カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

Wilfred Limonious(ウィルフレッド・リモニアス)/Supreme (シュプリーム) のコラボが7月1日に発売の予定でしょう

ジャマイカのダンスホール・アルバムジャケットで独自の世界観を持つアートを築いたWilfred Limonious(ウィルフレッド・リモニアス)が、今回のSupreme (シュプリーム) コラボのお相手。

ウィルフレッドLimonious(1949年から1999年)は、現在「ダンスホール・アート」の父として認識されている多作ジャマイカイラストレーター、デザイナーでした。農村トレローニー教区でアルバート町で生まれ、彼は彼らの出版物のイラストレーターとして島の国民の識字プログラム、JAMAL(リテラシーの進歩のためのジャマイカ運動)のために働くに行く前にスター新聞の漫画を示し、1970年に彼のプロとしてのキャリアを開始しました。

 

80年代~90年代初頭のジャマイカン・ミュージックならダンスホールですよね。そして、その頃のLPジャケットに特徴ある人物キャラクター、パトワ語の吹き出しや解説、と行ったコミックテイストのジャケットがあります。そんなアートは新聞漫画家のWilfred Limonious(ウィルフレッド・リモニアス)によるもの。

シュプリームコラボ夏のTシャツとのコラボで登場です。

 

 

着れるTシャツは何枚あってもいいですね。って何枚あってもいいですよねってアパレル関係の常套句ですよね。

彼はパワーハウス、スタジオワン、テクニック、ジャミーの、ミッドナイト・ロック、スカーフェース音楽の好きのためのアルバムジャケットとレコードレーベルのロゴの何百ものを設計したときに彼の最も記憶に残る作品は、1980年代と90年代の間にジャマイカの音楽産業のために作成されました、デニス・スター・インターナショナル、Ujama、火山、タクシーおよび多数の他のラベル。

明日はSupremeがWilfred Limoniousの作品を特集したグラフィックTシャツをドロップしているのを発見しました。ジャマイカのイラストレーターとデザイナーは、80年代と90年代のジャマイカ音楽業界向けに作った最も記憶に残る作品を「ダンスホールアート」の父親とみなしています。当時、Power House、Studio One、Techniques、Jammy's、Midnight Rock、Scar Face Music、Dennis Star International、Ujama、Volcano、Taxiなど、数多くのレーベルのラベルジャケットやレコードをデザインしました。 Limoniousのコラボレーションは、明日はSupremeストアで4つのグラフィックTシャツ、4つの新しい夏のTシャツと共にsupremenewyork.comで構成されています。

 

 

そしてSUPREME(シュプリーム)のレギュラーサマーTもさらっと

 

この夏、Supremeは、Wilfred Limoniousによるオリジナルのアートワークを特色とするTシャツのグループについて、Limonious EstateとOne Love Booksを手がけました。グループは4つのグラフィックTシャツで構成され、4つの新しい夏のTシャツと一緒に利用できるようになります。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

カテゴリ

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com