが発売になると知ったので、これはちょうどいい、と思ったわけです。

 

そういうことで、私の場合は白を買うのが自然であったわけなのですが、もしそうでなければやはり黒を買っていたかもですね。
白と黒を比べると、黒の方がユニルメらしいシックさとモード?さを感じられそうで、つまり満足感も高そうで、というところですか。

 

ていうか、2色買いも考えたんですけどね、やはりそれはやめておきました。

 

何故かって?


それは多分、どうせ長持ちするものでもないし、また長持ちさせるようなものでもないし、一応その場の雰囲気とユニルメ記念という意味で、少しの間履いてみるという使い方のものだと思ったからでしょう。

そんな力入れて2色揃えるようなものではないという感覚、わかってもらえますかね。

 

ともあれ、購入したのはUNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のキャンバススリッポンスニーカーの白です。安っぽいとかすぐ汚れるとかいう意見多いです。オンラインショップでも黒はサイズ欠けありますが、白は全サイズ残ってました。

 

しかし安っぽいのは当たり前です。3000円ですよ。黒の方が高そうに見えるのかもしれませんが、3000円のスニーカーが高そうに見えて嬉しいんですか?まあ、人の好みでしょうけど。

 

汚れていいんじゃないですか。汚れてくすんでそれで見た目どうなるかですよ。新品状態のままのスニーカーってなんとなくカッコ悪いんじゃなかったですかね。スニーカーを楽しみましょうよ。味を、変化を、こなれ感を。

 

UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)のスニーカー、まだの方は機会があればチェックしておくのもよいでしょう。

 

スポンサードリンク

?

関連記事 

 

 

カテゴリ