読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラブロ2

ファッションをもっと気楽に感じたい

ファストファッション 及び 低価格業態 のお店をまとめました

ファストファッションと低価格業態のお店をまとめました。

お買い物の参考にどうぞ。

この記事の内容については、今後、追加変更する場合があります。

 

ファストファッション

まずはファストファッションにどんなものがあるか、改めておさらいしましょう。


ユニクロ http://www.uniqlo.com/jp

使い方次第で十分オシャレに見せることが出来るユニクロ。しかし他人が薦めるのを過信すると失敗するのもユニクロ。あくまで自分が着用してみてどう思うかを判断して欲しいブランドです。
昨今のノームコア、そしてビッグシルエットの流行が、ユニクロの服も使えてしまう状況を作っています。


無印良品 http://www.muji.net/store

ユニクロでなくて無印で揃えたいというコダワリ派の人もいますね。なんとなく無印ブランドの方がオシャレっぽいイメージなのでしょうか。いいアイテムが確かに多く、シャツ等も使いやすいものがあります。が、ここもユニクロと同じく他人の薦めを過信すると大失敗します。面倒でも試着をして、着た感じを確かめてから購入するのが吉です。

 

H&M http://www.hm.com/jp

ファッション好きな人だけでなく、一般にも名前は結構しられているようですね。トレンドに素早く対応していてデザイン性は高いので、手軽に好みのコーデが作れるかも。

メンズファッションにおいても、意外とベーシックなものも揃ってるので、お店に行ってみる価値アリ。

ZARA http://www.zara.com/jp

ファストファッションの位置づけながら、他とは少しイメージが異なります。 大分前からあるのに、どうも馴染んだ感じがしないのは、他のファストファッションのように、ポップなイメージを持たないからか。店舗のデザインも高級そうな気取ったような印象ですしね。

実際の商品は手頃な価格となってますが、海外ファストファッションらしく、デザインがどこか捻ったり細工したりで、素直な服がない印象強し。ちょっとお洒落を気取ろうか、という人にはおススメです。



American Apparel(アメリカンアパレル) http://store.americanapparel.co.jp

透けないタンクトップが有名らしいです。タンクトップを探してる人は注目してみては。

Forever21(フォーエバートゥエンティワン) http://www.forever21.co.jp

H&Mのようなものだが、H&Mよりもデザイン装飾に凝ったイメージで、それが逆に安っぽく見えることも。価格もH&Mよりさらに安めといったところ。気に入ったものがあればどうぞ

 

 

AMERICAN EAGLE OUTFITTERS(アメリカンイーグル) http://www.aeo.jp

まだまだ店舗が少なく知名度も低いですが、これから人気が出るかもしれないブランドですね。

品質は上記のファストファッションよりは良いという評価が多いです。デザイン的にはオーソドックスなアメカジであり、日本人のイメージするカジュアルスタイルにピッタリはまります。H&MZARAなどのようにクセのあるデザインではなく、一段上のセンスが感じられます。
価格はファストファッションとしては高い方ですが、一度買ってみようかという気になるブランドですね。

 

低価格のお店

ファストファッションより少し価格帯が上目というところで括りました。


KOE http://www.koe.com

2014年秋に立ち上がったばかりのブランド。「モードなファッションを気軽に着てもらう」のがコンセプトらしいです。

店舗もかなり少ないですがこれから増えてくるのでしょうね。「モード」の意味の捉え方は今のところ不明ですが、「少しお洒落目」に仕上がるように考えてるのかなという印象ですね。メンズ、レディースともに、ファッション好きな人にはチェックしておいてもらいたいです。

 

 

HARE http://www.dot-st.com/hare

ファッションに興味を持ち出すと、耳に入ってくるブランドの一つがHARE。低価格でそこそこのものが買えるってのが人気です。モノも総じていいですね。シンプル、ベーシック、トレンドといった部分が押さえられているので、HAREだけでも十分着まわせると思います。

 

RAGEBLUE http://www.dot-st.com/rageblue

HAREと同じところがやってる別ブランド。メンズファッションのお店として、名前を聞いた人も多いでしょう。こちらも手頃な価格で出ています。イメージはHAREよりも若干デザインに凝って、トレンドに寄ったところがありますね。そのためクセのあるアイテムもちらほら見かけます。HAREと上手く使い分けるのがよいでしょう。

 

 

WEGO http://www.wego.jp

古着屋からスタートしたWEGO。今では店舗も増えて認知度も高まってきています。古着っぽいデザインでカッコイイと思えるものがあったりするところが面白いですね。近くに寄ったら、立ち寄っておきたいと思うお店でもあります。

 

 

WOMB http://www.womb-womb.jp

「ウーム」と読みます。音楽、アートといったテイストを取り入れたデザインが印象的ですね。店内に入ると基本黒と白で構成されたデザインのアイテムが並びます。ある意味「クールに決めたい」という要望には素直に応えることができるラインナップであり、手軽にイケてるスタイルを構成できるお店ですね。

また、アメリカのワークブランドであるBEN DAVIS(ベンデイビス)を豊富に取り扱っているので、好きな人は行ってみるとよいかも。

 

セレクトショップ低価格業態

大手セレクトショップも近年の情勢に合わせて低価格帯のショップを展開し始めています。

 

アーバンリサーチ → センスオブプレイス http://senseofplace.jp

じわじわと着実に規模を拡大しているセンスオブプレイス。アーバンリサーチの低価格業態となるブランドですが、使えそうなものも何点か見かけますね。白を基調としてデザインされた店内は明るくていいものの、商品の配置や試着室といった部分にはチープシックを意識しすぎたのか単に安っぽさだけが感じられるきらいもあります。

 


ユナイテッドアローズ → COEN http://www.coen.co.jp

ユナイテッドアローズの低価格ラインということで、きれい目な商品が並びます。奇をてらった作りのものはなく、ベーシックで普段使いやすいアイテムが多い印象で、あくまで普通っぽいスタイルですね。

 

 

セレクトショップ別ライン

EDIFICE → 417 by EDIFICE http://four-one-seven.jp

「フォーワンセブン バイ エディフィス」と読みます。上の二つに比べると、この417 by EDIFICEは特に安いとはかんじられません。というか、本家EDIFICEと変わらない価格設定と思えるモノもあります。ということで低価格業態としての紹介ではなく、あくまで別ラインとして取り上げておきます。

 

BEAMSビーミング ライフストア by ビームス http://www.bminglifestore.jp

B:MING とかいうネーミングが、一瞬わけわからなくなるブランド名ですが、ビームスの新しい業態ですね。価格帯もBEAMSオリジナルとほとんど変わらない感じです。

 

スポンサードリンク

?

関連記事

 

 

 

カテゴリ