カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

寒い、寒いぞっ、だからダウンジャケット着るウッ

何なんでしょうかこの寒さ。年に1,2度あるかないかの大寒波をさらに上回る寒さが1週間にわたって続いています。しかも先々週も平均以下の寒さが居座ったというこの冬。

 

そして今はまだ1月。冬本番の2月がこの後控えているんだから、こんな時はもうダウンジャケットに限りますよね。

 

ダウンを着て乗り切りたい。ダウンを着て乗り切りませんか。このカラブロ2ではかねてよりダウンジャケットはオシャレとは関係ないというスタンスをとってまいりましたが、そうも言っていられません。

 

それに今のトレンドがちょうどダウンジャケットのボリューム感をも包容してくれるボワンなトレンドなので、とにかくダウンで乗り切りませんかぁっ。

 

ダウン着よう1

pic via fashionsnap-freaks

 モコっとしたダウンにはスッキリパンツと相場が決まっていますが、こちらもしっかりテーパードを効かしたパンツですね。そして昨年からの派手目、装飾、こだわりを惜しげも無く晒し出すスタイルとして、ここではゴールドスニーカーを装着致しました。

パンツのブラウンとスニーカーのゴールド、ブラウンとゴールドの同系色の合わせが派手だけど落ち着く、といってもやはりゴールド目立ちますが。

 

キャップはすっかり御馴染みとなったバレンシアガのキャップ。何でしょうかバレンシアガ来てます。まるでオフホワイトやヴェトモンのような俄かに知名度向上しましたブランドという扱いを受けそうですが。ラグジュアリーストリートという言い方は2018年になってもまだ使われるのかどうかわかりませんが、とにかく高い服とストリートアイテムの合わせという部分でしばらくは突っ走れ。

 

ダウン着よう2 

pic via pinterest

 とにかく目についたダウンな着こなしをメモしていくぞ。

チェックオンチェック。やってはいけない着こなし例として、何かと取り上げられる題材。しかし、着こなす人は着こなすのも確かです。ダサくなるかどうかは着こなし次第。選ぶチェック次第。

 

しかし、やはり同じ組み合わせでも人による。人によるからこそ、攻略したいチェックオンチェック。

 

もちろんある程度の考え方はあるでしょう。一方が明るいチェックなら、他方は暗めのチェック。これはなんとなくわかります。じゃあ明るいチェック同士なら必ずNGなのか、そうではないからややこしい。ややこしいけど、合わせてみるしかありません。そこは感覚、センスの世界。

 

ただ、チェックオンチェックが攻略できたからいつでもオシャレとは限らない。油断するとダサくなる、だから合わせる時は真剣なのです。考えるのです。研ぎ澄ますのです。

 

でもダサかっこいいという味のようなものも着こなしには欲しいところ。

 

好きにしてください。

 

でも、よく見たらこの着こなし、ダウンの中に仕込んだショルダーポーチが効いているのかも。アウターの中にサコッシュを入れるのが今のトレンドですから同様な使い方でトレンド感を出してます。このような小物の力を上手に使いたいですね。

 

ダウン着よう3

pic via pinterest

 派手なマフラーもやっぱり流行ですよね。そしてロゴ入りというのがポイント。FILAとかPOLO SPORTSとかそんな90年代スポーツアイテム的なものがオシャレさんの間で人気ですが、別にはっきりどこのブランドかがわからなくてもいいのです。ただ文字が書いてあればいい。もちろんアルファベットですが。それと文字が書いてあればいいといっても、あくまでブランドロゴ風なフォントで書かれていて欲しい。ロゴであることが重要なのです。そしてロゴなんだな、と思ってもらいたい。 

 

文字が書いてあるのがわかれば、何て書いてあるかもあまり問題じゃありません。こちらのマフラーも何て書いてるかわかりませんよね。でもなんだかオシャレ。それでいいじゃないですか。それにはっきりTOMMYとかなんとか読めるのも照れくさいと感じる人もいるでしょう。何なら聞いたことも無いブランドのロゴがいい。誰も知らないロゴがいい。そんな気持ち皆さんもわかってくれますよね。

 

ただ、誰も知らないと思っていたら、知らなかったのが自分だけだった時には恥ずかしい。しかもそのブランドがとっても〇〇なポジションにあるブランドだったりしたら、どうすればいいのでしょう。そこまでの対策は取っておきたいものです。その時になって慌てるのが一番良くない。最悪開き直るしかありません。まあ救いはマフラーであること。すぐに取り去れば良いのですから。

 

ダウン着よう4

pic via wear

WEAR見てたらこんな着こなしが。

これもこの冬よく見かける着こなしですね。オーバーサイズなアウターをガバッと羽織る感じで、前を開けてラフに着る。ちょっと肩抜き、肩落とし的な着方がストリートなオシャレ感を出しています。

 

とにかくダウンジャケットは普通に着てオシャレになるはずがありません。何かしないといけません。その点今は、ゆるく軽く羽織るだけのボワンとした上半身を作ればそれなりに見えます。さらに襟を開くとか、前を大きく開けてしまえという着方で見え方を工夫することもできます。

 

ただ、いつこのトレンドが変化するかわかりません。インパクトがあるオシャレだけに、廃れる時は一気にそうなる可能性が高いです。だから今からオーバーサイズを買うのもちょっと待った方がいいかもですね。オーバーサイズでなくとも、少し肩抜き前開けを気にするだけで、ちょっといい感じになるかもですよ。それで物足らなければ先ほどのロゴ入りマフラーを大胆に使ってください。それで大方オシャレなところに落ち着きます。

 

ダウン着よう5

pic via wear

今ならっ、デッカいダウンにダメージデニムがいい。ダメージデニムはもっと細くてもいいっ。とにかく普通じゃないデニムがいいっ。

 

今日みたいな寒い日は、絶対前を閉じたくなる。しかし閉じたらオシャレに見えない。ただのダウン着た姿になるに決まってる。それでもいい。それでも、ダメージデニムがあれば。なんだかオシャレしてるんだなってわかる。

 

いや、ダメージデニムがオシャレなのかどうかは知らない。しかしあえてダメージデニムを着用しているということなんです。ダメージは満遍なく大胆であればいい。しかし寒いんだからあんまり素肌が見えすぎるのも良くない。寒くないんだろうかと思われてしまう。

 

素肌が見えて寒いからといって中にタイツなんか穿くのは止そう。無理してる感アリアリなんだよ。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

color2.hatenablog.com

カテゴリ