読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

モテるメンズファッションとは おしゃれと清潔感とかっこよさ

ファッションの要素として、おしゃれ、かっこいい、清潔感といったものがあります。

「おしゃれ」とはどういったイメージでしょう。例えば、オシャレをする場面として何が思い浮かぶでしょうか。パッと思い浮かぶのはパーティーですね。派手に着飾ってみたり、センスよくまとめてみたり、アクセサリーと洋服の相性も考えたり。服装に気を使う割合がかなり高いのがパーティーという気がします。そして、そのパーティを楽しむスタイルがオシャレのベースとなってきます。


メンズファッションの場合は、黒のセットアップスーツといったところでしょうか。スラっとした細身のスーツでキメるといったイメージですね。黒の他にはチャコールグレーも定番色ですし、ダークネイビーや濃いワインカラーのスーツもパーティーではよく見られますが、私達が普段オシャレをしようと取り入れるには、黒に比べると汎用性が低く難易度も高めになります。やはり、黒をベースに考えるのがよいでしょう。

 
次に「かっこいい」という観点でファッションを見てみましょう。男性にとって、着る服を考えるときに押さえておきたい要素となるのはかっこいいということじゃないでしょうか。オシャレだねと言われるより、かっこいいと言われる方が少し自信もついたりします。そういう意味でカッコイイという部分は、服を選ぶ上で多くの人が重視する部分です。

 

ただ、かっこいいことを望み過ぎて、逆に垢抜けなくなってしまうこともあるのです。たとえば派手な色をドカンと使って「どう、カッコイイだろ?」って感じの人がいますが、その服だけが目立つだけで本人が魅力的に見えることはありません。このあたり難しいですね。派手とカッコイイは別なものです。逆に、地味だけどまあいいかと適当にユニクロで買った服の組み合わせが、なぜか見栄えすることもあったりします。

 

「清潔感」とはどういった服装なのでしょう。新品の服だからとか、きちんと洗濯してるから、といった意味での清潔感ではなく、「すっきり」した、とか「整った」、「まとまった」という表現で語られる部分です。基本的にジャストサイズか細身のスタイルであり、モノトーン、ベージュ、ネイビー、淡いブルーといった爽やかさを感じさせる色合いでまとめます。ベージュのチノパンにネイビーのシャツといったド定番スタイルがありますが、何故か文句のつけどころのないファッションスタイルが構成されていますね。


そして、この「清潔感」というのが異性ウケといったところを担っているともいえるのです。女子ウケする服装はどんなものかと調べてみると、ほとんど全部がこの清潔感で表現されるスタイルとなっています。ファッションの流行に関係なく、普遍の原則のようなものです。

 

「きれいめ」という表現がファッションではよく使われますが、ざっくり言うと清潔感という要素だけでまとめたスタイルだといえます。モテるファッションを考えるなら、「きれいめ」なスタイルを意識しておきましょう。また、きれいめなら異性ウケだけでなく、一般的に無難でどこに行っても恥ずかしくないスタイルだともいえるので、誰にでもおすすめできるファッションだといえます。そして「きれいめ」を外さないように「おしゃれ」「カッコイイ」という要素を考えていけばよいでしょう。

 

ただ、いくら異性ウケがいいといっても「清潔感」という要素だけでは個性がなくなります。ファッションとは自分を表現するものでもあるので、自分の好みを取り入れたスタイルが皆無ならば、いくら人から褒められるものであっても息苦しくなることもありえます。それでは、仕事用のスーツを着ているのと同じになってしまいます。自分のファッションを楽しむことも忘れないために、「おしゃれ」であること、「カッコイイ」と思えることは必要です。


そこで、まずは「おしゃれ」な感覚を掴んでみましょう。そこに「清潔感」が感じられるような着方を取り入れましょう。
そして、ファッションに慣れていくまでは少しずつ「かっこいい」と思える要素をプラスしていくことがおすすめです。やりすぎたかなと思えば、引けばいいのです。そうして微調整しながら、満足できるファッションの構築を目指していきましょう。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

 

カテゴリ