読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

服装に自信を持つための基本の着こなしについて その11 ~ キッチリ系アイテムを揃える

キッチリ系アイテムを使う

服装をそれなりに見せたい場合、手っ取り早く言うならば、キッチリ系のアイテムを使うのがよいでしょう。

 

テーラードジャケット、スラックス、トレンチコート、ステンカラーコートといった、キレイ目と言われるスタイルを作ることが出来るアイテム、それがキッチリ系です。

他にも無地のニット、革靴といったように、そのまま全部合わせれば仕事に行けます、というアイテムをまずは揃えましょう。

 

そして実際に着るときは、その中のアイテムを一つ使ってコーデを作るのです。

 

例えばスラックスを穿いたら、上はTシャツでもパーカでもよいです。靴もスニーカーでもいいでしょう。
テーラードジャケットを着るなら、インナーはやはりTシャツでもパーカでもいいですし、ボトムスはジーンズでもOK。靴も同じくスニーカーでもよいでしょう。

 

カーゴパンツに派手なスウェットであっても、その上からトレンチコートやステンカラーコートで覆ってしまいます。

 

好みによっては、テーラードジャケットの中は白シャツ、下はジーンズで靴は革靴という風に、キッチリ系の中にジーンズだけカジュアルライクなものというパターンでも構いません。

  

ミックススタイルを作る

要はキッチリ系アイテムをミックスさせた格好が良いのです。


オシャレの基本はミックススタイルです。なので、ラフな格好の中にキッチリ系アイテムを混ぜることが大切なのです。いっぱい混ぜてもいいですし、一つだけ混ぜてもいいのです。そこに混ざったキッチリ系がなんとなくでもコーデを引き締めたり、どこか落ち着く部分があるような印象付けをしてくれることになるのです。

 

そしてキッチリ系アイテムとカジュアルライクなアイテムとの対比が着こなしに表情を与えることで、何の変哲もない普通の恰好ではなく、どこか気になる目を引くコーデ、洒落てるなと思わせるコーデになっていくのです。

 

キッチリ系を一通りそろえておく

ということで、ファッションに興味を持ったなら早い段階でスーツスタイルを構成するドレスライクなアイテムを揃えることをおススメします。

 

初めはジャケットだけとか、スラックスだけでもよいでしょう。しかしそれだけならやはりコーデもパターンが似通ったものばかりになってしまいます。ジャケットもありスラックスもあり、ドレスライクなコートもあり、という一通り揃った状態で、自由にミックススタイルを楽しみたいものです。

 

そしてキッチリ系アイテムを使うことが、服装がサマになることへの近道でもあるのですが、このあたりについてはまた、別の機会に語りたいと思います。

 

新しい着こなしとの出会い

ところでこういったドレスライクなアイテムについて、ともすると「堅苦しい」「オフスタイルなのに自由な雰囲気がない」といった印象を持ってしまって敬遠する人もおられるかもしれませんね。仕事のイメージが呼び起こされて、なんだか「おっさんくさい」みたいなネガティブイメージが湧いてきてしまったり。

 

しかしそんなイメージに捉われてしまって、自分のファッションを狭めてしまうのは勿体ないことです。「仕事」「堅苦しさ」というイメージを乗り越えてみれば、その先に「洗練」「清潔感」「好印象」という自分を良く見せてくれるポジティブな要素が待っているかもしれません。

 

ファッションにはいろんな可能性があり、今まで知らなかった服装の中に意外と自分に似合うものがあるかもなんです。そんな新しい着こなしに出会うのも楽しいことです。キッチリ系アイテムとのミックスがそんな経験に導いてくれるかもしれませんよ。

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

 

キッチリ系、キレイ目アイテムは、コーデを格上げする効果のあるアイテムです。

昨今の市場においては、そんなキッチリした印象を持つアイテムが目立っています。それだけ選びやすいし買いやすいということですね。

 

また、キッチリ系でありながら、ブランドごとに個性を出していますね。個性を出すということは、別の要素を加えたり、デザインを変えてみたり、それらはつまりカジュアル要素の付加につながっていくものです。

そう、単にドレスアイテムではなく、どこか緩い印象があったり、遊びが感じられるアイテムとなっている場合も多々あるということになります。

 

ですからキッチリ系を意識して揃えていくことにより、思いのほかバリエーション豊かな着こなしを楽しめるんじゃないでしょうか。

それでは、また。

 

スポンサードリンク

?

関連記事



カテゴリ